Cinquecento


マーケットをふらふらと見て歩いてたら小型のイタ車を扱っているお店の場所に通りがかりました。以前からこの車たちはグループの人などが所有していたので知っては居たのですがお店までは行かなかったので、じっくりと見るのはそーいう意味だと初めてです。イタ車屋さんではあるもののFIAT500のみの取扱なのかな、あとスクーターのベスパもどきもありました。それにしても見渡す限りFIAT500ばっかりです、よっぽど好きなんでしょうね。同じイタ車好きでもチンクエチェント好きはちょっと他とは別だからねぇ。
 
やはり日本で一番有名なチンクと言えば、このクリーム色のFIAT500Fですかね。本国仕様なのかサイドミラーが運転席側にしか付いていません。うーん、でも見渡す限り500Fの髭ノーズばっかり・・・・、500DやR、Lも見あたりません。バリエーションとしてはチューンドのアバルト仕様が用意されていました。でもこのアバルトも500Fに見えるんだけど・・・。
 
デモCARが用意されていたので、まずは乗ってみないとねってことで試乗。これは屋根を切ったオープンタイプ、実車にはないタイプかな。乗り物系全部に言えるんだけどシート位置調整とチルトハンドルが欲しいですね。(説明書見てないのでもしかしたら付いていたのかも知れませんが)若干、シートに体が沈んだポジションになりました。シートに座るとエンジン音が鳴る・・・。この車はリアエンジンだから音再生用のスクリプトはシートより後ろに入れてくれるとより方向感が出るんだけど、とりあえずは音がすればいいかって思ったけど直後にどうしても納得出来ない事が判明。そう、このエンジン音・・・・FIATじゃない・・・・。わたしは車好きのカーキチとかじゃないんだけど古い友人がイタ車馬鹿で嫌ほどイタリアの車、特にFIATはよく知っている。どうしてもこの音はFIATを感じさせてくれない。
チンクのエンジン音はそれほど大きくはないのだけれど、やっぱし違和感が・・・。
 
もしかしてコッチの車も同じようなエンジン音じゃないだろうかと思ってアバルトのレース仕様のに試乗。エンジン音は先のFIAT500屋根無しとは変えてありました。ちょと違うけど(こんなにタペット音はしないような)それっぽいエンジン音がする。そう、文字では表現しにくいけど基本的に乾いた音がするんだよねFIATって。 特にアバルトのマフラーを入れた車は音色が素晴らしい。誰しもが注目するエンジン音。(・・・ただの爆音なのだろうけど)珍走団のようにただ音が大きければいいってのじゃなくて、アクセルを踏み込んだ瞬間にそれは官能的な音を奏でる管楽器になるんだ。ウェバーから聞こえる吸気音。インジェクションのエンジンだと絶対に得られない音。このFIATのエンジン音が好きだという人も少なくないと思います。メカ的にはなんでこんな特徴ある爆音がするかというと古い並行輸入で上陸してきたFIAT車は触媒が付いてないんです。そう、直管! その後に車検を通すときには触媒を付けるんですが、レース用のアバルトマフラーなどを付ける為には元の姿に・・・。だからエンジン音が管楽器のように甲高いのが多いんです。
話を元に戻して、このアバルト仕様の500、それっぽい音に変えてあるのはいいんだけど外見が未完成に見えますね。特徴あるオーバーフェンダーと大地に貼り付くような車高、一般車と違ってマグネシウムのアバルト純正ホイール、そして一本出しの太いアバルトマフラー、いろいろと付いてない。サソリ印が泣いて居るぞ~。31Prim制限で厳しいのかな?
まぁお気楽にテキトーにと言いたいけれど、この手の古い車が好きな人は細かいところを気にするからねぇ。チンクが好きなのだろうけど500Fに限らず他の古いFIAT車(たとえばX1/9とか)も手がけてくれると嬉しいですね。

現実味無視だと好きなイタリアの旧車はディーノ246GT。フェラーリーなのですがdinoブランドだから跳馬マークじゃないんだ。同じエンジンを積んだFIATディーノ2400というのもある。ボディデザイナーはどちらも同じでピニンファリーナ。でも見た目は全然違う。ピニンファリーナらしさは伝わってくるけど、やっぱりディーノ246GTが一番いいかなぁ。見た目も流れるような線が綺麗なんだけどコクピットに座ったときに感じるあの感じ。まるで生き物のように感じた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month