MH+ ARMS M11/9 mod upper

M11/9 mod upper :
9mm PDW(Personal Defense Weapon) System.
inspired by Calico firearms 'AKA Calico MAC'.
//
ようやく出荷開始しました。
SLMの配送トラブルが多いのでin-worldで入手する方がいいかもー。まぁ相変わらず販売することは前提ではないので、これまた売れる売れない以前に「ほぼ誰も知らない」という種類の物であることには違いないでしょうw 現実世界にモデルガンなどが存在せず、ゲームや漫画ですら登場しない銃器達をSecondLifeで再現してニヤニヤするのがうちの商品の特徴ですLOL

このモデルでは中身も今までとは違う構成となる第1弾でもあります。
MH+ ARMSでは中身の構造から大別して
G1系 (AKMS, AMD65, TKB059などのAK系)
G3系 (m45/BE, AKABA, PP90M1, M3A1, V1046R)
H1系 (SAC SR-16, SAC M4A1 SOPMOD)
という中身の系列があったりします。セミオートのみの物は特に系列立ててはいません。

今回採用した構造的な面ではH1系の改良型という構成になりますがトリガーまわりがG1で連射制御と弾RezがH1の改良版という感じです。なんのこっちゃーw と意味不明かも知れませんが体感できる部分ではG1系故に「方向キーを同時に押していると若干、弾の出が多くなる」という癖や撃ちまくっても殆どCPU時間が変わらないH1型の静かさとかかなぁ。言い換えるとG1型により近づけたH1型という感じです。

まぁそんな内部的な部分は見えないので具体的に体感できる従来製品と異なる特徴を述べると
●全ての弾をフィルター弾とした
このため弾Rez位置を定置分散する必要が無くなりピンポイントからコーン状に分布という球筋になります。ただこの方法だと弾が当たる対象について殆ど同じ位置となってしまうことから、ほんとうに当てやすいのか実戦での使用での懸念はあります。
●複数再生を前提とした新しいAO
従来のMH+ ARMS製品の銃器は「手持ちの好みのAOと銃を併用して使用する」という考えがあったので自前AOで足腰などは好みに再生し、照準姿勢など腕部分等の必要最低限部分のみ上位優先度のアニメで上書きするという使い方に適した物でした。しかし実際にはRP-SIMなどでAO併用禁止という場面が多く銃器に内蔵されている物のみ許容するというルールであるとき、銃そのものに一式のAOが入っているほうが便利ということで全面的なAO方式としました。また単一アニメ再生方式ではなく動きに合わせて複数アニメ再生方式としています。
●とりあえずリサイズ対応
no-mod品に望まれるリサイズ機能をとりあえず搭載してあります。けれども衣服とは違ってプリムの接合部での微妙なズレが強く外観を損ねてしまう恐れがあるのでリサイズは推奨しません!
●連動するSLINGモデル
オプション類の展開が本体と同期します。またSLINGモデルからタッチ操作でのDraw連動もします。(従来まではチャットコマンドを同時に拾うことで動作させていました)
●CastRayを使ったレーザーポインター
巨大プリムの恩恵を!ということで固定ではなく最長で32mまで伸び縮みするLAMが付いています。単なる飾りなので命中精度が変わったりとかはしません。
●慣性補正機能が付いた(Inertia function)
これはSAC M4A1 SOPMODに付けていた機能ですがほぼ同じものを搭載してみました。私的には慣性補正がないアイテムの方が好きなんですけどね。もちろん機能のOn/Off可能。

Looking for mistress (private/japanese) in SL

【飼い主様募集中】BDSM-RPでの恒久的な奴隷が飼いたい人は居ませんか?日本語が話せる外見humanのfemaleアバターに限ります~
って日本語でapplicationを公開登録するような適切な場所が思い浮かばなかったのでclassifiedに出してみました。特に日本時間限定とか書かなかったけど日本語が読める人なら大丈夫なんじゃないかなぁと。下手に全部英文で書くと日本語を話せる人を希望しますって強く書いても特定の言語のみしか話さない人が来てしまうので。まぁそのぐらい自我が強くないとMistressとか務まらないと思わなくもないですけどねw 現在の飼い主様と終焉を迎えたわけではないのですが都合により終了する方向に進んでいて、一緒に次の飼い主を捜して新しい主に鍵の状態など全て引き継ぐということになっていたのですが、年末からずっと逢えずじまいで音沙汰無しの為、とりあえずは単独で新しい飼い主を捜すことにしました。もしかしたら何か一身上の事故でもあったのかも知れませんが、ないと信じています。なにかあったとしても直接的に逢えないのですから私自身が元気で過ごすことが一番良いだろうと思うからです。

外から見るより詳細な情報

以前アバターのラストネームをコレクションしているサイトを紹介しましたが、ご存じの通りLast Nameは廃止となり(全てがResident姓)となった今では過去の記録でしかなくなってしまいました。それでもLast Name毎に多角的に分析された情報は役立つかも知れませんが単純に数だけを累積している別のサイトがあったのでちょっとレポート。

サイトはObiJan Technologiesの運営によるものでアバター毎の色々な統計情報と各Regionの情報も色々と見ることが出来るようになっています。

■アバターに関する情報としては
Avatar Statistics Report
-Recent Signups
-People having a birthday
-Recently seen people
-Top 50 Most Popular first names
-Top 50 Most Exclusive last names
-Top 50 Most Popular last names
-Recent custom names
-The Linden Family
-Oldest Non-Linden Members
-Stats: Payment status
あと部分一致でのアバター検索もありました
-Second Life Avatar Search

■Regionに関する情報としては
Region Statistics Report
-Recently added regions
-Recently removed regions
-Stats: Region Ratings
同様に部分一致でのRegion検索もありました
-Second Life Region Search

何れの情報も「なにかの契機で累積、更新している」という状態のようで完全ではありませんがそれでも興味深い情報だと感じました。

これはアバターの姓 "hirano"の一覧の先頭100個の画面です。このサイトではhirano姓のデータ保持は700名チョットと表示されました。先の slnamewatch.comではデータ上は4000名は居るらしいのですが現在もアクティブなのは700程って事なのかも知れませんね。数値の大小は あまり信憑性があるとは思わない方がよさそうですが参考としては充分。アバター名個別表示の画面ではUUIDや同じ名前の人の数も知ることが出来ます。


こちらはRegionの情報です。実サーバー名やIPアドレスに加えて接続しているSIMの名前と同じサーバー(同IP)の一覧も知ることが出来ます。これによるとウチの自宅区画のあるSIMは2つしかSIMが無いのかな。なんかちょっと嘘っぽいけどw

こちらはHarukiちゃんの庭先があるSIM。同一のSIMが3つ(合計4SIM)構成であることが伺えます。

Region情報の同一IPについては別のサイト(free-lsl-scripts.com)でも知ることが出来ますが情報の見やすさ(というか単に情報が新しいだけかも)ならこのサイトの方が好感です。どういう場面で同じSIMを知る必要があるかは、ラグが酷いときなどに自分のSIMに原因が見つからないとき、もしかしたら同一のサーバーで実行されている別のSIMに原因があるかも知れない。とかを知る手がかりになります。情報の正確性については何の保証もないですけどね。末長く運営してほしいものです。大切に使わせていただきましょう

MH+ARMS 色が付きました。

新年あけましておめでとうございます。


ようやくテクスチャを貼り終えました。 まぁいつもの如く色づけは超適当なのでのっぺりした安っぽい物になっていますw それでも今までの作品よりはましなほうじゃないかと思う。

サイレンサーが付くと、こんな感じでちょっといい感じかも知れません。


マウスルックだとこのように見えるんだと思います。頭でっかちな銃で、重量バランスが悪そうですね。
あとは見た目でオプションが何もないから動作するようなら汎用のレーザーポインターでも付けようかな。


Popular Posts of the Month