XstreetSLがFreebies締め上げと手数料の底上げ


あまり日本では話題になっていないような気がしますが先日発表されたロードマップの声明によると、Xstreetを無料で利用出来るのは閲覧するだけとなるようです。
要点はいくつかあって。

■Monthly Listing Fee for Freebies of L$99:
freebiesの掲載に月額でL$99徴収するとのこと

■Minimum Commission of L$3 on all items priced L$1 or greater:
現在のコミッション最低額(L$1)をL$3へ引き上げ。そして全ての価格に適用へ変更

■Monthly Listing Fee of L$10 for all items L$1 or greater:
掲載費用を全ての価格の商品に1アイテムにつきL$10徴収を適用

■Separate freebies into their own category:
freebiesは別のカテゴリーに収容


まずはfreebies掲載への月額徴収ですかね。
XtreetSLから無料アイテムが消えてしまうとフリー物が好きな人達が嘆いているようです。
私的にはコレは賛成ですね。in-worldのFreebies専門店がもっと活気づいて欲しいし、新たに利用料FreeなWEBマーケットが発足する機会にもなると思うので。

コミッションの底上げは・・・うーん、高級志向になるということでしょうか。価格が高ければ品質が高いという考えに寄っている気がします。手数料割合が現状維持だとすれば5%なので最低限はL$60で売らなければL$3に見合わなくなってしまいます。とりあえずウチの製品のチープな物はXstreetから引き上げかなぁ。

掲載料の一律適用については、やっぱデータベースが悲鳴を上げているのでしょうね。アイテムが多すぎる気がするからWEBの反応も遅いし必要な処置なのでしょう。現状でも完全に無料というのではなく売り上げ上位者から順にピンハネ式となっているので2重取りになるから文句言われそうな気がしますが、そのことについては触れられていないようです。

Freebiesの別カテゴリー収容については、なんか勘違いな気がしますね。適用価格がFreebiesであるだけで同じ商品カテゴリーなのだと考えますがLLの内容からは製品宣伝のためのfreebiesと捉えられているので、それならばcommercialというカテゴリーを作る方が購入者側にも分かりやすいし販売する側にも理解して貰えると思いますが、Freebiesがなにか良くない物として扱われている気がしてなりません。


こういう状況になってくるとキャッシュバック商法を展開する商人が増えてくるような・・・ LOL
とにかく掲載費用を徴収しLLからは「売れない商品は掲載しないでね」って考えが見えたのでXstreetSLは商用専用のマーケットとして存在していくこととなりそうですね。自由な市場を手放すというか切り離してしまうか・・・・。他のWEBマーケットからは新たなチャンスになることかも。

単なる箱に価格付けて売っている人とか色々と面白い発想があってカオスな状況が面白いマーケットでしたが、どうやら自由であるのはあと僅か。売りやすい商品と宣伝費を掛けた広告塔しか残らなくなりますね。競争力が無くて売れないんじゃなくてコアな商品は需要が少なくて滅多に売れる物じゃないけれど、そーいう物を探している人達は居るのだから無料のマーケットは重宝されるのに、もう商品を探す楽しみは失われてしまうのかな。

1 件のコメント:

  1. え~~いつからなんだろう?
    使う人が減っちゃうかもね・・

    返信削除

Popular Posts of the Month