Texture Organizer まだ試作中


現在テスト作成中の物です。
いわゆる"Texture Organizer"と呼ばれる類のもので既に色々な物が発表されていますね。作ってしまおうと思ったきっかけはインベントリーのアイテム数がいい加減沢山ありすぎ状態なので、せめてテクスチャーだけでも整理しようと思い既存の販売されているものをいろいろと見てみました。価格高価な物からFreeのものまで色々とあるのですが、欲しい機能が揃っているのが見あたらなかったので機能を見比べながら妥協出来る物を絞り込むより作ってしまえ!ってことでやっつけ仕事で作成中。
高機能な物はPrim数も多くてとても自宅土地には置けないからHUDで動作可能な物で選定すると、たぶん存在するんでしょうけれど探すのも面倒だったしw

仕様的には、こんな感じ。
・HUD装着型で未使用時は格納出来ること。
・プレビューは最低でも4×4個
・複数のインベントリーを持ち、ラベルが付けられること
・等倍表示とタイル表示が可能なこと
・重複するUUIDのテクスチャーを削除する機能があること
・スクリプト数が少ないこと
・まるごとバックアップ(自身のObjectがcopy可能であること)
・no copyやno transの物を入れてもエラーとならないこと



と、まぁこんな我が儘仕様を満たす物・・・って自分で作るしか無さそうなかなぁと。
ダイアログ操作が中心の物と違い、やはりUIを考えるのは一番大変ですね。見た目で分かる感じと使いやすさの両立。
HUD物だと画像をぺったりと貼ってデザインでインパクトのある物にも出来ますが、こーいう物はアイテムビルダーの人が主に使うと思うので製作作業の思考の邪魔にならないようにと半透明の前面パネルに直線的な整然としたレイアウトにしてみました。
スクリプトの方もプレビューパネルにスクリプトを全く入れない方法で作っています。
インベントリーは9個×4段構成で合計36個の個別インベントリーを持ちます。
もちろんプレビューパネル、インベントリーとも個数を各自で増減させることが出来ますよ~。(改造が出来る人向け)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month