ブランド物のCuffセット


フツーの人でも好みのコスチュームやアクセサリーなどを買い求めたり贈答したりするわけですが、Bondageな世界でもSub/Slaveを着飾るは飼い主の楽しみでもあり、飼われる側の楽しみでもありますね。服やアクセサリーと違ってBDSM用のアイテムである拘束具については見た目や機能などで選ぶことが多いと思いますが、ブランド物という点ではこのINSOLENCEのCuffが所有欲を満たしてくれるのではないでしょうか :P
INSOLENCEではスキンやランジェリーなどで知られていると思いますが、Latex服のMISTY LINEシリーズなどもリリースしています。そのMISTY LINEシリーズの1つとしてXcite!のTokon対応のCuffが用意されているようです。内容的には色別に4色あって、各種Cuffのセット物とそれぞれの単品販売もありました。

さすがにINSOLENCEだけあって、シンプルだけれどもリアリティのある造形です。
・しっかりとインナー部分が別体の質感になっていること。
・ベルトの重なりがちゃんと表現されている
・リアルなバックル部分。
ごちゃごちゃと飾りが付いたり大きさが妙だったりとか、そういうことは微塵にもなく素晴らしい完成度だと思いました。
リスト用とアンクル用はデザイン上ダブルベルトになっているので、BDSM用途以外のパンクやゴスな人達にも使えると思います。
価格の方もTokon用であるので他のTokon対応製品と同様に低価格になっています。そのうえmod/transなpermissionだから自分でスクリプトを入れて使うことも出来るでしょう。

ずっと前から1つは欲しいなぁと思っていたところもあって、ランジェリーを見に行ったんですけどね。普段良く着るのが小汚い服装だから、うーんと悩むところもあって、それにpermission見たら普通のランジェリー類はどれもTrans/no Copyだったりで(つまりは贈答品狙いな設定)ということもあり、スキンと同様にno TransとなっていたMISTY LINEシリーズの服の方を買うことにしました。no Transだから自分用って位置づけだと思いました。着ることは無いですが1つは持っていたいなぁと思ったINSOLENCEの服の第一号はLatex製品になっちゃいましたw

2 件のコメント:

  1. おおー。
    デキがいいーー。
    どうやって角の丸みを出してるんだろう・・
    スカルプ?

    返信削除
  2. うーん。画像を見る限りは陰付きテクスチャじゃないかなぁ・・・。本店に引き延ばした物が置いてあったような気がします。でもこれロック付きタイプじゃないんですよね、ゴテゴテし過ぎないように、あくまでもお洒落にって感じで超シンプルだと思います。

    返信削除

Popular Posts of the Month