“SecondLife” in twitter post (Japanese)

International日本語フォーラム topics

Recruiting for Japanese (from ソラマメ)

MH+ Alive-C viewer update (v1.6)

MH+ Alive-C viewerがVersion 1.6となりました。
UIまわりの見た目の変更がメインです。
スマートフォン風のバックパネルを取り払い一回りコンパクトになりました。
あと、効果の程は不明ですがZオーダーの不具合回避になるかと思い、装着時にHUD上のX軸方向を少しオフセットするように仕掛けてみました。

変更点は
----- v1.6 (2017/01/27) -----
・UI用のテクスチャを統合して軽量化
・UIデザインをフラットな外観に変更
 (アイコンはhttp://www.iconsdb.comより取得)


新バージョンは各地にあるCasperVendの再配送ターミナルから受け取ってください。
(近くにない場合はMH+ Labsの店内にあるre-delivery端末をご利用下さい。)

出歩けないアバターな場合はマーケットプレイスのご利用もどうぞ~

Welcomeマットを作ろう

俗にwelcomeマットというもの。アイテムとしては店先にある玄関マットの事ですがSecondLife的には来訪者に何らかのアクションを行うアイテムというところでしょうか。どうやって来訪者を検出して動作をするかで色々なタイプが考えられます。

・そのまま玄関マット形状でアバターの衝突を契機にするもの
・透明なVolumeDetect物でアバターの衝突を契機にするもの
・ドアなどの出入り口の操作などを契機にするもの
・範囲レーダーでアバターの検出を契機にするもの
・区画に存在するアバターの増減を契機にするもの
・CastRayで遮蔽物としてアバターの検出を契機にするもの

まぁ普通に考えると上2つでしょうね。



VolumeDetectというのは左図のように見た目はファントムのオブジェクトと同じでアバターなど物理物が通過できますがファントムと違って衝突の検出が可能なものです。板状の敷物だとテレポートの着地時に浮遊しているアバターだと衝突が発生しませんがVolumeDetectなら飛んでいるアバターでも検出できます。

どうしてこんな基本的なスクリプトに触れてみたかは、あまりにも簡単なことなので誰もわざわざ書こうとしないと思ったからw 簡単な事でもきっかけがないとやってみようとか思わないでしょうから、わざとらしく書いてみるということなのです。 特にVolumeDetectはプロパティなのにスクリプトからしか弄れない項目なので試しにやってみて損はないでしょう。



key Prev_KEY;

default{
    state_entry(){
        llVolumeDetect(TRUE);//VolumeDetectを使わない場合、この行は削除
    }
    
    collision_start(integer num_detected){

        //アバター以外の衝突は無視する
        if(!(llDetectedType(0) & AGENT)) return;

        //前回と同じKeyの場合は無視する
        if(llDetectedKey(0) == Prev_KEY ) return;

        //key値の置き換え
        Prev_KEY = llDetectedKey(0);

        //カウンタの加算
        integer CNT = (integer)llGetObjectDesc();
        if(CNT == 0xFFFFFFFF) CNT = 0;//越える事はないと思われるけど念のためw
        llSetObjectDesc((string)(++CNT));

        //メッセージの出力など
        llRegionSayTo(Prev_KEY,0, "ようこそ!いらっしゃいませ♪ " + (string)CNT + "番目のお客様。");
        llRegionSayTo(Prev_KEY,0, "ごゆっくりお楽しみ下さい。");

    }
}

お堅い人だと衝突で複数個検出したらどーするのと思うでしょうけど、そんな同一フレーム内でアバターが同時に現れるなんてあり得ませんから気にしなくていいかとw それでも気になる人は検出個数分ループで回しましょう。 あと注意点としてはこういったアイテムでは遅延による動作停止はマズイのでllInstantMessageなどのディレイのある関数使用は避けましょう。 どうしても来訪者の有無をIMで通知したりメールで送ったりなどディレイのある関数を使いたい場合は、別のスクリプトを用意してLinkMessageをトリガーにして動作させれば別のスクリプトは停止してもメインのスクリプトは影響なく動き続けます。そういった工夫をしてみましょう。

MH+ Aluminum Collar (fix and update)

昨年にリリースしたMH+ Aluminum Collarに不具合が見つかったので修正と僅かな変更を加えました。というのも、自分用のCollarのアニメ再生部分を設定していたら、どうもファイルが少し欠けているというのが判明して、もしかしなくてもコレの元になっているCollarも抜けているのでは?と確認してみたら案の定、同じように欠損しているファイルがありました。

具体的に何が欠けていたかは、アニメ再生時の高さ調整用のファイルが部分的にしか入っておらず、正しく高さ調整が出来ないという問題が起こります。高さを調整しようと意図的に操作しない限り分からないので露見しなかったのだと思います。


[A]タイプ
[B]タイプ
[C]タイプ

何れも修正対象でした。
欠損しているファイルを補填しただけです
収録しているOpenCollarのバージョンは3.997のままです。

FREE版も同様に欠損しているファイルの補填で
収録しているOpenCollarのバージョンは3.997のままです。

こちらはオマケとしてハロウィン仕様の時のカボチャの部分をベルとみなして表示のOn/Offが出来るようにしました。これによりFREE版でも[A]タイプとほぼ同じ外観になります。([A]タイプはちゃんとしたベルが付いています)


ただ、もしかするとOC3.997でのLeash用のパーティクルがアセットから消えているように思えるときがあったので、パーティクルが出ないままかも知れません。(これはちょっと未確認です)

MH+ Alive-C terminal update v1.6 (minor change)

terminal装置のアップデートを行いました。

特にクリティカルな不具合への対処ではありません。既にv1.5を利用している場合は、そのままでも構いません。

頻発しそうな問題でないのでアップデート品の配信は行っていません。
必要な場合は再配送ターミナルから各自で受け取ってください。




◆主な変更/修正内容
 ・OnLine状態の時でServerURL取得時に応答無し、または破損したURL情報の場合に停止してしまう場合の対処
 ・再接続のリトライ回数を500→1000へ拡大(概ね2.7時間まで繰り返します。それでも回復しない場合はエラー停止(赤文字))
 ・設定変更にて各項目設定時に毎回、前メニューに戻らないように変更



今週のローリングリスタートでAlive-Cのサーバーが設置してあるSIMの起動が遅く、妙だなぁと思っていましたが、とりあえず再起動はしたものの動きが妙で同じSIMに設置してあったオンラインチェッカーは反応しているもののタイマー動作が停止したような感じで正常とは言い難い状況でした。仕方なくオンラインチェッカーは手動でリセットを掛けたのですが、その後に予想通りSIMの再起動が行われたようで、Alive-Cのサーバー側も再びリスタートしたのですが、その時にAlive-Cターミナルの何台かが応答無し状態の沈黙に入ってしまう場合があるというのが見つかりました。恐らくはHTTP通信でヘッダーだけ返却されて中身が無いという状態なのではなかったかと想像していますが(WEBブラウザとかではしばしば見かける空白の画面となるような場合)実際何が起きたかは不明です。状態として画像のような1回目から止まったままという見た目になります。

ターミナルV1.5では、こうなった場合、本体にタッチして【停止】→【開始】とすれば復旧できます。

けれども確実な自動運転としたいので、ちょこっと修正してみました。
リトライ回数を更に倍にしたのはLindenさんのローリング作業時間が、どうも1時間チョットじゃ足りないんじゃないかと不安になるので、さらに2倍の待ち時間2.7時間としました。
そしてURL取得時の破損データまたは、応答がなかった場合に備えて再処理させるように細工しました。

この改変により、さらに大穴を生じているかも知れないのでV1.6としてリリースはしますが、置き換え推奨ではありません。上記の画像の状態で停止する事が頻発する場合に置き換えてみてください。

MH+ Alive-C terminal update v1.5 (major change)

terminal装置のアップデートを行いました。

特にクリティカルな不具合への対処ではありませんが内部仕様に大幅な変更を加えています。
出来るかぎりアップデートしてください。


既存のユーザー宛にCasperVendからアップデート品を一斉配信済みです。
なお[M]版および[P]版を利用されている方にも送信しています。
このため[M]版または[P]版と[無印版]を両方とも利用している方には今回、重複して配信されますが誤配信ではありません。


対象は
●Alive-C terminal (無印版) → v1.5
●Alive-C terminal for MODERATE (M版) → 廃止 (無印版と統合)
●Alive-C terminal Portable (P版) → 廃止

◆主な変更/修正内容
 ・レーティング区分での設置条件を廃止(Moderate版との統合、Personal版の廃止)
 ・サーバー側と同等の自己URL監視機能を追加(2スクリプト化)
 ・集計停止状態と集計しないで設置する場合の区別が曖昧なため動作ステート遷移の見直し
 ・non full-Bright版の添付を廃止(メニューより表示部のフルブライト切換を追加)
 ・見た目の筐体のテクスチャを変更(新旧の見分けが付きにくいため)
 ・動作中でも設定内容が確認できるようにメニュー追加


◆[M]版、[P]版の統廃合について
 まずP版の廃止ですが、Alive-C[P]運用開始から1件程度しか利用実績が無く、移動体からの利用あるいは一時的な利用や匿名での利用というものに興味を示される方が居なかったというのが本音ですが、継続するにしても他の無印版や[M]版と仕組みが少々異なるのため改良などで維持していく手間が面倒になってしまったと感じるようになり、そういうコンセプトがあったという事実だけにとどめ、封印してしまおう♪という次第です。仕掛け的にはエロ系HUDのトラッカーとかなどでグリッドワイドで遊ぶツールのように使えるはずですが、レイプや出会いなど特化した目的を持ったものではないので利用される事はなかったのだろうと思います。

 M版の統合(というか仕組み的には廃止)ですが、これは単純に利用者が少なかった事や、AdultとModerateで分けてしまった事により従来の「カオスなSecondLife」が表現できなかったこと、UIの操作として表示対象を選択するというスタイルが今のタップ&スワイプの時代には合っていない事など気に入らない所が沢山あるので、シンプルに1種類にしたっていいじゃないって考えに至りました。そもそもAdultコンテンツが表示できる人達ならばModerateやGeneralのコンテンツを同時表示しても良いのだし、もとからAlive-C Viewerでは使用前に「Over 18?」のチェックも付けているという前提もあるのだから・・・。


◆v1.5での設置条件
以前までは(主に無印版で)土地のレーティング区分に基づき、諸般の条件が妥当かシステム的にチェックしていましたが、v1.5からはレーティング区分による区別を行わないこととしたので殆どの制限はありませんが次の2つだけは継続しています。

・区画面積が128SQM未満の場合は利用できません
・区画のオーナーがLinden総督(Governor Linden)の場合は利用できません


//////////
いまだに、まだAlive-Cターミナル装置はSIMのリスタートなどで挙動不審になることがしばしば見られるので、やむをえず2スクリプト化により安定を図るように大幅に改造しました。機能的には何一つ変わっていないのでバージョン番号は少し上げただけですが、内部的にはステータス遷移を【初期】-【設定変更/オフライン】-【オンライン】としていたのを【初期/設定変更】-【オフライン】-【オンライン】と明確に内容で分けるように振り分けました。まぁ、それでも中身はかなりゴチャゴチャして読みにくいソースですけどね。 Alive-Cサーバーの方は今年の2月に外部WEBを移設してからは安定して動作しています。今日までに一度も触ってないんですが、しっかり稼働していますよ。このAlive-Cサーバーの方には既に正常に動作しているか自己チェックをするロジックが入れてあるのですが、それと同等となるように、今回、Alive-Cターミナル装置にも自己チェックを組み入れてみました。正常に動作するのか、はてまたターミナルでも効果があるのか、長期的に見ていくことになりますが、現時点でこれがBESTだという対処であり、まだまだ実験的だと言わざるを得ません。

Popular Posts of the Month