MH+ Local Battle System (alpha ver)

飼い主が居ないのでまたまた物作り。こんな事せずにずーっと24/7でプレイしたいものです。とりあえずはでっかい土地とかもないからガジェット類ぐらいかなぁ作れるのは。巷のコンバットシステムはどれもホスト型というか管理機能を持つタイプで、しかもRPGになっていものが殆ど。いわゆる経験値をや名声を稼ぐってやつね。まぁそーいうのも出来るってところがSecondLifeのいいところだけど純粋に撃ち合いがしたいとかだと、なかなか納得のいくものが少ないと思います。やはりRPG寄りで剣と魔法の世界な感じでスキルで技が出たり強化スキルや回復など色々な要素がありすぎでシンプルな物が少ない。西部劇っぽい場所で使われている物だともうすこしシンプルなんじゃないかと思いますがウェスタンがしたいわけじゃないしね ^^
どの辺が納得いかないかというと、通信量が膨大でシビアに当たり判定がきかない物が多いってこと。まぁそんなところは拘っても仕方がないのかもしれないけど出来る限り再現したいと思って、自家製のコンバットシステムのような物を作ってみました。
銃器での撃ち合い専用です。
弾の大きさ(質量)に左右されるので物理の質量計算はせずに単純に当たり判定のみっていう仕組み。
だから大きい弾が当たろうが、目茶苦茶に速度の速い弾が当たろうがダメージ量は同じという設計です。
そして中央サーバーを介さない、WEBも使用しない、全くのローカルのみで稼働するP2Pのようなシステム。
そんな感じになっています。


なんとなく分かりますか?
ずーっと続けるRPGではなく、エンカウント式バトルを採用しています。
回復も付けようと考えてます。まだ現時点ではボタンのみ。
そう、自然回復しないんです LOL
回復アイテム系は手持ちや床置きだと制限が無くなってしまうので一律で3つまでとか考えてます。
まぁ見た目インターフェイスは変わる可能性が大きいかも。

そして特徴的なところはRLVのコマンドを使うバトルも予定しています。
とはいえキャプチャー系ではなくストリップ系の仕掛けにRLVを使用って意味です。

興味のある人はMH+Labsの机の上にalpha版が置いてありますので試してみてください。
というか 是非とも人柱お願いします~

マニュアルも無いので簡易的な使い方。
1.アイテムをHUDとしてアタッチ。
2.HUDをタッチ
3.メニューから"ON"を選択 (Power onになって水色に変わります)
(~この状態で対戦相手の人と待機~)
4.メニューから"READY"を選択(READYを押した人が、そのゲームのマスター機になります)
5.(マスター以外)ゲームへの参加(ENTRYまたはCANCELの選択が出ますので"ENTRY"を押す)
6.(マスターのみ)全員がエントリーした事をログで確認したら"START"を押します
7.ゲーム開始~



現時点ではデスマッチモード、タイムアタックモードとも動作します。
デスマッチモードは、最後の1人になる or タイマーにてGAME OVER
タイムアタックモードは時間内に何度でも復帰(respwan)します
ただし復帰地点のObjectを搭載していないので、死んでもまだその場で待機しか出来ません。


alpha版でのメインボタン上の動作可否一覧
"ON"/"OFF":ONで対戦参加待機
"CHANNEL":対戦に使用する通信チャンネルを切替え
"Battle Mode":デスマッチ または タイムアタック
"Life Mode" : POINT制 または クロッチ(衣服)制
→クロッチ(衣服)制はRLVを使用して全ての衣服が脱げると負けというルールです。
(alpha)版にはRLVモジュールが入っていませんので稼働しません。
"Timer" : 対戦でタイマーを使うなら5~30分の間で選択
defeatTP : 対応するObjectが入っていません。Nothingのまま使ってください。
defeatIT : Disabled/Enabled 可能ですがRLVモジュールが抜いてあります。
"SEX" : 性別の選択です。内蔵の物だと声が変わるだけです。細かくアニメなども変更は可能です
"READY" : バトル開始時に押します(マスターのみ)
"Loadconfig" : LAND設置のバトル装置から設定をゲットします(未実装)
"RESET" : スクリプトを全てリセットします


あ、動作範囲は1SIM内です。
SIMから出ると動作停止します。

砂場だろうーと他人の家だろうと、どこでもドンパチ出来ますよん。
追記でもひとつ特徴的なことは~
エンカウント式で中央サーバー無しのp2p状態なので、各自がサーバーのような処理をします
このためバトルに参加している人以外からの攻撃は無視されるので混戦状態でパーティが複数存在しても平気です。
また、DEAD状態での攻撃は無効になるようになっています。(死体状態での攻撃不可)

戦闘中のHUDタッチはマスター機の場合はゲーム参加者全員の表示とゲーム中止を選択するダイアログがでます。
そのゲームのマスター機以外の場合は現在の生存者のみが表示されます。

3 件のコメント:

  1. コンバット向けのHUDは数あれど
    こちらはまたユニークで、おもしろそうですね。

    さっそく着けてみました。

    銃撃戦は一緒に遊ぶ人がいないので
    ひととおりメニューを拝見しただけですが… xD

    alpha版ということで提案をよろしいでしょうか。RLV対応を予定されているということですが、Lifeモードと
    Clothesモードの中間でライフがゼロになって倒れたときに衣服が脱げてしまう、または勝者が衣服を選んで脱がすことができるモードはいかがでしょう?

    そういったモードがあればちょっとした
    ロールプレイも楽しめそうですよね。

    返信削除
  2. うんうん。負けると一枚脱がされるモードね。
    そーいうのもいいと思います。
    しかし強制的に脱がされるタイミングが「事後」であることから、システム的に行う必要は無いと考えます。
    (自動である方が便利ですが)ロールプレイとしてRLVでなくても勝者が「シャツを脱ぎなさい」と命令し従えば済むことですから
    事後に行う、あるいは選択を人間が行うというのであればRLVでなくても実現出来ることではないでしょうか。
    もっとも自分の意志(脱ぎたくない)に反して強制的に脱がされる、着せられるという部分にRLVの魅力はありますから口答で指示をするよりも効果的であることは確かですね。

    単に脱がせるだけならばFreeのRLVコマンド対応のCollarなどを着用させて実現させるのがローカルなルールとして良いと思います。

    >Clothesモードの中間でライフがゼロになって倒れたときに衣服が脱げてしまう
    これは良いかも知れませんね。しかし服の箇所が選べると・・・うーん。

    本来の狙いとしてClothesモードは服の装着箇所が極僅かなので正当にバトルをすると僅か数秒で全裸になってしまうため服が外れるか否かはランダム要素として、このモードの狙いは弱者にも勝機があるチャンスを与えパロディ的に楽しめるモードと考えています。


    何れにしても直面している問題は「メモリー不足」なんですよ LOL
    P2Pシステムが故に管理機能とクライアント個別処理が1つに入っているので、かなりメモリー量が圧迫されています。
    このため通常の使用に耐えうるかどうか(どの程度、実動作の場合にメモリー消費されるか)使ってみないと分からない部分があり、基幹部分のみの構成でalpha版としたものです。
    スクリプトを複数に分割してメモリー量を確保することも考えられますが、その場合はスクリプト間の通信が必須になるのでオーバーヘッドになり正確かつ高速に動作させることが出来なくなってしまうので分割の方向は考えていません。

    返信削除
  3. ううう、なんかわかんないけど
    面白そう。
    誰かと試してみるね~~
    使ってからなら、意味わかるかも~

    返信削除

Popular Posts of the Month