やっぱし木と鉄だね

M79モデリングと色づけ完了。真っ黒けよりはグレーっぽい色が好きなのでこんな配色にしてあります。やはりナム戦での携行用グレネードランチャーというと、このM79なのでしょう。SecondLifeの中でも既に何種類かリリースされているようですが忠実に再現できているモデルは無いようなので作ってみましたところです。まぁ実のところVICE用M203のグレネード部がかなり特殊なVICE仕様となっているので、その部分(グレネードランチャ)だけ安価にリリースできないものかなぁと思ったのですが、既存のEX-41だとポンプ式グレネードランチャという仕様のため連射速度がVICE仕様と合わないので単発式である必要があったことからM79を別途用意したのです。
もちろんVICEショットガンの応用でCMGグレネードとか強力な歩兵専用弾頭も作れるのですが、火力バランスを崩してまで連射性を実現する必要はないので単発のCMB = M203と同じ火力という仕様での範囲に留めます。
 やはりこの木と鉄による暖かみのある曲線というのが近代の樹脂製火器にはない感じですね。無駄に部品が大きかったり仕上げが雑だったり、実戦の中で生まれた物はなにか違う力強さのような物がデザインに感じられる気がします。

ブラック・ラグーンにも少しだけ登場しますよ~。
7話あたりで船団と撃ち合いをするときにレヴィが使用しています。
EX-41と並べると、やはり異様にEX-41はでかいことがよく分かる。

どちらもほぼ実寸サイズなのでM79が重量2.7kg、EX-41が重量8.1kgという事実に頷けてしまう。

そう、M79ですら重量が2.7kもあるので漫画のように指先で拳銃のようにクルクル回すなんてありえません LOL

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month