from SecondLife用の各種掲示板より

Recruiting for Japanese MMO-Game Users (総合)


SecondLife専用の「見抜き・悪戯・チャHな募集板」を始めました

ありそうでなかった、いや、SecondLife以外のMMORPG系タイトルでは規模の大小はあれども「見抜き・悪戯・チャH」に関する掲示板というものが、ひっそりと存在したものです。これらを一括りに萌え系と言ったり、最近の一部では界隈系と称してみたりローカルな呼び名があったりしますがルーツは「見抜き・悪戯・チャH」であると考えます。SecondLifeは一時期世の中に知れ渡ったビッグタイトルであり、かつ、今日でも継続し存在していますが何故だかソレ系の専用掲示板が存在していないように見受けるので、無い物は創るというSLスピリッツをもって、おなじようなものを設置してみるという運びです。(呼称は色々ですが当blog記事内では以降「ソレ系」と表記します)

掲示板はこちらSLguru
 
ターゲットの範囲としてSecondLife公式はもとより、他グリッドのopenSIM系での利用も含めます。まぁ今後Sansarのようなサービス提供側で明らかにアダルト要素を禁止しているというような環境の場合に外部の掲示板などを使ったコミュニティは必須になるでしょう。

しかし何故いまになってもソレ系の掲示板がSecondLifeに無いのか少し考えてみました。今では確かに小規模の部類であり、時折に総合の募集板などでSecondLifeのタイトルを見ることがある程度ですが、かつては多くのユーザーが居たはずです、それなのに何故?
思いついた答えとしては、

1.そもそも入り口がMMORPGのコアなユーザーではなく全くソレ系とは無縁だった
2.同時期に流行ったコミュニティ(mixiや各種SNS)で、のきなみアダルトや出会い系の排除という動きがあり伝搬しなかった
3.SecondLife系の各種ポータルサイトにてフォーラムや掲示板などのコミュニティを育ててこなかった

こんなところが要因なんじゃないか思いますね。
今ではSecondLifeなんて知らない人の方が多いでしょうが、SLが盛況の時に感じた不思議な事は、「オンラインで遊ぶのはSecondLifeが初めて!」というユーザーが多く居たことです。そういったユーザーはソレ系の遊びなど知る由もない事は明白です。


■言葉は同じでも違うチャH
こういったソレ系でもチャH(別表現では茶Hなど)は行われますが、所謂チャット専用サイトなどと違う所は、どちらかといえばチャットサイトでいうところの「イメチャ」や「なりチャ」に近いものとなります。少なからずSecondLifeにおいては既に自分のアバターがあり、アバターが存在する自由に改変できる空間があるので自然とイメチャになってしまいますね。もっともそんな見た目を無視して何処に住んでるの?とか下着はどんなの履いてる?などと下らない事に熱心な人も居たりしますが他のMMORPGなどでもそのような人は無くなりませんからw


いにしえの・・・
だけど今も健在なROの世界で
逢い引きする人達

クエストもイベントもないような
空き家なのに中身がしっかりある建物が多いことも要因だったのかも知れませんね

■見抜き・悪戯って何ですか?チャHじゃないの?
大きく違う所はチャHはお相手と「時間的に同期」であり、見抜き・悪戯は「時間的に非同期」です。
見抜きのもともとの語源は「相手のキャラを見て妄想をかき立て、それをオカズにして抜くこと」 だったかな。それだけだと殿方寄り過ぎるので悪戯という抜く事を伴わないような事も併記するようになったのかと。今では単に「見抜き」というジャンルとしての分類のように単項目で示される場合が多いかな。ようするに基本的に「同時のチャットではない」ということです。

 相手とチャットしないのに楽しいの?と不思議に思うかも知れませんが、前述のとおりキャラの見た目からエッチな事を妄想して楽しむ遊びですから、そこには基本的には会話はありません。ところがいつしか「あなたで抜きました。ありがとう!」など、軽く礼を述べるような人もいれば相手のキャラを使った、まるで小説のようなショートストーリーをメッセージとして残して、見抜かれる方もそれを読んでニヤニヤと楽しむというような、ちょっと歪なコミュニティとして発展してきました。そして自然と見抜かれる方から「戦闘で大敗して騎士が捕虜となりました。場所はxxxで、近くには脱ぎ捨てた衣服が落ちています・・・」などと前提条件の情景を描写して、それに合わせて相手がストーリーを考えて言葉を添えていく。というような言葉遊びというか、ほんとうに短いリレー小説のような利用方法へと開花していったのです。そして内容が面白かったら、前回の続きで・・・と継続したり、あまりにも内容が素晴らしすぎると相手との了承の元、キャラ名とか伏せた上でログを公開して他の人にも楽しんで貰うという楽しみ方もありました。「見抜き」は奥が深いのですw

 もっとも先に述べたように全くレスポンスのない人もいれば長文をよこす人も居て、同じ文面でも読み疲れる人や先が楽しくなるような流れの文章の人も居ますから当たり外れや相性的な部分も相当ありますよ。まぁ今でも「見抜き」というジャンルが変化していないのなら・・・ですけど、私の記憶の中ではそのような世界でした。




牢屋の中にいます~
という表現に最適だったグラストヘイム
(実際は単なるフェンスですけど・・・)

どうして「見抜き」というジャンルが出来上がったかは、RO(Ragnarok Online)のゲームデザインも起因していたと思うのです。いまではあり得ない事ですが、このゲームでは初期にアカウントの登録時に入力したユーザー情報の性別=ゲーム内の性別と固定になっていたので男性で登録してしまうと一切、女性のキャラは作れないという仕組みだったので可愛いキャラクターで遊びたい(または格好いいキャラで遊びたい)と思っても容易には出来ないのでした。 それにRPGにありがちな、装備はジョブやクラス、種族の制限があったり、装備を持っていたとしてもLV制限で使えないなど、着飾って遊びたいんだけど目的を満たせない状況で、逆に高LVのキャラを持っている所謂廃人クラスの人や有料アイテムに惜しげもなく資金投入できる人からは、誰かに自キャラを見て貰いたいという欲求がある人も居たことでしょう。「見たい」と「見せたい」でWin-Winな関係として、寝てる間にログインしたままキャラを見抜きに放置というところもあったのではと思います。もちろん廃人クラスでエロ事となると、よからぬ噂が立ったりもしますから気にしないオープンな人もいれば一切触れない真面目な人も居ましたね。



ゲームタイトルが違っても
やることは同じだったり~
やっぱり遊べる環境があるものが
人気ですよね


■SecondLife的な見抜き? AFK FUCK!
SecondLifeで各地を散策しているとAFKなんたらという名称の施設を目にすることがあるでしょう。そして大抵の場合、そのような場所は人山が出来て賑わっているように見られますね。SLを知る人なら全然、見抜きと違うだろーって思うかも知れませんが、エロ事を相手と同期チャットなしで行うという流れに於いては同じですからね。ただしSecondLifeの場合は文面での妄想の表現ではなく、実際にアバターを動かしての実演による表現という世界になるので、文字では可能だった細かな表現や風情というか感情の起伏というか、流麗なところが表現できなくなってしまうのではないかというのは感じます。私自身はAFK FUCK系は利用した事はありませんが、殿方からの又聞きだと事の最中にIMを送ってみると返事があったとか、リアルタイムで相手も鑑賞しているという場合があるようです。まぁそういった事の最中や事後でどうするかは個々で色々あるでしょうけれど、基本的にはマグロな相手と遊んで面白かったらPayするというお約束のようです。巷のMMORPG系での見抜きと違って、実際に相手のアバターを動かして楽しむ事から、そのようなお道具が設置してある特定の場所で行われるというところかな。

■オワコン?いえいえ伝統です!
現在でも脈々と受け継がれるソレ系の掲示板
いまでも実働しているものを一通り集めてみました。
どのようなやりとりをするべきか投稿の見本として見てみるのもよいでしょう。

///総合
お相手募集板 (ROチャH募集案内板)
http://bbs8.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=betray2
お相手募集掲示板 (上記の板が荒れ放題のため出来た別板)
http://bbs10.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=Lalone

(ほぼ使われていない)
ネトゲ総合 お相手募集板
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/15698/
(ほぼ使われていない)
ネトゲ 相方募集掲示板
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/15706/

///RO
萌え板 (にゅ缶時代からの生き残り)
http://moeita.net/index.html
ROSS投稿板 (ROチャH募集案内板)
http://bbs8.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=betray

///TOS
啓示者のアレ
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/15618/
TOS お相手募集板
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/15647/

///ECO (ECOは2017年8月末で終了)
エミルクロニクルオンライン萌え板
http://jbbs.livedoor.jp/netgame/3665/

///MOE
Master of Epic(MoE) チャH in したらば
https://jbbs.shitaraba.net/game/53493/

///PSO2
アークスのアレ(隠密)
https://jbbs.shitaraba.net/netgame/15184/
アークスのアレ(ひなんじょ)
https://jbbs.shitaraba.net/netgame/15979/
PSO2見抜きチャHSS掲示板
http://pso2ero.bbs.fc2.com/

///幻想神域
幻想神域 チャH猥談募集
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/13055/

///キャラフレ
キャラフレ募集掲示板
http://bbs7.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=charafre

///BnS
ブレード アンド ソウル 萌え板
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/13676/

///TERA
TERA 萌え板
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/11938/

///FF11
FF11
bbs.2ch2.net/FF11/
FF11 2ch2 F14チャHスレ μ
http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/FF11/1462467811/

///FF14
VANARE
http://vanare.suppa.jp/
VANARE FF14 見抜き相手募集掲示板
https://6255.teacup.com/vanare_ff14mi/bbs
FF14見抜きチャHSS投稿BBS
http://ff14h.bbs.fc2.com/
FF14 萌え板
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/14824/
FF11 (何故だかFF14のスレも沢山ある)
bbs.2ch2.net/FF11/
FF14♀キャラ見抜きスレ3
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/netgame/543/1435475601/




古いSLビュワーで今でもログインできるのか?(セキュリティ証明書の確認)

過去のOS環境を使っていたり動作が軽いからなどの理由で旧バージョンのSecond Life viewerを使うことがあると思いますが、はたして本当に今でも使えるのか?と、少し疑念を持ってしまったので手持ちの環境にインストール済みの所謂「過去のビュワー」で動作確認をしてみました。


起動してみたのは次の4つです
■Obsolete Platforms Viewer version 3.7.28.300847 (linden official viewer for Windows XP)
■CtrlAltStudio Viewer 1.2.6 (43412) (CtrlAltStudio-Viewer-Alpha)
■Cool VL viewer 1.26.20.0
■Cool VL viewer 1.26.20.43 or higher

上記以外でもSecondLifeの過去のビュワーというのは沢山ありますが、現在でも入手可能で、かつ、Httpによるアセットのアクセスに対応したものとなると、これしかないというのが現状です。FireStormビュワーも仕様上は満たしていますが起動時のバージョン確認で動作拒否にセットされてしまうので対象外とします。

結果から述べると上記の4つの何れでも現状でログイン可能でした。
ただしBENTO非対応のビュワーだとBENTO仕様のアバターは崩壊して見えてしまいますがw

セキュリティ証明書という観点では、
Cool VL viewer 1.26.20.43より以前の物が PEM 型式のファイルを使う仕組みで、V1系ビュワーゆえにというところでしょうか。それ以外は CRT型式が使われています。Cool VL viewer もバージョン1.26.20.43以降はCRT型式に置き換わっています。

その証明書の有効期限ですが、いちばん古い(と思われる) Obsolete Platforms Viewerの内容とCtrlAltStudio Viewer 1.2.6の内容が全く同じで、Cool VL viewer 1.26.20.43以降の物とはまた違う内容でした。(Cool VL viewerの場合はLinden labのテストビュワー 「neko」からの移植です )

とりあえずWEBでの通信に使われているDigiCertについては2031年まで有効になっていたので全く気にせず使えそうですね。問題になりそうなのはCool VL viewer 1.26.20.43より以前の物だけかな。どうしても過去バージョンしかダメな場合でログイン時に証明書のエラーになる場合はCool VL viewerの他のバージョンから移設してみるといいかも知れません。



またまたPRIMなお家♪

プレミアムアカウントで未だにLinden Homeに住んでいるというので、勿体ないジャン~って焚きつけて1024SQMのメインランドにお引っ越し。せめて住居ぐらいは提供しようってことで以前に作った1024SQM用のスカイボックスをリフォームして流用しました。現在(2018年)ではプレミアムアカウントの無料枠で所有できる土地面積が1024SQMまで拡大されているので512SQMサイズであるLinden Homeに住み続ける事は512SQM分が浮いてしまうのでメインランドへのデビュー推奨なのです。もちろんメインランドの土地となるとLinden Homeのように整然と区画割りされて特別なルールもないので、ある意味無法地帯でカオスなメインランドの洗礼を受ける事になりますが、それもまた経験として楽しめれば立派なSL住民となれるでしょう。


もともと1フロアでフラットというデザインだったのですが、内部を3室に間仕切りました。

私としては家屋にキッチン、お風呂場、トイレは必須と考える派なので、狭いながらもそれらを収容できる形かな

それにしても全てMESHで作成せずに大部分を通常プリムで作っているのは意図的なのです。たしかに省プリム(省LI)という観点ではMESH化を進めた方がよいと思いますが、その場で変更できるという「ダイナミック」なSecondLifeらしさを失ってしまうというマイナスの面もあります


 やはり「弄る楽しさ」を知って欲しいと思うので、全ての構成部品は自由に変更できるべきとの考えで、窓の部分以外は標準プリムで構成しています



家屋と景観の壁など全て含めて24LIなのでまぁまぁ省プリム?。見た目は貧相だけど、それなりに出来てるんじゃないかなぁと思います。改造するも良し、買い換えるも良し、けれど、「標準プリムとは何か」という、ある意味指標となる部分を伝えられるのではないかなぁと。


これもまた、お約束的な地下室付きの建物なのですよ。
だけど、こういった構造物って意外と少ない気がしますね。もっとも別の部屋としてテレポートすればいいじゃん とか、そういうのは、なんというか想い描く情景とは違うような気がするので、やはり施設に備え付けの設備という条件であってほしいかな

 巨大なダンジョンとか迷宮みたいな物じゃなくて、あくまでも地下ってイメージで充分。ま、お好きな人はダンジョン・キットみたいなものを使って長大な洞窟みたいな場所を作っていたりもしますけどね~


◆製品アイテム的な所元は以下のとおり

//Dimension//
FootPrint : 32m x 32m (Fit 1024 SQM)
House Size : 20m x 20m
LI : 24
Permission : Copy, Modify

//Features//
** 2room + 1small room layout
** 360 degree panoramic screen ( Sydney landscape )
** With a small basement
** comes with panoramic screen texture (full permission)
** partially MESH part

DEMO版では no mod です。
製品版では内包する壁紙テクスチャおよびスクリプトとも全てFull-Permissionとしています
(設定ミスではありません)

なお、「 MH+ 」のブランドではないのでマーケットプレイスでのみでの扱いになります。(インワールドでは販売してません)

一見すると以前と同じ四角い家なのですが、景観の壁と床もどきな家屋外の部分以外は全て変更しています。リフォームと言うよりは作り直しでスケール感は継承ってところでしょうか。




しっかり選ぼうLinden Home

プレミアムアカウントにすると特典としてリンデンホームを利用する事が出来るのでSecondLife住民になってから日の浅いユーザーさんなど、まだあまりSLの仕組みが良く分からない人にとって、クリック1つで「土地と家屋」が手に入るお手軽ハウジングとしてリンデンホームがあります。
やたらと無料ですよ!を推してくるので、ついついポチってしまいがちですが512SQM毎に区分けしたLinden Home専用のSIM群から512SQM分の土地を無料で購入して専用の家も無料で付いてくるという内容で、家の形は選べるものの住む事になるSIMの位置はランダムに選出されるため、気に入った場所に当たるまで「リンデンホームの申込み → 土地の破棄を繰り返す」というのが慣例となっています。(土地の破棄についてはナレッジベース参照)
頑張ればこんな川沿いや隣が空き地などの好条件の場所に当たるかも知れません(ほぼ、そういう美味しい場所は既に誰かが住んでいると思いますが・・・)場所が違ってもどこも利用できる条件(プリム数)は同じですから周囲の環境がよい方が嬉しいですよね。ちなみにリンデンホームの申込みWEBページ上ではプリム数上限の表記が古いままの117プリムと表示されていますが実際に現地で確認した所、画像でも分かるとおり現在の上限である175プリムとなっていました。


◆Linden Homeの基本テーマ選択
リンデンホームの申込み画面で、まずは家屋の「テーマ」を選択します。
選べるテーマは4つ

・メドーブルック - バーベキューにうってつけのデッキがあるカリフォルニアのモダンな郊外住宅
・タホ - 丘や松林を拔けていく曲がりくねった道が走る、素樸な丸太造りの隠れ家
・エルダーグレン - 大木の生えた丘陵地帶を曲がりくねった道が走るファンタジックな住居
・しゃれたお住まい - 苔むした石と色彩鮮やかな木々という絵画のような地域にある伝統的な日本の家

ただ未確認ですが選択技が3つしか無かったとの話しもあるので、もしかしたら満員で空きがない状況の場合やサーバーのメンテナンス時に非表示になることもあるのかも知れません。


こちらは「タホ」のタイプで基本的には三角形のログハウスのようなデザイン


こちらは「エルダーグレン」のタイプで魔法使いでも住んでいるかのようなファンタジー系の家屋になっています


こちらは「しゃれたお住まい」というタイプで日本の昔の家屋をイメージした感じになっています。外国人がイメージするニッポンってところでしょうか・・・



◆Linden Homeのテーマ毎のデザインタイプ選択

気に入った基本テーマが決まれば、次に個々のデザインを選択します。
この画像の場合は「Loftroom」というタイプで部屋の一部自体が宙に浮いてるってところでしょうか


こちらは「Mountain View1」のタイプ
山が何処にあるのか謎ですが・・・


こちらは「Mountain View2」のタイプ
微妙に違うデザインですね。
左右反転してるだけだったり・・・?



◆テーマによっては更なる追加選択のデザインもある
テーマ毎に基本的に4種のデザインが用意されていますが、選択したテーマによってはより多くのデザインを持つ物があるので見えているだけが選択技ではないということに気をつけてください。さらなる別のデザインを持つものはView all housesの案内表示が出ます。

こちらは「タホ」のタイプです。
2018年8月時点では、このタホとメドーブルックの2テーマだけが追加のデザインを持つようです

だけどタホのタイプだと色が違うぐらいにしか違いを感じないような・・・

メドーブルックのデザインを展開してみたところ
選択可能なものは8種あるようです

このタイプは2階建てのデザインが殆どで、使いやすいところから人気が高く種類も豊富という流れが伺えますね

タホのデザインでは選択可能なものは6種でした

現時点では
・メドーブルック → 8種
・タホ → 6種
・エルダーグレン → 4種
・しゃれたお住まい → 4種

合計22種類






◆外観だけでなく内装もしっかり見よう
現地に行って実物を見るのが一番確実ですが事前にWEB上のスクリーンショットで内部構造も見る事が出来るので気になる所をチェックしましょう

内装の違いはあっても基本的な住居の設備は照明、暖炉、玄関のドア と、この3つしか機能がないですけどね




◆家屋に合わせて調達品を作ったりするには
Linden Homeに使われる「部品」のうち、使用されているテクスチャーを入手する事が出来るので、家屋に合わせた同じ柄のアイテムを自作する場合に利用するといいでしょう。
入手先は各テーマ毎のインフォ・ハブ相当のSIMで取得できるようです。

テクスチャパックを入手できる場所:


Popular Posts of the Month