意外なご近所さん

 
自宅敷地周辺の売り地をチェックしていて、おぉここも同じ不動産屋だとか、かなり買い占めに走っているのも居るみたい。
そんななか売り地でもないのに更地に近い一角があって、なんだろうと見てみたら、かのDarienさんが所有する土地でした。
今ではもう過去の人で512SQRの小さい敷地をMainLandに残して去って行ったと思っていたのですが、ここ1024×2の敷地で隠居しているのでしょうか。それにしてもこんなに近いところに意外な人の敷地があって驚きです。
ちょこっと敷地内を覗き見した感じではプレイルームというよりはアイテム研究施設のような感じのシンプルな空間があっただけでした。


きょうの出来事。

 
buildも進んでないし、なーにもしてない訳だけど、たまには着替えてみるか~って コートをひっぱりだして着てみました。全身レザーな組み合わせ。エロくはないと思うけど、ダークなRPGな場所でもこのまま行けそうな感じにしてみました。
コート:*Thalia* Open Leather Trench Coat - Black
トップスとボトムス:sf design laced leather
ブーツ:*Shai* Lizard Boots
あとの小物はテキトーってか銃が一番高いけどね^^

 
革の質感はこんな感じです。コートの襟とCuffの部分がちょっと平坦な感じですがまぁまぁ気に入ってます。
実物だと革製品は高価だし手入れもそれなりに面倒なのもあるし、エナメルだと何度か着ているとシワシワになってボロボロと剥がれ落ちてくるし、かといってラバーなどの天然素材だと経年変化で溶けてきたりひび割れてしまうしと、何かと繊維素材でないものは厄介いですが、SecondLifeだと好きな素材の服に気軽に手を出せますね。クリーニングもしなくていいし LOL
まぁ、そんな着せ替え遊びは、やっぱりボンデージな衣装で楽しみたいです。手持ちのBDSMなアイテムを適当に装着してみましたがセルフボンデージはつまらない(と私は思うので)。こんな風に毎日過ごせたらいいなぁって思います。見た目だけでなくRLVなどの仕掛けも充実してきているのですから活用したいですね。

こちらは旧MH+ Labsの跡地。
売りに出していたものの買い手が付かなかったので別の土地を買い直すのも勿体ないから、ちょっとした物置スペースに使おうと思って真ん中をブチ抜いて周囲の土地部分を破棄しました。

これで来月からは5USD分がかからなくなるので、ようやく落ち着いたってところかなぁ。

1L$クリックとPPRSでどの程度得られているか

毎月末トランザクションのヒストリーをダウンロードしているのだけど(購入者へのユーザーサポートの為にです)当月は結構1L$クリックとかPPRSからの履歴が多かったので、どのくらい得られているのか集計してみました。
まだ今月はあと2日あるので概ね1000L$程度が1L$クリックとPPRSにより得られているという結果でした。
もちろん1アバター分です。複数アバターを投入すれば、その分稼ぎは多くなることでしょう。自由に時間が取れる人ならさらに稼ぐことも可能だと思います。
金額が多いと感じますか?日本円換算だと320yenぐらいでしょうか。週末にアルバイトでもした方が遙かに収入は多いでしょう。CAMPとは違って、そんなには時間的な制約は無いのですが各地を巡回する手間と少しの時間は発生してしまいます。時間換算では現実的な稼ぎには程遠いですが、これがSLの経済というかリンデンドルの世界なのです。WEB上でPPC(pay per click)な広告とかでもやっている方がYen払いなら単価の面で強いのではないでしょうか。

こういうチマチマと稼ぐというのは一度でも外国語圏でモデルやコンパニオン的な作業で収入を得てしまうとやってられないですけどね^^
それでもタダ働き同然の日本のSL接客業的な業種よりは安定収入で得られる分も多いです。
ま、リンデンドルは全体的な取引量は多いけれど単位が小さいよねぇってことで LOL

全てはここから

久しぶりにBuild進行中。暇つぶし始動 LOL
師走からずっと、なーんも筐体がある物は作ってなかったしね。
いつも何故か銃身から作り始めるんだよね。
MH+ ARMSの全モデルでも一貫して銃身は正確に長さを守ってる。
本物と同じ長さをね。
AK系だけ途中でPrimで穴が塞がってるけども他のモデルはチャンバーまで銃口からちゃんと見えるんだよ。
スカルプトの塊が主流かも知れないけれど、この穴あきはスカルプトだと難しいね。

今回のは銃身長203mm、口径.45CALということで11.5mmに近い数値となる寸法の穴。
でも、この銃はシンプルなので表現が難しいように思います。

リアルサイズで作るとアバター比例で銃が小さくなってしまう人が多いのだけど、リアルサイズ厳守のポリシーは守りたい。

んー、オカシイな・・・。203mmで作るとどう見てもチャンバー部分が無いような?
もしかしてM3とM3A1で銃身長違うのかな?

チーブだなぁ、4条右回りかい。
ちょっと離れると当たらなさそうですね LOL

それに450RPMって・・・正確に再現するとSLのバトルじゃ使いにくそう

火器点検


珍しく朝っぱらからバトルのアナウンスがあったので人が居ないだろうと思って応援に駆けつけてみました。ここでバトルをするのは、半年以上ぶりかなぁ。使用許可されている銃器がとても少ないので、とりあえず使い慣れたTitan P90を使ってみたけれど、途中で弾が出なくなるとか変な動きをしていました。同メーカーのM468の方はメモリーを使い切って壊れてしまったんですけどね。Fキーの配置が未だにXRPS仕様のままだったので少し戸惑いましたがリロード操作なども難なく行えました。

しかし、もはやTitanの旧型(弾が複数Primで出来ていて着弾エフェクトのある物)では射撃が安定しない不安を感じます。そこで手持ちの銃器を少し点検してみました。もちろん新しい住居のSIMで、です。

TitanのP90 → 弾はしっかり出ているものの音と同期してない感じ。ときたま弾が止まって見える。うーん。
画像のP90 → これは以前に入手して、最初からエラーを吐く変な銃。アップデートがあったので新しい物に代えてみたところ、弾の出は若干良くなった物のマウスボタンから手を離しても弾が出続けるし動きながら射撃をすると倍以上の早さで弾が出てしまう、よくない作りは相変わらず直っていませんでした。おまけに新しいバージョンではサウンド再生にも問題があるようでtoo many soundのエラーを吐いていました。ほんとコレは使えない・・・。

別のP90(お手頃価格の某メイカー)→アップデートは特になくて、これもまた動きながら撃つと一瞬でマガジンが空になってしまいます。弾の出は安定してるんですけどねぇ・・・これも使えない。

ブルータルのP90を試してみたいなぁと思いつつ、最近は銃器を全然買ってなかったり ^^

ブリーチさんちのUziel君。最初に買った銃。V1.5になってた。
でもねぇ・・・音が変なんだよ~
これって9mmでしょ、こんな音じゃないと思うんだけど・・・。それにサイレンサー付けたときの方が音が大きいってどういうことだ!
おなじくブリーチのG18、こっちはやっぱりアップデートはなかった。
このまま見捨てられるシリーズなのかなぁ。
今のこのSIMで撃つと3連バーストでもFPSは全く落ちなかった。けれど、この銃の弾は以前の煙もやもや血糊べっちょり弾だから使うわけにはいかないね。

他の手持ちの銃は、ほとんど使わないし、まぁいいか。
自作の銃がシンプル故に一番安心して使える。
MH+ ARMSは無名メーカーだけどロストシティとか認可してくれてるRP-SIMもあるからね。

速攻で買い手が・・・


自宅敷地の海側隣接地、好条件と納得価格ゆえに早速に買い手が付いたようです。
MAPで見るとまだSALE中に見えるので、つい先程に売れたのかな。このため白いヨットハウスが消滅して、広い景観になりました。
新しいオーナーさんは、なんか転売屋みたいにも見えるのですが、土地が売り状態にはなっていなかったので住居にするのかも知れません。まぁとにかく、この建物の裏側ならいいやと思って購入した土地だったので、その建物が消滅してしまったので隣接地に新しくどんな建物が建つのか気がかりです。超高層ビルが建ったりとか、そんなのだったら嫌だなぁ・・・。

さーて何を作ろうかな・・・


Linden公海にしては美しい海底だと思います。ノーチラス。
公海だから、ずーーーっと泳いでいても "No Entry" の柵に当たったり、飛ばされたりしないところがいいですね~。prim overになって分解したりもしないし。
 
海中でのトレジャーハントとかやれば面白いかも。
釣りとかもしたくなりますね。
でも所詮はSecondLife。無意味な行為なのでしょう。

SecondLifeに何がないか。生活がシステム的には用意されてないように思うのです。
MMORPGなら、アイテムを集めて売却して金銭や別のアイテムと交換したり、アイテムを元にして別のアイテムを作ったり(生産)などの仕掛けがあるのですが、SecondLifeにはシステム的なアイテムは何もないですからね。
よくMMORPGなどと比較してアイテムを販売して合法的にリアルマネーを得ることが出来るとか言われていると思いますが、対象となるアイテムがそもそも全く違うものだというのに同一視されている気がしてなりません。その世界で得たアイテム、もしくはその世界でシステム的に生産されたアイテムと、ユーザーが独自に作ったアイテムは違うと思うんですよね。
SecondLifeのアイテムは、この世界にユーザーが持ち込んだものであってシステム的に用意されている物じゃない。
アイテムを得る為に何か行動をしなければならないということも全くないので、生活というものが存在しない。
だから街には人影が無いのだと思います。
過疎とかではなく、そこに居る必要がない為、そういう結果になっているだけじゃないかなぁ。

 
製作用の小屋も復活。
さて、何を作ろうか。
何かを作らないといけない世界なのか・・・。
使う宛のないアダルトなアイテムなんて作る気もしないし。
相変わらず製作にたいして乗り気じゃないんだよねぇ。
それが単に暇つぶしの為の行動だと分かっているから・・・。

アイテムではなく自分の世界を創造するなら
やっぱSIMを1個手に入れるか
open-SIMでも立ち上げるかして
広大で自由なリソースを確保するしかないんだろうね。




ついに売りフラグ


まさか売らないだろうと思っていた自宅敷地に隣接する海側の区画がSALEに・・・。もーちょっと早く売りに出してくれていれば借金してでも買ったのにぃ~~。
(まぁそれでも高価ですが)納得のいくお値段で売られています。
景観が良いだけでは他にも良い物件はあると思いますが理由はそれだけではありません。
よーくこのSIMを見てください。
他のNautilus市と違って、このSIMは分譲地が9区画しかないのです。
このため全ての住民が最大Prim数で頑張っても468×9 = 4212で、4212 + LindenのObject分がSIM全体の使用Primになります。
他のNautilus市だと12~25区画が1つのSIMに収まっているので、それらと比べてとても希な条件のSIMだと思います。

L$が余っているそこのYOU。買ってみてはどうかな?
別荘には超最高だと思うよ。

Linden純正


SIMのprotect海部分を散策してみました。
海底に沈んだ遺跡のようなもの
ふわふわ動いてるクラゲや大きめの魚たち
なんか見えない海底の部分にも様々な物が作られているようです


乗れる亀も居ました。
あまり広範囲には動いてはくれないみたい。


クマノミと熱帯魚みたいな魚の群れ
このSIMだけでも色々とあるので
ダイバーな方など大陸全土を潜ってみるのも面白いかも知れませんね
きっとMAPでは写らない色々なものがあるような気がします。
こんなにいい海だと、ちゃんと水着かダイビングスーツに着替えたくなりました。


場所を紹介してもらったけど・・・

Twitterでブツブツと呟いていたら、日本語を話すMistressが居るよ~って RES貰ったんだけど、あとから出来た日本のBDSMクラブっぽい感じでした。日本語を話す人を探してはいるものの、日本のBDSMには興味はありません。ましてやグループとかでのGroup-Useや単なるShareは好みません。あくまでも「飼い主の為だけ」で居たいのです。Private Slave(or Sub)ですね。
主催の方のメッセージに **NO DRAMA**NO RP**と書かれていました。
ドラマでもRole-Playでもなければ、リアルライフ中心なのでしょうか?。
問題を起こしやすいので*NO DRAMA*は分からなくもないですが、*NO RP*であると誰もMasterにもSlaveにもなれません。
役割が無いのならPlayは成立しないと思うのですが、なんとも不思議な注釈です。

やはりセックスの延長であると考えがちな感じなのでしょうね。

そんな日本ライクなSMには惹かれない。
国外でこの手のタイプはBondage-SEXと呼ばれる類。
セックスが中心であってBondageはオマケ的要素でしかない。

やっぱGoreanが一番わたしの想う世界に近い気がする。
でもLeatherやLatexな衣装も着たいんだよね。

ちょいと地元へ・・・


土曜日に日帰りで京都に行ってきた。
画像の場所はなんとなく撮影したJR小倉駅。
観光じゃなくて私用。
京都は地元だから観光なんて洒落たことは思ったりしなかったり LOL。
用事があったのは宇治の方面。
初めて奈良線に乗った。
単線だなんて知らなかったよ~。
たまたま みやこ路快速 というのがあったので乗ってみたらゴーカートみたいで少し驚きました。けっこうなスピードで民家スレスレに敷かれた単線のコーナーを走るんで、「大丈夫か、これ?」って思ってしまった。 LOL
ちょっと離れてるけど京都市営の地下鉄東西線が走るので、ややこしい。頭の中が東京のJR東西線と混同してしまう。
あの地下鉄って距離じゃなくてバスみたいに区間で料金設定してるみたいで1駅だけ乗ったのにかなり割高に感じました。

SEUさんのセーラー服


MOMOIRO island が閉鎖してから、購入できなくなっていた、
SEUさんの「めくれるセーラー服」があたしのうちで買えるように
なりました~~

SEUさんから「どこで買えるのって?」問い合わせが多いから、
置かせて~~って言われたの~~

これでやっとMOMOIROの臨海学校らしくなったかな~~?
弓道部の合宿所って感じもするけど^^

ん~~そっか~~~
そのコンセプトで少しずつ整備してってみようかなぁ?
あはは

そういえばMOMOIROでグループ通知が流れたらしいんだけど、
なぜか受け取れなかったんだよな~~??
どうしてだろう?
ん~~
まあいっか~~

グループ通知のおかげで、お客さんが多くってさ~~
せっかくだから、MOMOIROにあったみたいに、待ち合わせ場所みたいの
つくろっかな~~

痴漢のお相手を見つけられるように~~
痴漢バスも改造中なんだ~今は地上に着くと消えちゃうんだけど、
人が乗ってる間はずっと飛んでるようにしようかと~~
この土日に何とかしなきゃな~

場所は、右のあたしのSHOPね~~

へへへ、買っちゃった (main shop is moved)


ついに ねんがんの 作業場を兼ねた土地を てにいれた♪
きちんと区画整備されたLindenのLDPWな土地 Nautilus。
今時こんなアホ高い土地に手を出すのは、やっぱり馬鹿な日本人しか居ないと思う。(周辺にはかなり日本人オーナーな土地が多いです。)維持費がSQM比較で安上がりになるとはいえ、初期投資を回収するまでには数年住み続けることになりますね。

それでも昨年の同月よりは、かなり値下がりしている模様ですが、安く売る人が出ては転売屋が買っていくの繰り返しのようで、なかなか一気に値崩れとはいかないようです。一区画だけ例によってLindenが買い付けてオークションに出すという値下げ作戦?の対象になっていますが、まだまだ高値には変わりがないと思います。全体的にBay Cityよりは価格が安いんですけどね。


島の全体は、こんな感じでBlake Seaに繋がっている遺跡の古代都市です。
このためヨットなど帆船が通過することがあります。
Bay Cityと違って殆どの区画が1024サイズの四角い土地の切り売りです。
区分はMainLandなのですが、僅かな人しか住めない高級分譲地ですね。
Zindraで土地を買うか検討したのですが、やはりZindraだと海の部分が他の大陸と隔離されている状態なので、ほかの大陸と海続きであるところに魅力を感じました。
 
新しい我が家の周辺です。
なーにもない。
だーれも住んでない。
3軒ほど家が建っているのですが、ほぼ人影無しです。
手頃な物件もあったのですが(最安値だと38500L$1/15現在)
この場所がロケーションや各種条件とも非常に気に入ったので購入に踏み切りました。

そう、PTボート(ラグーン号)に乗り込んで、そのまま大海原へ出航するという場面を再現する為には海岸線沿いで公海(Linden地)まで直結である必要があったからです。まぁ、そんなことも出来るかなぁと思っただけ。

一見するとNautilus島は海岸線沿いの土地が多くあるように見えますが、その殆どがLindenのprotect SIMになっているので、居住地に海岸線を含む土地は、極僅かしかないのです。そのなかの1つがこのSIM。
何もないSIMであること。2/3ぐらいがProtectな海部分なので、Objectもこんなに少なく、スクリプトも3桁台しかありません。(私が引っ越してからスクリプトは増えてしまいましたが LOL)これだけObjectが少なければ、アイテム作成にもラグなどの支障が無く快適に作業が出来そうだということが購入の決め手となりました。Zindra区域だと商用で使用する目的の人達が多いからObject数やスクリプト数はこんなに少ないのはあり得ないことでしょう。価格的にはZindra大陸のDouble-Prim地域はとても魅力だったんですけどね~。Zindraだと周辺の環境が、たとえ現状は良くてもスグに変わってしまいそうな気がするので・・・。

同SIM内では数少ないEveryoneでRez可能な土地となっていますので、Nautilus島で船を出して出航したいとかの方も利用しちゃってくださいな。空港は無いので水上機がお勧めです。







お得物件(zindra)


先日記事にしたZindraの2048 Double-primは、買い手が付いたようで売れてましたよ。その近くのSIMの同じくDouble-Primの1024でお値段10万L$の土地もあったんだけど立地条件が良すぎなので、それも売れちゃってました。

でも、もっとオイシイ物件が放置されているので、クラブなどの設置を考えてる人だけでなく転売屋の方にもよさそうな物件。
売り設定されてるのに2x-primって説明が書いてないから売れ残ってるのかなぁ・・・。

そう、またまたDouble-Primの土地なのです。
広さは4096SQRで、価格は100,000L$。
鉄道の線路沿いの縦長の土地。

だけど、このSIMの設定を見たところ Double-Prim地区なのに、なんと分割・統合可能になっていました。
そう、買い上げて切り売りすることも可能なのです。

地上げ屋の方々、買っちゃいなよ!

 

3方向とも敷地が隣接してしまってるから居住用としては人気が無さそうですね。
微妙に海にも遠い位置だし・・・。



行列ができる店


いやはや大人気 :) キャンプが盛んな頃のパンダマートみたいな状況。群がってるのは、お店じゃなくて以前紹介したPPRSyatemのボード。特にこのような日払いで10L$とかの場所は競争率がとても高いです。そんなにガツガツしなくても週払いで50L$とか、100L$などのをのんびりと狙うのもいいかも。
日額5L$ぐらいなら時間にかかわらず毎日でも貰える場所もありますよ~。支払い情報未登録でも利用出来る場所だと初期アバターが山盛りですね。次から次へと涌いてきます。
まぁコレで借りているストレージスペースの代金程度は賄えているので助かってます ^^

すごくいい物件


引っ越し先の捜索中でZindra大陸(Adult)にてよさそうな物件を見ました。
Double Primで3方向protectな2048の土地が46000L$!
2048サイズで4096と同じだけPrim使えます。つまり936primですね~。現地でLag計測をしてもObjectはやや多いけれど良好でした。
なので買い上げてクラブでも開店しようかと思って相談してみたけれど、集会場のようなお店には興味が無いようで、とってもお得に見えるんだけど諦めようと思います。

クラブなどを開こうと思っているYOU。買っちゃいなよ!



ちなみにZindra大陸でDouble Prim設定のあるSIMは、上記の画像の斜線の部分のみです。
あとで拡張された部分のZindra大陸(南半分)には全く無いようでした。

50000L$程って聞くと えぇーーって思うかも知れませんが、特殊な土地なので10倍以上の価格が普通だったりします LOL
でもねぇ、50000L$って日本円換算で16500YENぐらいなので、ちょっと考えさせられてしまいますね。やっぱり通常の土地にすべきなのでしょうか・・・。

ま、クラブ用途という突飛な考えは諦めて、販売用のお店兼、作業場という方向で土地探ししたいと思います。


変わりゆく風景


うちの倉庫(赤い丸の部分)の近所だけど奥(北方向)にあったレンタルアパートが引き払ったようで一気にObject数が減りました。軽くて快適だったりします。自分の土地に隣接する北側の部分もいつのまにかabondanで空き地になっているので、相変わらず3方向とも何もない状態です。レンタルアパートのあった部分の土地は、画面中央のカフェ屋さんが買い取ったみたいで端の方の土地をレンタルしているようでした。ここのSIMはMainLandですが、以前に海岸線全部を日本人のデザイナーさんが所有していたようで、それなりに由緒ある場所のようで、再びSIMの大部分を日本人オーナーが占める状況に変わったということで、今後の展開がどうなるのか少し気になります。


倉庫の反対側(南方向)も南東側SIMにあった住宅展示場(1/2 SIMサイズ)の部分が、ごっそりと売却済みになり、この方向を見ると丘の上の山小屋状態になっちゃいました LOL(画像は描画距離320mで撮影)

そんな周囲の状況の変化があって、居住地としてはMainLandのくせに快適なのですが、やはり手持ちの土地が512SQRサイズだと何かと不便。というか高Primな物は作れないので、近々お引っ越しを考えています。隣接する土地を買い取ってもあまりprim数は増えないので、探している物件はMainLand(Mature or Adult)でDouble-Prim設定の土地で1024サイズ。これがなかなか高値なので手が出しづらいのですが、広い土地が欲しい訳じゃなくて、ある程度のPrimを確保したいだけなので、長期的に見れば投資額も回収出来るとの見込みでDouble-Prim土地を色々と見て回ってます。即金では買えそうにもない価格なので、まだまだ貯蓄の段階ですけどね~。
そう、銃器を作れる場所が必要なのです・・・。
ただしDouble-Primの土地はLinden的にはボーナス要素の価値はなく、あくまでも所有面積のみなので立地条件による客観的な付加価格しかないため、ほんとうに価値があるとは言い難いですね。

登録はしたものの・・・


Slave Registerに登記しました。
商用目的ではなく、現在Freeで、誰にも所有されていないという証の為に・・・。
数字で呼ばれるのは嫌だけど、表示名への変更作業は一度しかできないらしいのでそのままにしてあります。数字表記のまま利用している人もかなり居ますね。
私を飼うことになる人はここにOwnerとして名前を刻むことになるでしょう。
もしくはCollard on の日付と共にDominanceとして記録されるでしょう。
本来はDom側が「わたしのものです」と公に宣言し証明する為に利用するのかな。まぁどっちからでもありだと思います。登録番号でWEB上の電子キーとかに連動などの仕掛けはありません。単なるお互いの証明のみです。なおalt.comみたいな出会い系ではないので登録しただけで何も起こりませんよ。

あとはプレイをする相手を見つけるだけだけど、これが一番難しいですね LOL
RLならまだしもSecondLifeだから、なかなか日本語を話す人に出会えません。アダルト関連用語がWEB検索(セカンドライフの)からフィルタリングされてるので誰かが偶然に見かけるということも以前と違ってあり得ない。先日も見知らぬ通りすがりの人に「ここのクラブとかどう?」ってLM貰ったりしたけど、日本語でプレイするのが望みだからねぇ。

出会い系SNS併設のアダルト専用3D仮想空間はまだまだ健在!


アダルト専用3D仮想空間としてREDLIGHTCENTERは各方面で紹介されているので割と知られていると思います。このアダルトな仮想空間と出会い系SNSのUTHERVERSEがセットになっていることは表面化していないように感じます。(それほどRedlightCenterが強烈なイメージがあるのでしょうか・・・)
Red Light Centerのsecondlife支店について記事にしているTHE SECONDTIMESでもSNS部分については触れられていません。utherverseについて検索してもX指定オンラインゲーム会社がアダルト専用SNSを立ち上げたと小さい記事があるだけです。以前に見たときは、どちらも分かれて独立していたように思うのですが、いつのまにか合併して機能している様子です。
(アダルト出会い系の直球だから何処も記事に出来なかったのかも知れませんね LOL)

もちろんアダルト専用ですからノーマルな行為からBDSM系なども表現出来るようです。SNS部分の検索条件にBIやBDSM、COUPLEなども存在してさすがにアダルト向きだなぁと関心。ゲームなのでSecondLifeのように全て無料でやり過ごすというのは無理なようで、最低はVIP月額の20USDは必要みたい。

こちらはSecondLife内のRedLight Centerの場所。SecondLifeユーザーとの社交場らしいですが飾られている画像はRedLight Centerのスクリーンショットのようで、宣伝用途って感じですね。土地がMature区域の為か誰もアバターは見かけませんでした。

アダルト向けと言われると色眼鏡で見てしまいがちだと思いますが、これってSecondLifeを利用せずに3D仮想空間を使ったサービスの1つの形態だと言えなくはないでしょうか。まぁリアルな造形を持つ3Dってだけで肉入りMMORPGじゃん、とも思えなくはないですが・・・ LOL。
現在では専用のオンラインシステムを構築しなくてもopenSIMを利用して、それぞれ特化した仮想空間付きサービスの実現が手に届くところまで見えてきていると思うので、いつの日かopenSIMが安定稼働し、openSIMでSecondLife本家と異なり独自の機能を追加出来る仕組み使った面白い仮想世界が出てきたら楽しそうですね。


やっぱ本物はいいねぇ


何気なくYoutubeを見ていたらGwenMediaのオフィシャルアカウントらしいユーザー発見。
一昨年の動画みたいだけれども、やっぱしいいですねGwenMediaは。
裸体の美しさとは違ってLatexなどによる矯正した妖艶な造形美。

痴漢バスRezer~納得いくものができた~~


こんなものだけど、買ってくれる人が一人でもいるとうれしくって~~
イギリス人のお友達が、ノートカードの英訳もしてくれたから、
日本語版と英語版を選んでREZできるようにしました~

ペアで座ると、痴漢か被害者かを選択できるようにしたし、
後は視点操作がうまくいったら良いんだけど、ちょっと難しくって^^

ZINDRAのお店にはデモも置いてあるから、試してみてね~
二人で行くほうがお勧め~~

説明書はこんな感じ~~

<instructions>
. By touching the bus stop (this can be 2 prims or 1 prim is possible too) will rez the molester bus (30 prims). Once rezed the bus will travel approximate 5 meters and stop.
(A maximum of 1 bus can be rezed at a time)

. The molester bus will not move. It could be driven but molesting and driving at the same time is not a good idea ^^.
(The bus can move on autopilot so if some one wants to move the bus them self please contact me. I can make the bus travel in a circle easily. Any thing complicated you will have to come and discuss further with me.)

. The basic bus is to be used for two people so the first two riding will be able to use the pair mode.

. The rez position can be adjusted although the bus must be no more than 10 meters away from the bus stop. Please adjust the note card (Posrotdatas). On the first line (default <9,-3,-0.5>) is the position the bus will rez away from the bus stop. The second line (default <0.0,0.0,180.0> ) is the direction of the bus.

<説明>
・バス停(2プリム・・1プリムにモデ可能)をタッチすると、痴漢バス(30プリム)がREZされます。バスはREZされると約5メートル進んで止まります。
(バスは1台ずつしかREZされません)

・痴漢バスは動きません。普通の車みたいに動くようにしても良いんだけど、痴漢しながらの運転は事故のもとです(笑)
(オートパイロットで動かすことは可能なので、動かしたい人は私まで個別に連絡ください。円軌道ならすぐできると思います。複雑な軌道は要相談かな~~)

・基本は二人で使うと思うので^^、最初から二人で座った人たちだけ、ペアモードが使えます。

・バスのREZ位置は調整できます。ただしバス停から10メートル以内に限ります。ノートカード「PosRotDatas」を修正してください。1行目(デフォルト<9,-3,-0.5>)がバス停からの相対的なREZ位置、2行目(デフォルト<0.0,0.0,180.0>)がバスの向きです。

<How to use the bus>
1. Please sit on the bus, touching anything other than the door will sit the av.
(The front and back doors can be opened by touching)

2. Initially the av is standing in the passenger waiting position. Now touch the bus and choose the next position.
(pair mode is {Molester and moles tee} in that order. There is the option to swap places in the (OPTION) menu.)

3. Once seated the camera will be in the drivers position. If you want to view from another angle hold (Ctrl +ALT+mouse drag) to change views. Pressing (ESC) will return you to the original position.

4. Pressing the (Option) button on the top menu will enable you to make the walls of the bus invisible. The sound of the engine can also be turned on or off and this note card can also be given to the user.

5. If the people seated stand up the bus will vanish after 5 seconds.

<バスの使い方>
1、バスに座ってください。ドア以外にタッチすれば座れます。
 (前後ともドアはタッチすると開きます)

2、まずは「乗車位置」に強制的に立たされるので、もう一度バスをタッチしてポーズを選んでください。
(ペアモードの時は「痴漢>被害者」の順で二人とも座ってからタッチしてください。「Option」ボタンで役割交代は可能です)

3、座ると同時に視点は運転席の足元に固定されます。他の角度から見たい人は、「CTRL + ALT + マウスのドラッグ」で視点を変えてみてください。「ESC」でまたもとの視点に戻ります。

4、右上の「Option」ボタンで、各壁の透明化が出来ます。また、役割の交代、エンジン音のオンオフ、このノートカードの取得などが出来ます。

5、座っている人がバスから立つと、5秒後にバスは消えます。

<About the menu>
.The pair mode and single or (more than 3 persons) mode each have different menu options.

.In pair mode the molester and moles tee each have a different set of menu options.

.The pair mode has 10 different options excluding the driver mode.

.The single mode has half as many animations as the pair mode.

<メニューについて>
・ペアモードと単独(または3人以上)モードでは、メニューが異なります。

・ペアモードも痴漢側と被害者側では名前が異なります。

・ペアモードでは10通りの組合せ(乗車位置を除く)があります^^

・単独モードで、試せるアニメはペアモードの半分です。

WEBサイト併用のSecondLifeにおけるdatingサービス


SecondLifeを利用してのdatingも1つの利用形態として存在していますね。簡単な仕組みならdating専用のグループや場所などを利用して実現しているのだけれどSecondLifeの特徴(仕様)として同時に多人数の使用には耐えることが出来ないので外部WEBサイトなどを併用したものも少なくない。とりわけアバター性別、外見などに重点を置いたものよりもリアルライフの情報を前面に出したdatingサービスが多いようです。いわゆる出会い系なのですが、仮想世界のみと割り切ったスタイルは、まだまだ受け入れにくいものなのでしょうか。

in-wolrdのみのものは沢山ありますが外部にWEBがあるSLでのdatingサービスのみを抜粋してみました。

http://www.secondlifepartners.com/
→WEBのみ。利用されているようには見えないような・・・。

http://www.datanta.com/
→WEBのみ。圧倒的に男性が多い。一見では普通のDatingサービスに見えるが、地域の選択にSecondLifeが混入されている

http://www.avmatch.com/
→WEBとin-worldでの拠点あり。SL専用でアバター名非公開式。RL情報の掲載は任意。アバターの性別中心。

http://www.linkedprim.com/
→WEBとin-worldでの拠点あり。コミュニティーサイトですがcommunity / advanced searchより登録されたSL/RL情報の検索可能なので希望の相手も探すことが出来る

http://www.sweetheartsjazz.com/
→WEBとin-worldでの拠点あり。datingについてはsinglis向けに別途 http://date.sweetheartsjazz.com/ というサイトがある。SL/RLに関しては混在状態

http://www.slprofiles.com/
→WEBのみ。コミュニティーサイトですが検索条件(plofile)に性向の項目もありdating用途も考慮されていると思える。SL/RL両方のplofileを公開可能


サービスの数が少ないように感じるかもしれませんが、いろいろと仮想世界が存在する昨今でSecondLifeのみこのような特化したサービスが展開するというのも可能性の面でも他とは違ってSecondLifeはアドバンテージを持っていると思えますね。

Popular Posts of the Month