あんまり進んでないよっ

M3A1のバレルアッセンブリー部分を少し作っただけです。
この銃器はフィールドストリップをするのに工具が必要になっているようでバレルの根元(チャンバー部)キャップに垂直な切りカキが付いていたのが面倒な部分でした。普通はフィールドストリップに一切、工具は使わないように設計すると思うのですが、さすがGM製品と言うべきかレンチで回すようになっているようです(ストックを使って回すらしい)
一応はこのM3マシンガン、Black Lagoonにも登場しますよ。鷲峰組の構成員がちらっと使用しています。

新たに作成した.45ACPのカートリッジ。
同じ45口径のリボルバー用の弾を流用してリム部分を凹ませただけの手抜き。
この時代の物だともう少し弾頭が丸いような気がします。
まぁ隠れてしまうので見えない部分なんですけどねw
また、この時代の弾丸は自主規制前だと思うので、鉛玉だろうということで銀色っぽい物を採用。
(現代では鉛玉は有害物なため後々の公害になるため使用されません)
そういえば、こんな物もインベントリーに眠ってるなぁと ちょっとRezしてみました。
完成状態で譲り受けた92FS inox のカスタムガン。
イタリア製ではなくBERETTA U.S.Aだったと思います。
遠目には雰囲気はあるのですが、全体的なバランス感と細かな部分の仕上がりが今ひとつなので、このままだと日の目は見ないことでしょう。作り込みも詳細だし出せないことはないけれど、元となっている銃がM9系であることから既に出回っている沢山のM9に負けないぐらいの仕上がりでないと納得して貰えないと思うんですよねぇ・・・。
ウチの"MH+ ARMS"ブランドを付ける為には「ドアップに耐えられる」ことを1つの指標にしています。
衣服や建て売りのように少しぐらいズレてても気にならないって訳にはいかない性分なので LOL

2 件のコメント:

  1. マユミちゃんは基準が厳しいな~~
    別ブランドで作ってよ~~
    あはは

    返信削除
  2. もっと細かく作ろうとしても
    スカルプなしだと限界だよな~~

    返信削除

Popular Posts of the Month