MH+ Local Battle System with RLV (Regular version)


パッケージ版のバトルシステムをリリースしました。
ARMSブランドでの発表にしたので  MH+ ARMS  を扱っている銃器屋さんでも購入可能です。
テスト版と大きな変更点はありませんが、正規版はオートアップデート対象になっています。
なおマニュアルについて日本語版がこちらにありますので参考にしてください。
in-worldで製品パネルからもマニュアルは取得出来ます。

なおRLV機能が全く不要であれば MH+LBS RLV のスクリプトモジュールを消去してしまっても動作に支障はありません。
少しでもスクリプトエントリーを減らすのであれば MH+LBS Autoupdateも消せば更に減らせます。
(どちらも推奨ではありませんが・・・)

正規版でもHUDタッチ時に残メモリー量が表示されますがデバッグの名残りではありません。
起動時にリセットを行わない構造の為に何度も使用しているとメモリー量が減ってくると予想されるので極端に少ない場合手動でリセットする目安にしてください。まぁcopy可能なので壊れちゃったら もう一つ箱からだして使うのもいいですね。

仕様に関するご意見、ご要望はお気軽にお寄せください。

【与太話】
RLVを利用するにあたりテレポートや各種制限を戦闘に活かそうとも考えましたが、やはりRLV = なにかエッチな物という認識だと思うので、脱衣機能のみに限定しました。RLV側でテレポートも出来るのですが、この場合土地にTP地点がマーキングされていると、それに従ってしまうので移動に関しては簡単なSitTPのみ利用となっています。
また、考えられる戦闘でのRLV利用としては、ミニマップの非表示、アバター名の隠蔽、座標表示の隠蔽などが有効だと思いますが大部分の人がRLV機能などを常用していないと思うので要望があれば検討してみるということで・・・。
RLVでは環境も変更出来るので夜間戦闘のシミュレーションとか全員のクライアントを強制的に夜設定とかもできるんですよね。

あとUIが、かなーりショボぃですが動作上のメモー消費量により華美にできなかったんです ^^
できればアナログ的なHP残量表示とかにしたいんと思うんですが、実使用においてメモリーに余力があれば今後変更したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month