application


募集状況はどうなのかとCollarのアップデートのついでにSensationを覗いてきました。
前回行ったときよりも全体的に人数が増えてるみたいですね。パネルの方もSwitchの部分が全性別対応に拡張したみたい。まぁShe-MaleだけしかSWが無いというのは変だったから当然なのでしょう。
♀のMistress, Switchの部分だけ見ましたが言語が合いそうな人はやっぱり居ない様子。HermのSWは何故か募集数が0でした。性別としてHermであることに拘りがある人が少ないのでしょう。性向としてフタナリである方が多いんじゃないかな。
私のapplicationもちゃんと収録されてました。主催の方が書き加えてくれてlanguage = Japaneseと明記されてました。
おや?っと思ったのは主催のEaraliaさん(sensationsのshop owner)からの募集が載ってたことです。やっぱりHuman族ではないみたい^^
VampのRP事情は全く知りませんが常に同じ血ばかり飲めないのかなぁ。
なるべく時間帯が合う人をって思ってヨーロッパ方面で日本側に地理的に近い人って考えてましたが、閲覧していて気が付いたのがオーストラリアがあるじゃんってこと。ほぼ日本と同じタイムゾーンなんだよね。気づかなかった。イメージ的にはカンガルーやコアラが居る国としか思ってないんだけど性文化はどーなのだろう。かなり規制が厳しいっていうのを聞いたような気がします。

2 件のコメント:

  1. オーストラリアの人は、たまに合うよ。
    時間的にはいいんだけど、英語がね・・
    この前のイギリス人さんみたいに、日本語ぺらぺらな人がいたら良いね。

    返信削除
  2. オーストラリアのユーザーって先のQ3統計だと全体の2%しか居ないんよね。日本人に逢うよりも絶望的。日本人を捜して2年以上経つのだからオーストラリア在住だと4年以上掛かるって事かな・・・。ダメじゃん LOL

    返信削除

Popular Posts of the Month