コンテンツフィルタの穴

PG/Matureの2区分からAdultが追加されコンテンツの分離が行われるようになったと同時に検索結果に対するコンテンツフィルタも働くようになりました。とりあえず私が直面したのは「自分のProfileが検索で表示されない」という状況で、まぁ当然ですねアダルトなキーワード満載なのでひっかかるのでしょう。 lol
じゃあ何が引っかかる単語なのかと思いクライアントのフォルダーを見てみた物の、やはりNGワードのファイルのような物はサーバー側にあるのではないかと思われます。ところが、このアダルトワード、英文で入力すると発動するのですが、同じ意味の日本語を入力すると素通りしてしまうようです。故に日本語表記でアダルト関連のワードをプロファイルなどに記述してもひっかからないということが起こります。更に英文の単語の区切り(スペースやカンマやピリオド)を無視して英単語と漢字などの文字を連ねて記述すると、これまたアダルトではないと判断されてしまうようでした。
具体的にはどういうことかというと
例1.i am submissive, interested in bondage.
例2.私はsubmissiveです。bondageに興味があります。
例3.私は submissive です。 bondage に興味があります。

例1は submissiveと bondageの単語を含むのでアダルトと解釈されます
例2は submissiveと bondageの単語の直後に漢字文字があり連続した語と解釈されアダルト扱いになりません

例3は submissiveと bondageの単語がスペース区切りで認識されるのでアダルトと解釈されます

もちろんbondageの部分を"ボンデージ"と日本語で書いても現状ではアダルト扱いにならないでしょう。
プロファイル、グループの説明、Landの説明などにアダルト語を含むのにアダルト扱いにならないという、まぁ穴ですねぇ。

検索する側でもこの"穴"は働くようで、アダルト未認証のアカウントで bondageと入力して検索すると結果が表示されませんが
"bondageが"とか末尾に日本語を1文字付けてみてください。
キーワードとしてbondageの部分は分離されますが、コンテンツフィルタは素通りします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month