OpenSim + Community + Marketplace = Hypergrid Business

Second Life以外の仮想空間サービスはこれまでにも、そして今も色々と存在しますがその中でもとりわけSecond Lifeに最も内容が近く利用者も多いのがOpenSIMを利用した環境でしょう。スタンドアロンの環境で個人SIMとして楽しむことも出来ますが、もっと大規模に商業目的で構築されたグリッドサービスはAvinationとかVirtual-paradiseinworldzなどチョっとしたブームを巻き起こすような物までありました。それらは本家Second Lifeに比べて格段に利用料金が安いこともあり魅力を感じていた人も少なくないと思います。けれども、その殆どはグリッドサービスのみ、あるいはグリッド+専用コミュニティという構成で、独自のマーケット、すなわち経済面での特化したシステムを持たない物でした。しかしながら2012,13年あたりから成長してきたKitelyというサービスは独自のマーケットを持つサービスとして稼働しています。
現時点での利用料金の詳細ですが、1人1SIMは当たり前みたいな激安(本家SecondLifeと比べて)です。内部通貨での従量払いもあるようです。
 ユーザー作成の各種地域への案内ページ。色々と作られているようです。
結構、作り込みも凄いように見えますね。

こちらが専用のマーケットのページで、さながらかつてのOnRezとかMETALifeとかApez.bizとかを思い起こしてしまいそう。現状では本家SecondLifeのマーケットとしてはSL-marketplaceの他にAvameetや、やや特殊ですがPrimBayもありますが、これらは単独のマーケットのみなので、グリッドサービス+マーケットという構成はOpenSIMでは他にもありますが、このKitely は割とすっきりしてるように見えます。

 単独のマーケットという構成ではOpenSIMの方がサイトの数としてはSecondLifeよりも多いかも知れませんね。複数のグリッドサービスをサポートするものや、特化したアイテムのみを取り扱うなど専門性の高いサイトなど色々とあるようです。各種リソースもOpenSIM系からSecondLifeに逆輸入することも起こりえるでしょう。リソースについてはHypergridBusinessサイトの記事で纏められているのがあるのでSecondLifeユーザーでも参考になるところがあると思います。


本家SecondLife住民としては良い意味でグリッドサービスの競争をし、より良くなる方向であって欲しいですね。

MH+ leather Blindfold

=======================================================
MH+ leather Blindfold readme
=======================================================

//Features//
** RLV function supported.(lock and more!)
** Lock Timer function.
** not require a separate HUD.
** Selectable body part color.(preset 11 color texture)
** Multi owner register supported.(up to 10 owners)
** One time key lock function.(by approval of the wearer)
** Little script resources. (1 scripts only)


++++++++++++++++
MENU FUNCTIONS
 (main menu)
++++++++++++++++
 [LOCK] / [UnLOCK] : lock / unlock items.
 [BLIND] / [UnBLIND] : blinds / unblinds the wearer.
 [RLV] : show RLV restrictions menu.
 [TIMER] : show timer menu.
 [OWNERS] : show owner-list menu.
 [COLOR] : show color change menu.



++++++++++++++++
 (RLV menu)
++++++++++++++++
 [BKScreen]   : toggle black screen function on / off
 [Blurriness] : toggle blurriness screen function on / off
 [names]      : toggle show names function on / off
 [hovertext]  : toggle show object-hovertext(on worlds) function on / off
 [worldmap]   : toggle show worldmap function on / off **
 [minimap]    : toggle show minimap function on / off **
 [location]   : toggle show location-information on / off
 [ownerCTRL]  : toggle wearer the operation of owner menu (allow/deny)
 [(BACK)] : return to main menu

**) If "location" is prohibited, they do not work.



++++++++++++++++
 (TIMER menu)
++++++++++++++++
 [+3min],[+5min],[+10min],[+30min],[+60min] : increase the time of the timer
 [-5min],[-10min],[-30min] : decrease the time of the timer
 [timerCLR]   : clear the time of the timer
 [timerStart] : start the timer function
 [timerStop]  : stop the timer function
 [(BACK)] : return to main menu

 Increase or decrease in time is possible even when you start the timer.
 (However, except for self bondage :p)



++++++++++++++++++
 (OWNER-List menu)
++++++++++++++++++
 [Add Owner] : (wearer only) added as an owner.
 [Remove Owner] : (wearer only) remove from owner-list.
 [List Owners] : Show the list of owners registered.
 [Remove Me] : (registered owner's only) remove from owner-list.
 [(BACK)] : return to main menu.

 If you remove the owner registration in the state where it is locked, the lock is released.
 (Wearer is must be allowed "ownerCTRL" function)



+++++++++++++++++++++
 (COLOR Change menu)
+++++++++++++++++++++
 [OUTER],[INNER],[BELT] : select the part you want to change.
 [black],[red]....the name of the color :  select a color
 [(BACK)] : return to main menu.



-----------------------------------------------------------------------------------
For inquiries, please send a notecard to Mayumi Hirano.
(c)2014 MH+


-----------------------------------------------------------------------------------


なんかアイテム作成なんて、1年以上ぶりですが、チョっとこういうアイテムが欲しくなって探してみたんだけど機能的に好みに合わなくて無い物は作れと言うことで作ってしまいました。はいw
 このためアイテムのサイズは私のアバターサイズになっております。(極端に標準から外れた体型じゃないので他の方でも、そのままでフィットすると思いますが適宜、ご自分でリサイズしてください)
 まずは何でアイテム作らなかったのかってのは、昨年と今年の直近まで、ずーっと他の場所で監禁生活していたので特にアイテム作成とかして過ごすとかやらなかったんです。逆に言い換えると、私がアイテムを作るとき=暇なときw もしくはロールプレイ中で必要なアイテムを作成する必要があったときなんですよね。 ずっと昔に銃器を作り始めたときも、ラグで弾が出ないからまともに動く物を作ろうというのがきっかけでした。
 ま、そういう与太話はさておき、目隠しアイテムはずっとDari'sの無料ジャンク品を改造して(HUDを付けなくても動作するように)使っていたのですが、やはりスクリプトが多くてラグの元になりそうなところや、せっかく色々とあるRLV機能などを活かしていないとか気になるところが多々あったので、今になって(現在は繋がれていなくて拘束もされてないのでw)作ろうかなーって気持ちになって(プレイ相手も居なくて暇だから)じゃ、自分仕様のモノを作っちゃえ!って相成りました。基本的な自分仕様での好みはRealRestraint製品のようなアイテムのLock(=着脱不可)とアイテムの機能(例えば腕を拘束するなど)が非連動で鍵を外さない限りはアイテムの機能の使用有無にかかわらず当該アイテムはLockされたまま、という感じ。(ちょっとややこしい表現かな)

で、自分仕様のこの目隠しですが、機能的にはRLVによりLOCKをしたまま上記画像のように目隠し状態を変えて使用することが可能です。また、邪魔になる別途のHUDなども使用しません。一応はセルフボンデージ派のためにロックタイマーも装備してあります。細かなところでは目隠し状態の時でも名前の表示をOnにしたりとかロケーション情報だけをOffにしたりとか各種抑止の変更も可能です。(ただしHUD上のホバーテキストだけは抑止せず常時表示としています) ほかには少しばかり外観の色を変える為の仕組みもありますがMOD可能なので各自で好みのテクスチャを貼ることもできます。なお、この目隠し状態の画面の「ぼやけ」状態はRLVにてデバッグ設定をセットします、また暗転の状態はWindLightの大気シェイダーを変更します。このことからWindLightが有効なクライアントで、かつ、RLVの環境変更コマンド(@SETENV系)が許可された状態でないと正常に動作しないのでご注意下さい。

Popular Posts of the Month