ソードアート・オンライン リズベット・エディション(原作者さんの同人誌)読みましたよ~

まさかの同日2回更新w

こんなことをできる日が来るとはww

あ、え~とですね、「ソードアート・オンライン リズベット・エディション」!これも原作者さんの同人誌です~題名のとおり、リズのお話が入ってます~

3つコンテンツがあるんですけど、2つは原作者の作品じゃないみたい。

原作者さんのは短編小説一つで「水音、槌音」って題でした~時期は「ココロの温度」の3ヵ月後。

キリトくんがリズが作った長剣「ダークリパルサー」の何度目かの強化をお願いする話です。リズの想いとキリトくんのやさしさ、2人の絆を感じさせるいいお話でした~

なにしろWEB版ではアスナより先に同じ寝袋で一夜を共にした二人ですもんね~w


あ、でもシリカのほうが先か~でも、同じベッドじゃないもんね~
あ、あ~お亡くなりになっちゃったけど、サチはもっと前に同じベッドで寝てたね~

ふふふ~この様子だと「ソードアート・オンライン プログレッシブ」のお話が進むにつれて、キリトくんのアインクラッドでの女性遍歴が更に明らかになるかもですね~www
まあ、電撃文庫版では過激なものは期待できないですけどw


これで電撃文庫で出版されてないお話で読めそうにないのは「VRMMO開発悲話」だけかな~「SAO外伝7・月の揺りかご」は未完成みたいだけど、「ワードギア」に連載中だから、いちお読んだし~

ちなみに、「ソードアート・オンライン マテリアル・エディション7、8」のお話は「ソードアート・オンライン プログレッシブ」の1巻に収録済です~

「ソードアート・オンライン マテリアル・エディション9」の「黒白のコンチェルト」は、たぶん「ソードアート・オンライン プログレッシブ」の2巻に収録されるんじゃないかな~これは出版待ちね~

ソードアート・オンライン マテリアル・エディション総集編(原作者さんの同人誌)読みましたよ~

こんなのもあったんですね~マンガと短編小説の外伝集みたいな感じでした~

同人誌といっても、巷にあふれているエロエロなアダルトオンリーの「ソードアート・オンライン派生作品」じゃないですよ~

あ?え?そっちのほうが興味があるって?w
いやいやいやwそっちは自分でググってくださいw
それはもう溢れかえるほどありますからwww
もっとも、好みの作品までたどりつくのは、そーとー大変だと思いますが。
あたしが好きなのは「倒錯のハネムーン」とか、16.5話のマンガ化と思われる「ソードアート・アンリ・・・
って、ナニを言わせるんですかw

ええと、気を取り直しまして(^_^;)

「ソードアート・オンライン マテリアル・エディション総集編」は、今までの「ソードアート・オンライン マテリアル・エディション」の1~6の全部(一部はカット?)と短編がひとつ追加で全部で7つのお話が入ってます。

並べて書くと、

1、「攻略者たち」(マンガ)
2、「アーリーキャラクターズ」(設定資料集)
3、「セラミックハート」(マンガ)
4、「コールドハンド・ウォームハート」(短編小説)
5、「サルビア」(短編小説)
6、「アルゲードの決闘」(短編小説)
7、「たったひとつの究極的なやりかた」(短編小説)

です~

マンガの絵は・・・ええと~(ry
小説のほうはですね、WEB版で読んだ「サルビア」以外は初見でした^^

マンガもね、「攻略者たち」ってのは、アニメの第05話「圏内事件」のイントロ部分で使われたお話の原作だそうです~アニメではキリトくんとアスナが対立したあと、どうやって56層を攻略したのか描いてないですけど、その辺が書いてありました~

「セラミックハート」はユイちゃんの物語ね。マザーズ・ロザリオ編のあとかな~

「コールドハンド・ウォームハート」はキリトくんとアスナのお話ですけど、「圏内事件」のあとで、「黒と白の剣舞(ラグーラビットのお話)」よりは前ですね~

「サルビア」はキリトくん兄妹のリアルでのお話。フェアリィ・ダンス編のあとかな~

「アルゲードの決闘」はキリトくんとアスナの新婚2週間でのエピソード。「圏内事件」(WEB版)のときに行ったラーメン?屋さんのお話ですw

<ご注意!こっからはWEB版アリシゼーション編を読んでない人にはネタばれです>

そして~「たったひとつの究極的なやりかた」はキリトくんがハーレムを作るお話ですw時期はアリシゼーション編(WEB版)の更にあとですね。そして、そこで明らかにされるなぞの組織!KKA・・・「キリトに片想い同盟」www

メンバーはリズベット、リーファ、シリカ、シノン。それにアスナとアリスが加わってみんなでアンダーワールドで結婚しちゃうんですwアスナも了解済で、ユイちゃんもアンダーワールドでのキリトくんの地位?を考えれば「浮気でない認定」をしてくれるので、安心して(エッ)ハーレムを作れますw

まあ期間はリアルワールドで5時間だけなのですがね~でも、アンダーワールドは1万倍の加速をしてもらってるそうでwww

しかし~きっと、ロニエも参加したかっただろーな・・・もう200年以上たっちゃってますからね~

それと、残念ながらどんなハーレム生活をしていたかの描写はありませんww
それこそ、同人誌の皆さんにがんばってもらってwwwっていうか、もうあったりして~
知ってる人は教えてねw

ソードアート・オンラインweb版アリシゼーション編(電撃文庫9巻以降)読了!

ついに完結!全部読み終わりましたよ~

しっかし、長いお話だわ~あと、中盤ぐらいからずっとクライマックス!というか~毎回いつ最終回になってもおかしくないようなテンションのお話ばっかりでした~正直のところ疲れるくらい(^_^;)

毎回山場が来るので、案外アニメ向きかもな~とか、いやいや、途中からアリスやその他の魅力的なキャラクターが中心で、キリトくんの活躍が少ないので不向きかな~とか。いろいろ考えたけど、WEB版のままじゃあ、やっぱアニメ化は難しいわね~

ちょっと、グロテスクというか、悪役のやることが半端ないし、すごくいい娘がひどい目にあっちゃうし、なによりもラストのほうは国際問題になっちゃうんじゃないかな・・・

というくらいスケールの大きなお話でした。

まあだからこそ、電撃文庫ではきっといろいろ書き直してるんだろ~な~読んでないからわからないけど(^_^;)


あと、ラストの今までのオールスターが大活躍するシーンはもっと詳しく書いてほしいな~ああ、でもますます長くなっちゃうか・・・

まあとにかく、満足しました(^^♪
作者さん、すばらしいお話をありがとうございました。

しかし、すごい話だったな~なんというか、これ以上ネタばれをする気はないけど、あらすじの説明が難しいね・・・

全編を通して読んだ感想を言うと、やっぱりあたしはアインクラッド編本編の真っ直ぐさ、スピード感が好きかな。それと、キリトくんとアスナのお互いに守りあう気持ちとそれを可能にする力、共闘しながらお互いを高めあう力みたいなものが感じられてよかったです。

その後のお話もステキなんだけど、同じ舞台で共闘して高めあうみたいな場面が少なかったかな~お互いに相手を想うことには変わりないんだけど、お互いに離れた場所での闘いで、共闘が少なかったのよね~

次にすきなのは、アインクラッド編外伝かな。まあこれは、本編の余韻のほんわかした雰囲気を味わいたいだけなんだけどね~何しろ本編はログイン直後の話から一気に74層の攻略まで進んじゃうもんね。

原作者さん以外にも外伝的なショートストーリーを書いている人がたくさんいるみたいなので、これを読むのも楽しみですwなんかあたしも書いてみたいなとか思ったりw

あ・・・全然エロでもBDSMでもないわね~ものたりない方はぜいぜひナーヴギアを使ったムフフなVRMMORPGを考案してコメントくださいwあははw

ソードアート・オンラインweb版圏内事件(電撃文庫8巻の一部)読みました~

あたしは、アニメ(15話まで)→電撃文庫(2巻まで)→WEB版の順番で読んでるんだけど、アニメと比べて印象が一番違ったのが、「圏内事件」でした~

WEB版「圏内事件」も、アスナがキリトくんのことを意識してるのがアニメ以上にわかりやすかったり、ちょっとミステリーチックだったり、ヒースクリフが出てきたりと、とっても楽しめました^^

でも、アニメ(5話6話)はアニメですごくよかったと思う~WEB版「圏内事件」の出来事を分解して、そぎ落として、ぜんぜん違う形にくみ上げちゃった感じ。

こうなってみると、やっぱり電撃文庫の8巻は早く買って読み比べたいな~あたしがWEB版で持ってないお話(「始まりの日」と「キャリバー」)も入ってるし~


そして、いよいよWEB版「アリシゼーション」編を読み始めてるんだけど長いね~
今までの3~4倍はありそう~

ようやく5分の1くらいを読んだんだけど、なんかもう全然世界が違うのね~ファンタジーチックになってるし^^

いろいろ思うところもあったけど、感想は全部読んでからにしようと思います~

ソードアート・オンラインweb版マザーズ・ロザリオ編(電撃文庫7巻相当)読みました~

いい加減、工夫のかけらもないワンパターンな投稿タイトルだと思いますが~まあいいよねw

今回のお話は、WEB版では外伝扱いで「外伝4.絶剣編」ってことになるのかしらね~電撃文庫では相当加筆されて、本編に昇格したみたいだけど。

いいお話でした・・・主人公はあたし的にはアスナかな。アスナとユウキ。リアルと仮想世界が交錯して、ちょっと荒削りだけど、ホントにいいお話。

あたし的にはファントム・バレット編よりも全然好きかも。あたし単純だから、こういうお話に弱いのよね。ウルウルしながら一気に読んじゃいました。

仮想世界へのフルダイブ技術って、ホントいろいろなことに使えそう。ゲームだけじゃなくて、医療用とか・・・


と、感動した後に書くのもなんですがw

エロゲーム用に使ったら、ホントにすごいことになりそうw
痛覚制御と同じく、いろんな感覚も制御できるみたいだから、たぶん一度つかったらもうやめられなくなっちゃうとかw

キリトくんとアスナも大丈夫だったかな~しかし、あれだけ仮想世界の自宅が仲間たちの溜まり場になっちゃうと、あっちの世界ではエッチするのも大変ねw
でもリアルのエッチではちょっと物足りないとかなってたりしたらヤバいかもw

しかし、SLでもエロ系の技術や商品っていつも最先端にいってるよね~やっぱ、エロに対する情熱ってすごいのね~高くっても独創性があっていいものなら売れるし。

仮想世界へのフルダイブ技術も、エロ目的から急速に発展したりしてw

ソードアート・オンラインweb版ファントム・バレット編(電撃文庫5巻6巻相当)読みました~

WEB版では「死銃(デス・ガン)」編ってことになるのかしらね~

作者さんによると、電撃文庫版は加筆修正だらけで、ほぼ書き下ろし状態らしいけど。
あたしはWEB版しか読んでないので、その感想です~

4巻までで一応事件は決着しているので、主人公はもうシノンちゃん1人って感じですね~
あとはキリトくんくらいwしか出てきません~あとはラストにエギルさんとアスナとリズがちょっと出るくらい。

面白いので一気に読んじゃったんですけど、ほとんど独立したお話ですね~まあ、SAO時代の因縁も引きずってるんですけど。

印象に残ったのが、アスナのキリトくんへの信頼感というか絆の深さかな~まあ、例のごとくシノンちゃんとの浮気と疑われても仕方ないことが、生中継放送?されちゃうのよね~

そのことについて、リアルでキリトくんがシノンちゃんを連れて来て弁明?するのね。それを聴いてもリズはぶつぶつ言ってるんだけど、アスナはニコニコしてるし、キリトくんの立場にたってシノンに「怖い目にあわせてごめんね」って謝ってさえいるし。二人はひとつというか、ホントの仲のよいご夫婦というか、もうアルヴヘイム・オンラインから救出されて1年くらいたってるらしくて、リアルでも仮想世界でも、いろいろ思い出を積み重ねてるって感じ^^

あ~エッチな話ね、はいはいw

キリトくんのリハビリのときに担当だった安岐さんって美人の看護婦さんが出てくるんだけど何もありませんww

ただ、「ワードギア・リバース」の「頂き物SS保管庫(18禁)」の中にはリハビリ中にそっちのリハビリもしちゃうお話がw

でも、もうネタ切れなんだからね!

ソードアート・オンラインweb版フェアリィ・ダンス編(電撃文庫3巻4巻相当)読みました~

とうとうフェアリィ・ダンス編まできました~連続更新6日目突入~

そろそろアニメのネタばれになっちゃうのよね~そーいうわけで、あまり多くは語りませんが、面白かったです~

ホントのこというと、アインクラッド編を読み終わったところで虚脱しちゃって、これで、キリトくんとアスナがリアルで再会して終わったほうがキレイなのにとか、失礼なこと考えちゃってたんですけど・・・

フェアリィ・ダンス編まで読み終わってみると、やっぱりこっちのラストのほうがいいかなと思ってます^^

たぶんアニメはここまでで終わりなんだろ~なぁ。

次はどのお話を読もうかな~

あ~エッチな話ね、ごめんごめん~忘れてたwww

「ワードギア・リバース」の「頂き物SS保管庫(18禁)」の中に、ナメクジの話や二人の領主に色仕掛けされる話が二つ(領主さん二人がペットになっちゃっう話と同じことをリアルでもしちゃう話w)が入ってましたよ~


ソードアート・オンラインweb版アインクラッド編外伝(電撃文庫版2巻相当)読了w

どんどんタイトルが長くなってるな~w
とうとう5日目突入~

しかし、外伝とか色々あるのね~まさにWEBで育てられてきた小説よね~原作者さんの同人誌とか~しかしまあ全部は手に入らないので、まずは題のとおりに電撃文庫版2巻の4つのお話を順番に~

1、「黒の騎士」=WEB版外伝1「黒の騎士」

違いは、ラストでシリカちゃんがピナに向けた心の囁きに集約されるかとw

電撃「・・・あたしのたった1日だけのお兄ちゃんの話を」

WEB「・・・あたしが、生まれてはじめて恋した人の話を」

です~

あと、WEB版だと牢獄に送られる前のロザリアさんの開き直り方が、若干色仕掛け気味な感じww

でも残念~その頃のキリトくんは、「倫理コードの解除」なんて知らないので、通用しないと思うよ・・・


2、「心の温度」=WEB版外伝3「ココロの温度」

これは、かなりリズが大胆ですwでも、あたしとしてはWEB版のほうがすき~

竜の巣穴に落っこちちゃって、キリトくんと一緒に野営するときのリズの言葉が

電撃「ね……手、握って」

WEB「ね……そっちに……行っても、いい……?」

ですよ~そしてキャミソール姿になって、同じ寝袋にもぐりこんで・・・

でも残念!ほんとに残念~その頃のキリトくんは、「倫理コードの解除」なんて知らなんです。リズは知識としては知ってて(わ~ぉ)でも、足を絡めて抱きついて、キリトくんに触ってもらうだけで、(満足して?)気を失うように寝ちゃうのです~

いちお「ワードギア・リバース」には、この時のIF版としてのお話が載ってて、一部は原作者さんの筆によるものみたいですよ~

でも残念!せっかくのIF版も、キリトくんとしちゃうってのはリズの夢オチで終わってしまいます~でも、リズったら、無意識に「倫理コードの解除」設定をして、寝ながら一人でしちゃうんですけどwww男の子と同じ寝袋に入って、抱きしめてもらいながら、でも一人でしちゃうなんて、なんてコアな設定ww

あと、WEB版ラストのキリトくんとの会話が結構好きです。キリトくんは、電撃版よりもはっきりとリズの気持ちに気づいてて、でも黒猫団の全滅のことを引きずっていて「今はまだ」(付き合えない)って言うんです。それに対して、リズもほんとに身を引いた上にアスナを後押しする感じで、「その先は、アスナに聞かせてあげて」って言うの。電撃版も似たようなせりふだけど、意味は全然違うよね・・・

だから、そのあとのリズの(現実世界に戻ったら)「第二ラウンド、するからね」っていう言葉もしっくり来るんですよ~やっぱ、あたしはWEB版のほうがいいな~


3、朝露の少女=WEB版外伝2「four days」

WEB版だと教会の子供たちを襲うときの軍の人たちの目的が、結構露骨にエロ目的です。アスナや幼いユイちゃんにも、そういうこと言うし。だからも~アスナの逆鱗に触れちゃうんですね~

あとは文章の構成くらいかな~


4、赤鼻のトナカイ=外伝6WEB版「赤鼻のトナカイ」

あんまり違いはわからなかったです。ほとんどおなじ?そうそう、クラインさんのせりふで、SAO内で亡くなった人を、リアルで同様に殺してしまう手口が、電子レンジと同じ機能で脳を攻撃ってことになってたし、もうほとんど小説版に統合されちゃってるのかな~でも初回ログイン人数は5万人の設定だったような~

でも、ホント悲しいお話よね・・・サチさん

ちょっとしんみりしちゃいました。


でもでもでも~ちょっとは、あたしらしいこと書かなきゃ~

そうそう、この4つのお話のWEB版を読んで思ったのは、ログインしたままの皆さんの一番の楽しみは「食欲」ってなってたんですけど、あるでしょ~もっと欲といえば~ほらほら~ね~

そっちのほうはどうやって処理?する仕組みなの~?「倫理コードの解除」設定をしないと、自分ですら出来ないみたいだけどw

でもさ~解除できるんだからニーズはあるよね~NPCの風俗店とかあるのかな~ホストクラブとかwプレイヤーにもそういうの経営したい人とかいるんじゃない?

Second Life やってる人(全ての人ではありませんwこのブログ読むような人w)ならわかるよね~w

だって、現実じゃ出来ないことをしてみたいんだよ。例えばさ~怪我をしても痛くないらしーし~、思いっきり縛っても、鞭で叩いても大丈夫よ~女性により有利よね~ほら、リアルだと避妊とかで大変だけど、仮想世界ならだいじょうぶだし~男性と同じくらい好きなことできるよ~w

いや~ログアウトさえ出来れば、最高ね~

・・・スミマセン長いのはタイトルだけじゃなく、本文もでした~
ここまでお付き合いいただいた方ありがとうございます~

でも、せっかくだからコメントも残していってくださいね~承認制ですので反映遅れるかもですけど。

ソードアート・オンラインweb版アインクラッド本編読了w

アニメと読書の感想文、ついに4日連投w

いや~おもしろいわ~

電撃文庫版よりも、WEB版のほうが勢いがあるわね~

まあ、アスナがキリトくんを気になって仕方がない展開は同じなんだけど、キリトくんへの迫り方もWEB版のほうが勢いがあるな~くっついたあともデレデレだし~詳細は省くけどw

あ~そうそう、例のWEB版16.5話も、WEB版の16話の間に入れて読むとすごくしっくりきますよw

メモ的にあたしの気づいた違いを列挙すると

1、電撃版の美男美女の群れが、手鏡でリアルアバに戻っちゃう展開はありません~WEB版ではせっかく作ったアバが、なぜかログインした直後からリアルアバなのです~だから、ログイン直後の光景は「ゲームマニアの大集団」だそうですw

2、SAO内で亡くなった人を、リアルで同様に殺してしまう手口が、電撃版では電子レンジと同じ機能で脳を攻撃だったんですけど、WEB版では意識を回復させずに植物状態にしちゃうらしいです。ラストシーンでアスナが助かったことを考えると、WEB版のほうがもっともらしいと思うけど。何千人もの植物人間というのも問題があるからかな~

3、初回ロットのログイン人数も、電撃版1万人、WEB版5万人でした~だから、それにあわせて亡くなった方の数も変わってるみたいですね~

4、WEB版では冒頭にクラインさんが出てきません。ログイン直後にクラインさんを出すために、上の1番の設定を変えたのかもしれませんね~クラインさんの年齢も微妙に違っていたような気がするな~

5、あと、WEB版ではアスナがクラディールを容赦なく殺します。キリトくんは自分が動けなかったことを悔やみます。アスナも始めて人を殺してしまったことに傷ついているんだけど、後悔はしません。この言い方はちょっと微妙に違うかもしれないけど。ただあたしは、この時のお互いのいたわり方やお互いへの思いの深さの描き方が、WEB版のほうがよかったような気がします・・・

6、初めて二人で夜を過ごすとき、部屋の電気を消したあとに、WEB版ではアスナは全裸になっちゃいますwこのあとに、2回のアスナの「バカ~」があるのですwそのあとWEB版ではアスナがキリトくんもハダカになるように「命令」しますwまだ戸惑ってるキリトくんに、「ここでやめたら馬鹿らしすぎるわよ!!」と怒鳴ったりしてwそして16.5話に続くのですw

7、WEB版では、二人が生き残るのは、ゲームクリアの報酬ということをかなりはっきり書いています。茅場が「……君たちにクリアの報酬を渡さなくてはな」と言います。電撃版は二人に「ゲームクリアおめでとう」と言うだけだったと思いましたけど。

他にもあるような気がするんだけどな~記憶力が弱くって思い出せません~

そうそう、最後にお約束?のエッチなネタでw
これもWEB版との違いなんですがw

8、二人の2週間の新婚生活の間の会話によると、SAO内のアレは「純粋な快感だけを無制限に脳神経シミュレートしてるみたい」で、「薬物使用みたいな物で、ある意味危険」だそうですwこれはキリトくんのせりふwちなみにアスナはキリトくんにつられて「最初にこっちで慣れちゃうと、帰ってから、本物に幻滅したりすると嫌だなって」いった後に「何言わせるのよ」って真っ赤になって、キリトくんに笑いながら「いやらしい子だなぁアスナは」といわれちゃったりしてますwアスナは「気持ちよすぎて、こわいんだもん」とかも言っちゃってるしw

いいな~どんなにいいのか興味あるわぁ

あ~とうとうBDSMをかなぐり捨てて、ただのエッチネタになってしまいましたw

ソードアート・オンライン2巻も読破w

もう2巻も読んじゃいましたよ~w

お友達に聞いていたとおり、本のほうが面白い!って素直に思えるほどのスピード読破でしたw

でも、アニメのほうも入門編って考えると十分面白いですよ~

あえて言えば、あれだけの素材があるんだから、単純にお話を時系列に並べるだけじゃなくって、回想とか取り入れて上手に構成したらよかったのかな~とか、でもそれじゃあ、やっぱりスピード感が死んじゃうよね~とか、いやいや、プロなんだから両立させてよとかw
まあ、勝手なことを言っていますけどw

いやいや、でもやっぱりアニメも素敵だと思うわ~

アスナもキリトもすてき!この2人、モーレツ宇宙海賊のグリューエルと三代目なのか~とか想像しちゃったりw

あたしが一番感情移入できたのは、リズだけどね~なんかあたしに似てるな~とか

あ~そうそう、BDSMじゃないけど、エッチな話題をひとつねw

「ワードギア・リバース」のお話によると、アスナにお願いされて「倫理コードの解除」の方法を教えたのは、実はリズなのでした~

しかも~「倫理コードの解除」のあとに、ちゃんと解除できているか試すとかで、百合な展開になっちゃったりwww
[2012/10/18追記:ごめんなさい。このエッチなお話は、別の人の作品みたい(^_^;)「ワードギア・リバース」の「頂き物SS保管庫(18禁)」の中にあったお話です~でも、リズならやりそうだしwアスナもリズ以外にいるのかな~そういうことを聴ける子~なので、あたしはきっとそういうことなんだと思ってますww]


「ワードギア・リバース」のお話(エッチなのばっか)はほとんど読んじゃいましたけど、WEB版の本編は読み始めたばかり^^

スマホで読めるように設定できたので、明日からはこっちに入ります^^

アニメ(15話まで)→電撃文庫(2巻まで)→WEB版って順番。

毎日楽しみだわ~





ソードアート・オンライン読みました~

1巻だけですけど^^(もう2巻も買っちゃったけど~)

昨日の記事のあと、やっぱりどうしても本のほうが読みたくなっちゃって、古本屋さんを探したんだけど売り切れで、結局、山積みになってる新刊を買っちゃいました(^_^;)

やっぱ面白いね~あたし的にはアニメも十分に面白かったんだけど、本のほうはアニメの1話の次は、もう8話まで一気に進む(アニメの2話から7話は外伝のエピソードみたいね~)スピード感がすごいね~

アニメがだめっていう人はこの辺も嫌いなのかな~でも、まあ本が売れてるってことは大成功には違いないわよねw

それでね、もう興味津々で~例の裏版・・・作者さんの「ワードギア・リバース」っていう裏サイト・・・で公開していた、「WEB版の16.5話」の直前まで進むと~
(電撃文庫版の244ページの半ばくらいね)

その直前に「倫理コードの解除」設定ってのはちゃんと説明してあったんだけど、まあどう考えてもシテるのは間違いないんだけど、思いっきり相当ぼかしてるね~そらそうよね~ラノベだしww


でもそこで諦めるあたしではな~いということで~なんやかんやで、本編のWEB公開版16話も読ませてもらうことが出来てました~

そして!!WEB公開版では、キリトくんがしっかりと

「俺たちは時間をかけてシステムの許すかぎり出来る事をした。詳細な説明は省く。」

と言い切ってましたww

でねでね~「ワードギア・リバース」の方では、

「SAO本編#16で、キリトが「詳細は説明は省」いた部分です」

って説明があるので、もう、あたしの中ではお話はぴったり繋がりましたw



その上で、もういちど、「WEB版の16.5話」を読んでみると、キリトくんたらも~アスナちゃんにエッチな告白をさせて

「アスナはある種被虐的な快感を高まらせていくようだった」

なんていっちゃってるしw



これって羞恥プレイじゃんw

っと言うわけで、ちょっとBDSMな話題!?でした~w


ソードアート・オンライン見ました~

「見ました~」というとおり、まだ原作を読んでませんw見たのはアニメです^^いま、15話まで進んでて、ちょうどアインクラッド編が終わったところくらい。放映中ですよ~

ソードアート・オンラインの原作から読んでいる方の中には、ご不満のある方もいるみたいだけど、あたしには十分面白かったです^^
~というか、原作を読むのが、楽しみになってしまったというww
だって、原作のほうが面白いなんてステキ~

エッ!、BDSMと何の関係があるんだって~?

あ~え~とですね~ええと~、ほらSLみたいに仮想世界に生活するお話だし~ほら1万人もいれば、きっといろんな嗜好の人もいるし、ええと、もともとの設定で「倫理コードの解除」ってのがあって、しかもSAOのシステムを流用して、「ペルソナ・セックスサービス」ってのを運営をする計画があって、その機能とリンクしてるとか~あ~これは、裏設定なのかな~

本のほうはまだ読んでないので知らないんですけど~WEB版の16.5話というのがあって、キリトくんとアスナちゃんがアレをしているシーンがあるんですよ~っていうか全部そのお話w~その中で、まじめなアスナちゃんがあえぎながら解説してましたww

も~、でも、そんなときに、そんな質問するキリトくんって、いったいwww
もしかして、じらしのテク?じゃあ、それって、ええとSMチックな趣向?

・・・と、まあ、かなり強引ですがw

今は正式に電撃文庫で出版されちゃったので、WEB版ってのは、キホン公開してないそうですが、偶然そこの部分だけは読むことが出来たので、よかったですww

アニメが公開されてから、本のほうも今までの3倍のペースで売れてるとか~
もともと大ヒットだったのに、かさねて大成功ですね^^

これで、電子書籍版もでれば絶対買うのにな~
スペースの問題もあって、もうこれ以上本は増やせないしな~
でも、読みたいな~

それと、本になってけっこう加筆修正してるみたいだから、読んでみたいな~WEB版も・・・
公開終了なんて残念だわ~

とまあ、前置きだけで終わっちゃいそうですが、もとはひろみさんのこの記事を見て、あたしも出店してる木霊モールのこれがほしくなって、というところから始まってます^^

で、結局前置きだけで終わってしまいましたwww

Popular Posts of the Month