“SecondLife” in twitter post (Japanese)

梯子はFreebieだよ

酒場風の住居用に梯子というか踏み台みたいなのも作りました。またまた単純にプリム→DAEなお手軽品です。脚の部分の先端が斜めになってしまうので、その部分だけ3Dツールで編集時に弄ってあります。あまりにも安直な物なのですが、こーいうのでも作るまでの流れが分かるようになるまでは、なんだか分からないと思いますので、そういうところに向けてFREEかつFull-PERMで放出します。

一応は、斜めに物理面が付けてあるので、そのまま衝突すれば上方向に移動できますが、上面の物理が付けてないので梯子の上に立ち止まる事は出来ませんのであしからず。


EDIT:
追加で全体にベベルを1面追加したType-Bを加えました。
面数は倍以上になるのですが、なんとか0.5LI以下にしたので好みで使い分け下さい。

テクスチャーと、なんちゃってマテリアルも変えてあるので全く異なって見えます。
並べて見比べると、こんな感じです。
お好きなテクスチャーでも貼ってください。



プリムな建物をMESHでスマートにw

よくある部分MESHの製品で、うちみたいにMESHよりスカルプトの方が効率いいからあえて部分的にMESH以外にしてる~とかじゃなくて、ほんとうに部分的に組み込みMESH部品を使って作られた建物だと結構無駄にプリム部分が残ってたりします。それでもMESH以降は外殻のみにするオプションが使えるようになった事からノーマルプリムでも1つあたり0.5LIまで節約できるので約半分にはなってはいるものの、元々がプリム沢山な塊だと半分とはいえLI消費がかさんできます。そんな旧型の建物を分解してMESHに置き換えてスリムにしたりしています。

今回は屋根の内側の部分の2プリム(0.5+0.5LIで1プリム分)をMESHにして0.5LIにしてみました。 まだまだこの建物はプリム纏めることでLIを捻出できそうです


特に3Dモデラーでの編集とか全く行わず、そのままDAEでエクスポートして1つに纏めただけという超簡単な事


元々のプリムと全く同形状なので
すっぽり、ぴったりと収まります


元の2プリムだと24個の三角面
というのが分かります。
テーパー付けて三角形にしていても元の形であるボックス(六面体)から数は変わってないってことですね。

MESHで作った方の部品だと
4面しかなくて裏もないので
三角面は当然、4個だけ


ついでの看板

酒場っぽくということで入り口に木製のプレートとか欲しいなぁと思い、これまた手頃なのがなかったのでテキトーに作った看板です。入り口に設置する予定なので最初は前面と縁の2面しか付けてなかったのですが、両面看板として使うときもあるだろうと考え、裏側にも同じく平面を付けて3面としました。物理はなんか水平方向に平らなのを貼ったように思います。物理効果はあてにしないでくださいw そんな感じで超いいかげんに作ってありますが、使い道がありそうならどうぞ。

ついでにドアも作ってみた

付属のドアが今ひとつ気に入らなかったので何かと入れ替えようかとSLMを探してみたものの安価で良さそうなFullPermissionの部品が見あたらなかったので、ドアなんだから普通のプリムの1枚板でいいかとも思ったけれど、直線ばかりで簡単そうだからと、気が付いたらMESHで作ってしまいました。

元のドアは形は悪くないのですが、ドア1枚あたり2LIで、しかも2プリム構成になっていました。このため建物本体とリンクが出来ず、ぷらぷらと浮いたままでした。さらに1枚あたりのLIが2.3なので2枚以上だとリンクした場合に繰り上がってしまいます。そして貼られているテクスチャーが1024サイズと、とても大きくLI以外での描画リソースも大きく消費するものだったので、これはちょっといただけないです。

LODの確認のためAditiへ持ち込み。
中レベルはとりあえずシステム規定での数値にしました
このため同一SIM内でも距離によっては描画が崩れます
(殆どドアがある事すら分からない距離ですが・・・w)
LODファクター3の環境で距離192mあたりで
ぐちゃっと全体が崩れるのを見ました
なので屋外で使う用途で遠景に拘る使い方には
難があるかも知れません


ドア1枚あたり1LIです。
正確には0.47ぐらいで0.5LIを越えていないため
2枚以上リンクして使う場合に半分のコストで済みます

見た目のデザイン的に裏表はありませんが、上下は固定です。
(ドアノブが中央よりも下側に付けてあります)

テクスチャーの貼れる面は2面です
ドア本体部分とドアノブの部分のみ
うまく幅が合うテクスチャであれば
貼り替えも容易でしょう

Z軸でそのまま回転できるように中心点が端になるようにしています。このため見た目のサイズは幅1.4mですが、物理的なサイズが2.8m幅となっています。回転ドアのため扉が開いた状態だと見えない部分に引っかかりますので、運用上での注意が必要です。だからといってプリム特性を「実像なし」にして別途にノーマルプリムを透明にして貼りつけるとかは、みっともないから、やめましょうw

ドア類の近年の流行だと、こういった「中心点を端に寄せて軸の中心で回転させる」というのは、もはや古くさい手法だと思えます。LINK先プリムをディレイ無しで操作できるようになったあたりからドアなどの回転物は「リンクしたローカルの相対位置を回転軸のとして回転させる」のが多くなっているように思います。具体的には乗り物、自動車の扉などが相対な軸で動作していると考えられる物を多々見かけます。もちろん、私もそのような仕組みのドアは作れますが、今回のこのドアは用途として家屋など不動の物に使うタイプで、部品としてリリースするのだからと、使いやすさを優先とすると従来の「中心で回転」というスタイルの方が良いだろうと判断しました。このほうが開け閉めするイメージを掴みやすいし、従来からあるスクリプトとの組合せにも便利でしょう。

まぁ部品だからプリムが弄れる人を前提ってしている時点で、プリムが弄れるなら、こんなもの自分でスグ作れてしまうだろうから、これは、どうでもいいゴミですねw

Additional basement for "BTH Medieval Tavern"

ボルトオンでポン付け出来る.:BTH:. Medieval Tavern用の地下室です。
元の建物の分解(床板を外す)をするので最低限オブジェクトのリンク/アンリンクが出来ることが必要です。まぁ出来なければ、誰かにやって貰えばいいかとw
特に変わった仕掛けや技術的な事はなにもありません。既存のあり合わせの素材で作りました。
地下への入り口となる部分の方向から見たところです
入り口付近から暖炉方向を見たところです。
壁面が階段の分だけ移動しています。
暖炉の壁に向かって右側の扉が、ちょっとした小部屋で、トイレや物置用途です。
左側に地下への扉が付いていますが入り口付近からは見えない角度になります。
床板は、なんか黒かったので好みの物に貼り直しました。
なお、中央に写っているポストは含まれませんw
 2階への階段の手前から見るとこんな感じです。
なお、画像ではバーカウンターの位置をデフォルトから移動させています。
そのまま元の位置でも特に問題ないです。

スカイボックスで使用する場合は、こんな見た目になります。
地表で使用する場合は地面(床面)より下方向へ4mは最低限確保してください。

なお、フットプリントは本体と同じで15m×13mとなります。



地表の建物部分は
床板が違って見えるだけです
設置方法は、.:BTH:. Medieval Tavern本体の床板をUnLINKして取り外し、下部に basement を配置します。このとき、本体側の元の床プリムまたは1階部分の壁面のプリムのXY位置と等しくなるように地下部分を設置するとピッタリに合います。

Popular Posts of the Month