OpenCollar

自分のLand付近にいたら、こんなLindenキャラに遭遇しました
ハロウィン専用キャラなんでしょうかねぇ。
まったくこーいうお祭りは、かなり好きっぽい人達ですね lol
海外のハロウィン祭りにでも乱入してみたいな。



■Open Collar
またまたFull permissionなCollarのようです。
名前もOpenCollarというもので、もちろん L$0のFreebies


初期状態では普通の単純なCollarですが
ちゃんとテキストラベルも付いていて、しっかりしています。


内蔵のスクリプトも、ごらんの通り全てFull permission!!

特徴としてはFull permでFreeなのにAuto update対応で
新しい物があれば、自動で配信してくれる様子。
(ちゃんと新しいVersionも受け取れました)
そしてKiss/Hugも内蔵しRestrainedLifeにも対応。
RLVコマンド操作はRelay任せの感じがしなくもないけど
売り物のレベルにほど近い内容のように思えます。
変わった点は、各種状態の設定内容をメモリーではなく
HTTPを使って外部のWEBに保存するようになっていました。
FreebiesのCollarとしては必要充分な機能があると思います。
オリジナルのCollarを作るぞ!とかスクリプトを学びたい人にも
参考になるんじゃないかなぁ。
さらっと見た感じ、とても綺麗にソースは書かれていましたよ。
(私的にはHTTPの処理は、あれじゃちょっと弱いと思ったけど ^^)


■Simple Leather Cuff SET
こちらはFreebiesのCUFFセット
レザーCUFF仕様でCollarも付いて9点物です。
なんかテクスチャの作者をウリにしていました。
まぁ有名無名にかかわらずオリジナルデザインというのは良いですね。
OnRezのみでの配布のように見えるので貼っておきます。
実際に試着してないのでLM/LG対応なのかは不明。

Copyとmodは可能なようです。

RLVの雑学

リアルなサボイアは乗りにくいので
ちっこいサボイア(乗るタイプ)に、でかいサボイア(着るタイプ)で快適なフライト。
でかいサボイアは普通に乗るとprim数が多いのでSIMを超えるときに
よくすっ飛んでっちゃって居なくなっちゃいます。

■制限はアイテムのUUID単位で扱われる
→たとえばCollarとCuffが「Detach抑止」の機能を操作できる場合
Collar側でDetach=nと設定したとします。しかしこの場合Detach=nは
その設定を行ったCollarだけ有効になります。Cuff側は何も変わらないでしょう。
Cuff側からはCollarに対してRLVの設定を変更することはできません。
 その理由は簡単です。別のアイテムからRLV設定の変更を出来るようにしてしまうと
せっかくDetach=nと設定しても設定が変更されDetach可になってしまい意味が無いからです。
 このように設定した制限がアイテム固有に働く場合は分かりやすいと思いますが
その他の制限も同様にアイテム個別に管理されるため、しばしば混乱することがあると思います。
 detach=y/n以外は、殆どがアイテム固有では無い制限です。
 テレポート抑止のtplocやsittp、sendimなどですが、同じ例でCollarとCuffの2つのアイテムが
あったとして、Collar側からsittp=nと設定したとするとCuff側ではその制限を設定していない為
sittp=yの状態であるように見えます。ところがRLVクライアント側では何れかのアイテムから
制限を受けている状態なのでsittp=nが働きます。この状態でCuff側からはsittp=yに見えるため
Cuffの機能で対象をObjectに座らせようとして失敗するのは、このように「他のアイテムから
制限を受けている」状態である場合が多いです。
 RLV対応アイテムの中には複数のRLVコマンドを複合して扱うものもあります。
たとえば「チャット禁止」とすると"recvchat"と"sendchat"を両方とも=nに設定したり、
CAGEなどはLockやCaptureという操作の中に"tploc"や"unsit"など含まれる場合もあります。
 どのアイテムがどのような制限を行うかを知っておく必要があるでしょう。

■制限はLOGOFFで消滅する
→RLVの機能で設定される各種の状態はクライアントには一切保存されません。
再ログインで以前の状態が継続しているように見えるものが多いですが
それらはログインしたときに再び投入されたRLVコマンドを出力しているのです。

■アバターのUUID単位で機能するコマンドがある
→「例外」の設定のみアイテムのUUID単位ではなく、アバターのUUID単位で機能します。
たとえばCollarとCuffがあったとして、Collar側から例外の設定を行うと、それはCuff側にも
影響を与えます。また、Cuff側からCollar側で設定した例外を変更することも可能です。

■インベントリー操作は「フォルダ単位」
→アイテム単位ではなく、AttachもDetachもフォルダ単位で行います。
このため同じフォルダに含まれるアイテムは1度の操作で全てAttach(detach)されます。
故に、もしも同じフォルダに、装着箇所が同じアイテムがある場合は1つしか装着されません。
サイズ違いや色違いなどで同じフォルダに入って居ないか注意しましょう。
◎Layerの服も同じ事象が起こります。シャツが2つ入っていても1つしか装着されません。

■インベントリーフォルダ名やアイテム名に"("と")"を使わないこと
→これは隠し仕様なのか不具合なのか分かりませんが、アイテム名、フォルダ名に
"("がある場合、RLVクライアントは以降の文字を読込まないようです。
"~(Red)","~(Black)"などとアイテム名やフォルダ名を付けると
同じものであるとして扱われます。おそらく"(装着部位名)"として記述することが多いため?

■リネーム出来ないアイテムは更にフォルダを作る
→Attachアイテムはアイテム名に「装着位置」を記述することが前提となっていますが
no modなアイテムである場合はアイテム名を変更できず、そのままでは装着出来ません。
この場合は適当なフォルダを更に配下に作り、そのフォルダに装着位置を記述して
その中にno modなアイテムを置きます。この場合のフォルダ名は装着位置が分かれば
よいだけなので "New Folder(right foot)"とか、適当で構いません。

ゴルの襲撃者(その2)

まだ途中なんだけど、なんかすごい展開。

タールはさ、結局、タールを奴隷にしていたレンス族っていうのが、
全然別の奴隷狩りの奴隷商人に襲撃された隙に、女主人をつれて
逃げるんだよ。
(女主人というかこの時点では、もうタールの捕虜かなぁ)

しかも、奴隷だった自分に親切にしてくれたレンス族の子供が、奴隷商人
に殺されたことに怒って~~
100人以上の集団に一人で、じゃなくて元女主人と二人で、弓とかで
攻撃を仕掛けて、元女主人のサポートもよくって、勝っちゃうの~~
すごい強い!!

今までのタールなら、これでおしまいなんだけど、奴隷にされたせいで、
なんかくじけたというか、自分の醜さを知っちゃってというか、
やけくそというか、今までとはひとあじ違うんだなぁ~~

逃げ出した奴隷商人から解放した奴隷を部下にして、そこからカル港って
とこに脱出するのはいいんだけど、
奴隷だった自分をおもちゃにしたレンス族の女の子3人と、
なんだかんだで、元女主人まで、奴隷にして連れてっちゃうの。
レンス族はそのまま逃がしてあげるんだけどね。
主従逆転!!

そのあとのタールは結構すごいよ。
連れてった女の子たちに焼印を押しちゃうわ、
元女主人を苛め抜くわ、
海賊船長と戦って倒して、なんだかんだで部下を全部そのまま自分の
部下にしちゃうわ、
結構な貴族みたいになっちゃうんだよね~~
今までとは大違い。
でもなんとなくタールなんだけどね~~どっか甘いの~~

いまんとこそんな感じ~~

ハヂメテノRLV

■RLVとは?
 Restrained Life Viewerの略称で、改造クライアントの1つで
 (現在ではRestrained Love Viewerと改名されています)  
 BDSMなどのロールプレイの為に特化した機能を追加したものです。
 相手のクライアントに操作の制限を加えたり出来ることから、
 low-ageなアバターの保護も出来る(ヌードにさせないとか危険なSIMに
 行かせないなど)としていますが、まぁこれは建前ですね :3
 改造と聞くと後ろめたい響きがあるかも知れませんがSecondLifeのクライアントは
 Opensourceなのでこういった純正とは異なるクライアントは沢山あります。
 modなクライアントであってpiratesではないのでその点は安心して利用してください。

■RLVで何が出来るの?
 クライアントに各種制限を付けることが出来ます。
 もっとも代表的な制限は装着アイテムの「Detach抑止」でしょう。
 CuffやCollarなどアバターの装着アイテムを「Detach抑止」にすると
 クライアントを操作している人から自分で取り外すことが出来なくなります。
 こういったxx抑止系は現在では沢山あります。
 IM抑止
 Chat抑止
 テレポート抑止
 Sit抑止
 Map表示抑止
 ~などなど、最近追加された抑止系では、名前表示抑止とかもありました。
 (実験したところ、アバターの上に出る名前だけでなく、チャットログでの名前も
 A person,B personという名前に置き換わって、誰が誰だか分からなくなります lol)

 こういったクライアントにかける制限以外では
 着ている服のundressed(服を脱がせること)ができます。
 Primで作った服を透明にしたり、Touchするとdetachされるようなアイテムが
 あったりしますが、そのような仕組みではなく、クライアントそのものを操作して
 着ている服を脱がせるので透明な服などとはまったく異なります。
 身に付けているアイテム(服以外)も同様に、取り外すことが出来ます。

 また脱がせる・取り外すだけでなく「着せること、付けること」も可能です。
 インベントリーにある全てのアイテムでは無く#RLVという特別のフォルダ名を使って、
 そのフォルダの中にあるものは他の誰かによって着たり脱いだりさせることが
 できるという仕組みです。

 RLVで出来ることは、おおまかにこんなところです。
 全ての人に必要だとは誰も思って居ないでしょう。
 自分たちの楽しみ方を追及しているだけでしょうから・・・。


■RLVはどこで入手するの?
 純正のMarine Kelley's版はこちら
http://www.erestraint.com/realrestraint/
 派生版のCoolViewer版はこちら
http://my.opera.com/boylane/blog/


ハロウィンの


食欲の秋だからか初めてウォッシュタイプのチーズで
まるごと1個というのを買ってみました。
とても小さいサイズで意外と安かったけど
クリーミーでとても美味しい~
今まで切り身しか買うことがなかったので
まるごと1個というのは食べる前にどーやって切ろうか
ワクワクしますね。
こーいうのとか白カビタイプが好みです。



日曜日の朝方にLoginしたときの接続数です。
ついに70000台を突破していました。
ハロウィンの祭りシーズンで人が増えているのでしょう。

下の画像はSecondLifeとは関係の無さそうな
小田急の相模大野駅のハロウィンカボチャ。
それっぽい飾りはこれ1つだけなんですよね~。

そして、こーんな文末ですが
MH+RLVCの日本語解説書が欲しいとの声があったので
作ってみました。ファイルはこちらより取得してください。

ゴルの襲撃者(6巻)GET!!

やっと借りられた~~~
ストーリーは大体知ってたんだけど、いろんなHPで書いてあるじゃん、
でも読み始めて、やっぱすごいなぁ~

だってね、タール(主人公のかっこいい男の人)が、冒頭で
いきなり奴隷にされちゃうんだよ。
タールったら、名誉ある死より、不名誉の生を選んだことで、
くじけちゃってさ~~
すっかり心まで奴隷になっちゃうの~~

ご主人様はあたしみたいに、かわいい女の子~~~~
結構いい身分だなぁって思ってない?そこの男の子~~

それが結構大変なのよ~~
だってご主人様の指示通りにしないといけないんだよ。
あはは
タールもその子が好きになっちゃうみたいなんだけどね。
で、夜はその女の子にタールが「用いられ」ちゃうんだよ~~

「用いられる」ってわかる?
5巻にも出てきたんだけど、あたしこの表現気にいちゃってさ~~
こんな風に使うの~~

ご主人様   「今夜はヴェラを用いるとしよう」
ヴェラ(奴隷) 「はい、ご主人様。ありがとうございます」

後は想像してね~~~~~
今まで男の子の奴隷ってちょっとキモかったんだけど
(ごめんなさ~~い)
だから、男の子は奴隷に持ったことなかったんだけど、
タールみたいな男の人なら、いいかなぁ~~
用いてみたい~~~

志願者いる?
あはは

MH+RLVC v0.16 update

ということでベンダーの商品は新しいバージョンに変わっています。

RELEASE NOTES :
--------------------------------------------------------------------------------------
0.16 :
- add : inventory subfolder access.(if use subfolder, require RLV v1.13.x or higher)

0.15 :
- MH+ RLVC 1st release.
--------------------------------------------------------------------------------------


(日本語)
"MH+ RLVC"をご購入頂いた方へ。
製品のバージョンアップのお知らせです。
製品の本体を Mayumi Hiranoまで送って頂ければ
無償にて新しい製品と交換いたします。

なお新バージョンは0.16でRLV1.13以降でのインベントリーサブフォルダの操作を追加したものです。

MH+RLVC new version soon


RLV 1.12.xの仕様に合わせてデザインしたのですが
やはり1.13以降でサポートされるインベントリーのサブフォルダ機能が
使うと便利そうなので実装しました。
MAC版のRLVがまだ1.12.xなのでサブフォルダーを扱えるのは
Windows版とLinux版のユーザーのみになりますが
そのうちバージョンアップされるんじゃないかな。
機能UPしても、もちろんMH+RLVCは RLV1.12.xでも使うことが出来ます。

注意点としては
1.13.x以降でサポートされるサブフォルダ機能を有効にすると
フォルダ名に"/"が使えなくなります。
これはRLVでの仕様で"/"を区切り文字として使用するからです。

サブフォルダ機能を使えばRootフォルダだけでは1023文字分までしか
扱えなかったアイテムの名前の長さの制約が
サブフォルダ×1023となり、更にその下にもサブフォルダを作れば
ほぼ容量無限になります。
見やすくなって、文字の長さも気にすることが無くなることでしょう。

あ、先行してお買いあげ頂いた方には本体交換で対応する予定で
準備ができ次第ご案内の連絡をnotecardにて送りますのでお待ちください。

MH+RLVC is OUT


ついに発売です。
販売場所はOnrezまたはin-worldのOnrezベンダー
またはNetsuiKigyoのベンダーにて販売しています。
説明書を見なくても直感で操作可能な出来るだけ分かりやすいものを
目指して作成したつもりです。
もちろん、使用する為にはRestrainedLifeのクライアントである必要があります。
全ての操作はダイアログから行えます。(ただし、リセットなど特殊なものはコマンド起動のみ)
Touchには一切反応せず、特定のチャンネルからのみMENUを起動することが出来るので
チャンネル番号を誰かに教えない限り、とても安全に使うことが出来ます。
コマンドの入力が煩わしい人向けに起動用のHUDも付属します。


MH+ presents:

===========================

MH+ RestrainedLife Viewer Controller

===========================

The MH+ RLVC (restrained life viewer controller) is a single prim wearable controller designed for subs and thier owners to easily restrain them in Second Life. Designed speficially as single point full range controller, the MH+ RLVC provides virtually all* RLV functions, with a single button push.

Features include easy to navigate menus and clearly presented commands for the novice user to expert. Functions are grouped together so finding the right command is simple and intuitive.

Features include:

- Keep Sit feature to automatically resit your sub when they log in/out.

- Status displays on each menu, so you know what is set at a glance.

- Owner registration.

- Protected mode or Everyone access mode.

- Selectable communication channel for security.

- Easy to use single prim sub-HUD or two prim Owner-HUD buttons provided on demand for one touch access.

- SIM wide range.

- Easy Navigation of shared folders. Browse forward or back through the list. No need to name a folder something special to access it quickly!

- At a glance display capacity for shared folder names. When you access the inventory screen you will see xxxx/1023 and can adjust the names of the folders as needed to fit more items.


Owner-centric features include:

- KeepSIT forces the sub to return to the device they were placed on if they log in/out*. No more relogging to get out of punishment.
- Restrict the sub's access to menu functions. (the sub can in an emergency clear all).
- If the sub uses the emergency override you will be notified and can take appropriate action.
- Restrict the sub's access to owners or the public.
- Control up to 12 subs with one HUD button. Any number of subs can be controlled by simply wearing addtional buttons.
- Subs are added via easy notecard editing and can be commented out if they are, for example, on vacation.
- Call Sub 2nd button on the Owner HUD to tp your sub to you (works in same sim only).




* KEEP SIT requires the furniture to not be used by another avatar when the sub is logged out. (In testing this feature does work with many objects with subsiquent users, it's still a good idea to not have someone else use the furniture.)

* The MH+ RLVC requires the RestrainedLife viewer 1.12.x or higher.

* All RLV functions are supported except extended exception additions to restrictions and subfolders.



For inquiries in Japanese, please send a notecard to Mayumi Hirano. For questions in English, please send a notecard to Misao Nakamura.
日本語でのお問い合わせについては、真由美平野にnotecard送信してください。英語での質問には、中村操にnotecard送信してください。

(c)2008 MH+

誰かゴルの襲撃者(6巻)借りてない?

図書館行って、ゴルの襲撃者を借りようとしたら、
貸出中でさ~~~

誰か借りてない?

同じ街にこれ読んでる人がいるとは~~
順番待ちしてるから、早く返してね~~~~

ゴルの暗殺者(5巻)

う~~ん
ますます濃くなっていくんだけど。
今度は「神官王」に敵対する「他者」ってのが出てきてさ。
出てくるというか、まあほとんど名前だけなんだけど。

能力的には「神官王」並で~~
でも、「神官王」とは反対にすごい残酷というか
生き物を生きたまま食べるのが大好きという怖い生き物なの。

でさ、「捕獲航海」っていうんだけど、人間を地球からさらってくる事を
組織的に展開しちゃってさ、女の子が100人単位で
さらわれて来るわけ~~

日本人もさらわれててさ~~きゃ~~

でね、今回はその中の二人が、前回出てきたヴェラと一緒に
快楽奴隷として徹底して調教されちゃうわけ~~
もっともヴェラはスパイとして「他者」に従う奴隷商人の屋敷に潜入して
いて、タールも一緒で、すっかりゴルの女の子になってるから、
それほど痛手はないんだけど

新人さん二人はもう大変だよ
すごい調教だな~~~
まあ、想像力の豊かなあたしにとっては、もうドキドキものだった~~

一緒に来た日本人は最初に描写があっただけ何だけど、
どうなったのかな~~
早く6巻読みたい~~

飛行機をGET♪


教えてもらった1944のSIMへ行ってきました。
まるで博物館か航空ショーのように綺麗に並んだレシプロの飛行機が沢山。
そして殆どが日本の戦闘機です。
零戦などは他でもよく見かけたのですが、作者の方が日本人だからか
どの飛行機も実機に忠実に作られているようです。
特に翼や胴体の部分などスカルプトプリムを使って柔らかい曲線を
実現しているように見えました。
偶然にも作者の人に遭遇したので、ちょこっとお話ししたりして^^
おおらかな飛行機好きな人って思っちゃった。
まだまだ作ってない日本の飛行機が沢山あるって言ってました。
作者の人は、どの飛行機が一番好きなのかなぁ・・・。

赤とんぼの下駄履き水上機(海軍所属の93式練習機)を
探したのですが、残念ながらありませんでした。
でも陸軍所属の赤い単翼の練習機はありましたよ。さすがです。
2人で乗れる物が欲しかったので、
それで購入してきたのが、この水上機。
翼や胴体部分はスカルプトで作られていて
なんと32primぐらいしか消費してないです。
私は操縦していませんが、とても扱いやすいと言っていました。

見ていると欲しくなる・・・ということで、私も飛行機を買うことに。
(買って貰っちゃった♪)
「何がいい?」と聞かれて、レシプロなら・・・うーんって。
思い出したのが「紅の豚」さん。
あの赤い飛行機、あれは無いのかなぁって
WEBで紅の豚の画像を見せて、尾翼のカラーリングから
イタリアンな飛行機だねってことで前回見て回ったSIMあたりに
見に行ってみました。
そしたら、以前は気が付かなかったんだけど
格納庫の水面に浮かんでいた飛行機、これはサボイアというらしい。
やっぱし飛行機は飛んでないと分からないですよね lol
全然気が付かなかった。
パッケージの製品説明を見るとPorco Rosso / Hayao Miyazakiと
わざわざ書いてあって、間違いなく紅の豚に出てくる飛行機だと確信しました
よーく見たら垂直尾翼に"R"の紋章。
豚さん仕様に合わせて作られているようでした。
(でもね主翼の裏側の色が違うような・・・)


とりあえずプールに着水。
このサボイア、めっちゃ乗りにくいっっっ。
でも面白いです。

プールを延長して離着陸可能に lol
そして陸上機も入手することを考えて
隣に滑走スペースを建設したりで
いま飛行機に熱心です。
手軽に離着陸出来るからメーヴェが気楽でいいなぁ。
あぁ・・これはエンジン付きグライダーだっけ。

超久しぶりに夜遊び!?

美味しい焼酎を飲みに行こうと言うことで今夜は居酒屋へ。
でも、それはあっさりしすぎる味で泡盛の方が美味しかった。
(なんかシソの葉の焼酎らしくて舌に残る感じが梅酒みたいでした)
そのままなんとなく飲みながら話してたらお泊まりコースになりそうだったので
1ゲームほどビリヤードをやることになりました。
知らない町だけど東京の町田駅近くの大衆プール。
最近のはダーツとビリヤードは併設なんですね。
ほんとに、もう何年もキューを持ったことがなかったけれど
やはり体は覚えてました。
羅紗に付き立つ3本の私の指。
しっかりとしたブリッジから繰り出すキュー。
とても楽しかったです。
(思ったように手玉は走ってくれませんでしたが・・・^^)
やっばしインドア派なんだなぁ。
でもボウリングは嫌い。
こんな風に体で覚えるような、いわゆる体験って
バーチャルワールドだと、まだまだ難しいことだと思います。
経験は出来ても体験はできない・・・。
でも、バーチャルワールドは遠く離れた人と同じ経験を
得ることが出来るし素晴らしい。

戦艦大和




どこかに行こう♪ということでSIM観光。
戦艦大和があるというらしいので行ってきました。
SIMの名前もYAMATOです。
すごく迫力とリアリティーのあるオブジェでした。
アバター比例でリアルサイズなのでしょうか?
船は動かないものの搭載されている艦載機には
乗って遊ぶことも出来ました。
これもまたとてもよく出来てた。
こういう戦争物には賛否の声が聞かれそうですが
創造物や現存する物のCOPYでなく
失われた物を再現するということは功績が大きいと思います。
レシプロの飛行機が気に入って水上機の複座の物を探したのですが
残念ながらありませんでした。
確か日本海軍所属の「赤とんぼ」があったはず・・・・。
やっぱり戦闘機の方が知名度もあるからSLでは作られないのでしょうね。
一度、欲しいと思ったらとことん探す性分なのか
このあとSIMをウロウロとレシプロ飛行機で水上機の複座を探してみました。
bi-planeという機体をキーにして探したけれど結局は見あたらず断念。


割とYAMATO simは周辺と繋がっていて広かったので
バイクで移動してました。2人乗れる乗り物って便利ですね。

ゴルの遊牧民(4巻)読了!!

とうとう4巻目まできちゃった。
4巻も面白いよ~~
またまたタールキャボットが、今度はゴルの遊牧民「牛車族」の中で
大活躍する話なんだけど、

目新しい展開では、地球のニューヨークから拉致されてきた女の子
エリザベス(ヴェラ)が奴隷にされていく過程が、物語と同時並行で
進んでいくことかな~~

ほかにも気の強い勝気な女の子たちが、ゴルの強力な男の子たちに
なんだかんだで奴隷にされていく様子が描かれてるんだよ。

この辺りから、日本語訳を出版することにかなり異議が出てきたん
だろうな~~

結構、作者ノーマンの女性観というか、タールを使って否定的な見解も
交えつつなんだけど~~濃いな~~
はまる男の子は、はまるんだろうな~~

あたし、ゴルにも普通の家庭があるって、最初のころ書いたけど、
タールの都市「コロバ」は結構ゆるい方で、本来のゴルは、
もっと男性上位みたいね~~

女は特に奴隷女は厳しく躾けるものってことみたいよ。
これから5巻を借りて読むとこ~~~
じゃあまたね~

RLV Controller


ようやく完成に近くなってきました。
暫くは動作テストで様子見ですが、その間にもRestrainedLifeの機能が増えたりして
環境が変わるのが早い感じですね。
アイテムとしては1primでアバター装着タイプです。
体の好きな場所、またはHUDに取り付けても問題ありません。
オマケでOwner用のメニュー呼び出しHUDが付属します
(呼び出しは複数Sub対応)
搭載しているRLVのコマンド対応は下記のとおりですが
要望があれば非対応のコマンドも組み入れたいと思います。
---------------------------------------------------------------------------
[X]:support [_]:non support

[X]* Allow/prevent receiving chat messages
[X]* Allow/prevent sending chat messages
[X]* Allow/prevent receiving instant messages
[X]* Allow/prevent sending instant messages
[_]* Allow/prevent using any chat channel but certain channels
[_]* Remove/add exceptions to the chat message receiving prevention
[_]* Remove/add exceptions to the chat message receiving prevention
[_]* Remove/add exceptions to the instant message sending prevention
[X]* Allow/prevent teleporting to a landmark
[X]* Allow/prevent teleporting to a location
[X]* Allow/prevent teleporting by a friend
[X]* Force-Teleport the user
[_]* Remove/add exceptions to the friend teleport prevention
[X]* Allow/prevent standing up
[X]* Force sit on an object
[X]* Unlimit/limit sit-tp
[X]* Force unsit
[X]* Force removing clothes
[X]* Allow/prevent wearing clothes
[X]* Allow/prevent removing clothes
[X]* Get the list of worn clothes
[X]* Automated version checking
[X]* Clear a subset of the rules tied to an object
[X]* Clear all the rules tied to an object
[X]* Allow/prevent editing objects
[X]* Allow/prevent knowing the current location
[X]* Allow/prevent reading notecards
[X]* Render an object detachable/nondetachable
[X]* Get the list of restrictions the avatar is currently submitted to
[X]* Allow/prevent rezzing inventory
[X]* Allow/prevent touching objects located further than 1.5 meters away from the avatar
[X]* Allow/prevent using inventory
[X]* Allow/prevent viewing the mini map
[X]* Allow/prevent viewing the world map
[_]* Remove/add an exception to the emote truncation above
[X]* Force removing attachments
[X]* Force attach items contained inside a shared folder
[X]* Force detach items contained inside a shared folder
[X]* Get the list of worn attachments
[X]* Get the list of shared folders in the avatar's inventory
[_]* Get the path to a shared folder by giving a search criterion

---------------------------------------------------------------------------

NetsuiKigyo Chastity Belt


ようやく完成したようです。
デザインは-Sm- Shacklesとよく合います(腰ベルト部分は同じなので^^)
他のChastity-beltには無い部分としては、フロントのキャップを外すと
内部が膣鏡で見たように見ることが出来ます。
滴り落ちるパーティクルも一辺倒ではなくて効果別に何種類も付けてあります。
拷問ベルトと言いつつFunベルトと表現しているあたりに
遊び心が感じられるような気がします。
発売直後ですが、割と売れていると言ってました。
パッケージ画像では説明文しか無いですが、Shacklesと同じ種類の
テクスチャも内蔵しているので見た目の色艶も好みで変えられますよ。

ちょっとSFチックな気がしますがコレクションなどにいかがでしょうか。
私自身は、このデザインも良いのだけど、綺麗すぎると思っています。
フロントシールドが狭くPussyを覆う感じで出来ていますので
おそらくリアルサイズなら、引っ張るとずれて外れてしまうような気がしてなりません。
ベルトもエルゴノミクスタイプの曲線であるので
フロントシールドが付いていないときは体から浮いてしまうでしょう。
ま、色々な種類があるほうが楽しいですね。

個人的にはウェストベルトがストレートでTollyBoyやAccessDenyed社の
ような物がリアルさがあって好きです。



Demo用のCollarを貰ったので付けてみました。
でも、これは凄くダメCollarでした :(
決定的にダメだと思ったのは下の画像のObject
この0.01サイズで透明な物がLeash handleらしくて
こんなのを装着しても見えないじゃんってことで
まだMarine'sのCollarに付いてくる1primの単なるチューブ型の
Leash handleの方がユーザーに親切だと感じました。



1st-Macrossが好きだと話していたら
知り合いが、どこからかVF-1の着ぐるみを入手して
見せてくれました。
ちょっとハリボテな見た目だけどとてもよく表現出来てると思った。

もちろん変形もするんです!
ロボット型、ガウォーク、ファイターと3態に綺麗に変形してた
でも白塗りでGUNDAMとかより弱く見えちゃいますね。
乗れるVF-1も何処かにあるのでしょうか・・・。

ゴルの神官王、読みました~~

3巻目突入~~
読み物としても結構面白くって~~すっかりはまってます。
3巻は2巻の続き・・・ってのは当たり前なんだけど、
ゴルの無法者とゴルの神官王はひとつのお話みたいなもんかな~~
それにしても3巻目で早くも神官王の正体が~~

まあこの本読んで思うんだけど、作者の女性観というか
そういうものが色濃く出てるな~~
生意気な女の子は一回奴隷にしてやらないとダメだ~~
みたいな~~

だからはまる人ははまるんだろうね~~
結構長い本を時間かけて読んだので、詳しいことはあんまり
覚えてないんだけど、巻末にゴル用語辞典があるのは便利~~

というわけでまた今度、思い立ったら感想書きます~~

Chastity belt that packed all desires


いよいよ箱詰め作業の段階になっています。
順調に作業が進めば週末か週明けにはリリースされるかも・・・。
画像のタイプは幅の広いタイプです。
幅の広い/スリムと身長別に3種で合計6タイプがリリースされる予定。
パッケージ画像のモデルを私がすることになりました。
うーん、国外の人には私のようなアバターは、どのように思われるのか
ちょっと気になるところです。

画像の左のように数種類のカスタムテクスチャを内蔵して
CUFFのテーマ色を変更することが出来ますよ。
どの色も個性的で楽しいです。
そして、画像には載せていない秘密の色もあります。
(これはとても面白い色です)
さらに特別のオマケとして、同デザインのCollarも付属するらしい。
(ただし、オマケのCollarはun-scriptでしょう)

このShacklesは金属Cuffが好きな私の為に作られました。
誰かの為にアイテムを作成する。Netsuikigyoはそんな目的で作られたアイテムが多くあります。
productに関連性が無いようなアイテムが存在する理由でもあります。
販売することが第一の目的ではなくて、
面白い物が出来たから販売してみんなにも使って貰おう、というような考えではないかと思います。

そんなところで、今日は週末とあって
こんな格好のままLogOutしてしまいました ^^
Cuffで後ろ手に拘束した上から、更にArmbinderで
すっぽりと両腕を革の袋に入れられて、目の前のpoleに
鎖で繋がれています。
こんな日々が私のSecondLifeの日常です。
桶は
左の図のように
何個でも繋げることが可能です
そして桶を流用した口元から繋がる
ホース付きのGAGも
お試し中でやってみたりしています。

また、図のようにベルトのメインシールドを非表示にして
バイブレーターのみを表示させるような使い方も
出来ちゃったりします。



見ているだけでも凄いかも知れませんが
Xcite!対応になっているので
当然のごとく絶え間なく刺激を与え続けられます
周囲にはエッチな音が響き渡るでしょう。:3

耐えられなくなって、噴出してしまったときの状態です^^
以前の作品のDP-MkIIよりも派手に
そして自然な放物線を描く感じで出ます :3

後ろから見ると、こんな感じです。
このChastity beltはpussyとassを覆う部分が
蓋で開閉出来るようになっていて
画像の状態は前後にバイブレーターを挿入した状態です。
よく、バイブ機能付きの貞操帯に、これらの張り型が付くタイプを
見かけますが、殆どが内側に隠れてしまって
視覚的に面白くないという考えで
外側から存在が分かるような仕組みにしてみました。
見えるだけでなくバイヴレーターの音もしっかりと響きますよ~

エネマ装置との接続テスト。
以前から販売しているNetsuikigyoの浣腸台とも接続可能です。
それ以外に新たに作成中の浣腸桶?(名称未定)と併せて使うと
何本もの管を接続することが出来ます。
浣腸マニアの人には凄く刺激的かも知れませんね。

金属Cuffの作成は、ほぼ終了したので
今度はその金属CuffとマッチングするChastity beltの作成をしています。
本体のベルト部分は金属Cuffセットに含まれる物の流用ですが
完全に単体で動作する物なので別物です。
追加したprimは、その倍近くにも及ぶというかprim数を数えるのも
遠い目になりそうなぐらい、色々と仕掛けが付いた物になっています。
もはや貞操帯と言うよりは拷問道具に近いかも知れません lol

sculpty


ベルト部分を作業中のデスクトップ風景らしいです。
私にはさっぱり分かりませんが、頂点の数がもの凄く多いと言うことだけは
理解出来ます :3
新たに作った物ってことですね。

そしてSecondLifeのPrimとして形になった物がこちらです。
正確に作成しても微妙に異なった物が出来ると話していました。
とりあえずは下半身部分のCUFFの一部の画像です。
画像のように周囲に付くリベットは表示のON/OFFが出来るので
お好みでフラットな仕上げにも出来ますよ。

今日はRLVコントローラーにSit_Targetの機能を付けようと
sensor部分を書いていました。
割と使いやすい関数ですね。
sensor仕掛けた後どうするのかと思ったら、ちゃんと対象ありと
対象無しの2つのイベントに分かれてました。
それにしてもSit_Targetの対象の距離はどのぐらいがいいのかな。
とりあえずは範囲15mで進めています。

Popular Posts of the Month