Cool VL Viewer 日本語化

Cool VL Viewer for win32 用のスキンのXUI日本語の部分をZIPで置いておきます。
展開先は skins\default\xui の中です。初期だとen-usのフォルダだけですが、そこに ja フォルダを置きます。
入れた後でビュワーの言語設定で 「日本語」を選ぶことをお忘れなく!


ちなみに日常で私が使っている環境からCOPYしただけなので英語の原文のままになっている箇所が多いです。


一部フォント指定をMS UI Gothicに変更しているのでWindows VISTA, Windows 7, 8, 10などClearTypeが無条件に有効となっている環境ではメイリオフォントなどに適宜変更した方が良いでしょう。各自の好みでfonts.xmlを書き替えてください。
なおWindows環境で作成しているのでLinux版やMAC版で使えるかは不明です。

Cool VL Viewer 1.26.x用の日本語XML のダウンロード  (2017-02-06 update.)






本来は元になっているSnowglobe 1.4.2 (1.4.2.3626, August 19, 2010)から日本語のXMLファイルを抜き出して使用するのですが、公式サイトでは後継のSnowStormビュワーとなっているので簡単には探せませんね。それでもまだファイルの実体はあるようなのでリンクだけメモしておきます。

Snowglobe 1.4.2 (1.4.2.3626, August 19, 2010)
for Windows
for Mac
for Linux




■日本語うんちく
日本語化するとフォントが異なる事から文字が汚く見えてしまう場合もあるでしょう。
しかし、それはWindowsのバージョン毎に文字表示のClearTypeの実装方法が異なる事も関係します。つまるところ最初のClearTypeが実装されたWindows XP、以降のWindows VISTA、Windows 7、Windows 8と、ClearTypeの仕組みがそれぞれ異なります、故にOS環境が違っていると、全く同じフォント設定でも違って見える場合があるということです。(実装方法の違いはWIKI参照) だから、このフォント指定がベストだ、鉄板だとしていても環境が違えばベストではなくなるかも知れませんので各自で調整するしかないのです。
なお、ClearTypeをWindows XPで利用する場合、調整機構がOS標準では用意されていないので、別途にツールを利用する必要があります(ClearType Tuner PowerToy というMS純正ツールです)

■おまけ
 ・その1 : お勧めなWindLight設定厳選詰め合わせダウンロード

  Cool VL Viewerには公式ビュワーと同様に初期状態ではスタンダードなWindLight設定を含んでいません。かといって他のTPVから流用しようとすると設定の個数が膨大すぎるので(私的な好みですが)セレクト版を用意しました。
(というか私が使っている環境のコピーなのでゴミ設定も入ってるかも知れません)

  収容先は
   \ビュワーをインストールしたフォルダ\app_settings\ の配下
     または
   \ユーザー毎のアプリケーションフォルダ\SecondLife\user_settings\ の配下

  →ビュワーのインストールフォルダに収容する場合は、元からあるdefault.xmlとかAM-12とかのシステム規定の設定を消去しないように注意して追加コピーで収容してください。
  →内容はAnaLu、Annan、Naconなど代表的な作者で(私的な好みで)ピックアップしてあります。このため設定名称は違っても似た設定となるものも含んでいます。
  →設定内容は(各作者の)オリジナルに準じています。他のTPVに収録されている内容と若干違う場合があります


 ・その2 : テレポート履歴を100個迄に整理するWSHスクリプトこちらのページ

  Cool VL Viewerにはテレポート履歴の全消去はありますが履歴数を抑止する機能がありません、そのまま使い続けると履歴が際限なく蓄積されメモリーもその分消費します。定期的なメンテナンスを推奨します。

  →100個以下とか数量を変えたい場合は各自で書き替えてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿