new pod station in Aluluei SIM. (YavaScript pod tour)

Sansara大陸の北部、Aluluei SIMに新しくPod Stationが出来たようです。
このステーションはツアーライドだけでなく持ち込みの乗り物もREZ可能なマリーナとしても利用できるそうです。
出ているコースはS1、S5と、H1の3コースですが、乗り場は5つありました。



H1コース乗り場(海上側)

S1コース乗り場(海上側)

S5コース乗り場(海上側)


H1コース乗り場(公道側)

S5コース乗り場(公道側)
真上から見るとこんな配置です。
海上側のコース乗り場は海面にあります。
公道側のコース乗り場はケーブルウェイで上に登った所にあって、TP地点からは見えません。
この付近のSIMは、川というか水路というか船が通れる所が沢山あって、
さらには公道もあるという立地なので自分の船で遊覧するのもいいでしょう。



まずはH1コースを乗ってみました。
所要時間は:約16分
Sansara大陸の南方向へ向かって進行する感じで、コース自体は既存のH1コースと同じかな。途中にAluluei SIMのステーションを中継するようになったという感じです。
(画像の撮影はWindLight : Annan Adored Realistic ambient 距離 : 256m 水面反射なし で撮っていますので環境によっては違うように見えるかも知れません)


こんな感じの水路のような川のような、最初から船形態でスタートです。

似たような風景が続きます。
メインランドにしては
毒々しい物が目に付かなくて
落ち着いた雰囲気ですね

だが何もないw
箱庭を楽しむというのが
理解できないと
廃墟だと感じてしまうのでしょう
SecondLifeは
デジタルの盆栽でもあります
GualalaのSIMから陸路モードへ
この鉄橋は見覚え無いなぁと思っていたら
解説によると2016年2月に橋が変更されたそうです
なんでも大型の船舶が通れないからだそうで・・・w
古いはずなのに新しいことに驚き
たしか、以前は木造の脚の低い橋だったかな

陸路は見慣れた光景ですねぇ。
なんか画像を見直してみると
道路上にブレーキ痕みたいなのが付いてますね。なんだろう・・・



この付近は山岳地域の設定なので
何処に行っても岩肌みたいな地層のため
やや人気がなく土地も安めだから
広ければ何だっていい人には
向いてるかも

さらに標高が上がると
雪肌の地面になります
TSL地域を除いて
雪面設定がある
メインランドはここだけかな
そういう意味では
万年で雪景色が好きな人には
魅力的な地域でしょう

そしてYavaScriptの本拠地SansaraのDurango Pod Stationに到着。ここまで16分位でした。




さらにDurangoからH1コースを乗ってみる。
DurangoからH1コースに乗ると Durango → Aluluei となるようです。ただし、Aluluei → Durango の復路ではなく、途中から路線が変わります
所要時間は:約15分程度

H1コースは新設ではなく、今回の変更でAlulueiに立ち寄る感じになっただけで、基本的な内容は変わらない様子です。

 AlulueiのPod Stationの公道側(上側)の発着場に到着します。
H1コースでAtollだけ楽しみたいならココから乗ってもいいでしょう



さらにさらにAlulueiのH1コース(公道側)から乗ってみる。
Alulueiの上側のH1コースに乗ると何処に行くのだろう?と気になったので乗ってみました。見た感じ既存のH1コース(Durango発)と同じようでした
所要時間は:約2時間以上


とりあえず
乗ってみるw

H1の既存のコースなので、適当に抜粋してみますね

陸路を暫く走ると海上コースになります
そうです、Sansara大陸からHeterocera Atoll大陸へと
大陸間を移動します

油田?のあたりは気球モードで空路です
ひたすら北へと
Sandra SIM方向へ進みます

TuliptreeのPie Island Toursもお勧めですよ~
気球でのんびりと遊覧するツアーです

Tuliptree駅から再び陸路へ
ここは鉄道マニア向けの施設です

Tuliptree駅からは鉄道モードで
SLRRの軌道敷きに沿って進行します
目指すはAtollの内側

Bondage WitchさんのZindraじゃない版のお店。
割とアダルト製品を作っている方で、Zindra以前から活動している人はModerateの土地とAdultのほうの土地と両方持っている人が結構居ますね。理由はおそらく、当時のZindraの土地分配は現状で所有している土地面積と等しいサイズのZindraの土地を無料で取得できたことにあるのではないかな。収拾選択ではなく、そのまま両方の土地を(土地利用料を払うなら)所有する事も可能という条件でしたからねぇ。


いまだに、こんな迷惑オブジェクトに遭遇
だけど下品な画像とかでは無いので
愉快犯は、おとなしくなったのでしょうか
Atoll内側から少し離れた所にある遊園地が
結構好きだったりします。見ていて楽しいですよね
誰も遊んでないけど、ずっとあってほしいかな。


残念ながらH1コースで、この付近でラグにより脱落してしまったので、この先は今回は見られませんでした。たしか、記憶によるとAtollの内側をぐるっと回って、外側に移動した後、最終的にCalletaのPod Stationに到着したんじゃなかったかと思います。機会があれば、また乗って完走したいですw




AlulueiのPod Stationから乗るS1、S5コース
今回は乗れませんでしたが、別の機会にAluluei発のS1、S5コースを楽しんでみたいと思います。








その他、既存のYavaScript ツアーコースもありますよ~




0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month