MH+ Texture Panel HUD(裏技)


MH+ Texture Panel HUDのちょっとした小技です。
インベントリーが個別のPrimで分かれているので内容の取り出しやクラッシュにも強いのですが、個別に分けた後でこの項目は一番上に表示させたいとか表示順を上下変更したいとか、そんな場面があると思います。全てのPrimが表面上に「見える」配置で作られているならば物理的にPrimを移動させればよいのですが、MH+ Texture Panel HUDでは表面積を小さくする為にPrimそのものが可動する仕組みになっています。このため各自で個別インベントリー部分のPrimの配置を変更しても元に戻ってしまうのです。

しかし自動配置なのでちょっと設定を変更することにより自由に個別インベントリー部分のPrimを入れ替えることが出来るので、その手順を示します。

まずはMH+ Texture Panel HUDのZ軸を270度回転させて横向きにします。現在選択されている9個の個別インベントリーの下に同じように個別インベントリー群が隠れているのが見えます。


この個別インベントリー部分のPrim名を「入れ替えたい個別インベントリー部分のPrim名」と相互に変更することにより配置の変更を行うことが出来ます。

たとえば2段目の最後の"GR19"を1段目と入れ替えるならば
GR19 -->  GR09
GR09 --> GR19
と、それぞれprim名を変更してください。
変更後にRe-Startするか、再Attachで配置の変更が反映されます。(必須)
なお、自動配置についてZ軸、Y軸の方向のみ自動計算でX軸(HUD正面から見て左右方向)は現在値となります。
これはHUD本体の大きさを変更した場合への対応で、左右方向については見た目のレイアウトの位置としています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month