放置/羞恥プレイとSelf Bondageは全く違う

パートナーを拘束し長時間放置し肉体的精神的な苦痛を与えていたぶる。あるいは性的刺激や生理的刺激を与え続け責め立てる。そういったことが放置プレイかな。SecondLifeの中では特に肉体的な生涯などの事故に繋がることはないので安全に(雰囲気だけだけれども)楽しむことができる。そして第3者の視線あるいはパートナーの視線に晒すことで恥ずかしい思いをさせ羞恥心をあおる羞恥プレイ。こちらの場合は側に誰かがいる必要がある。別に拘束はなくとも言葉のみで羞恥心を煽る言葉責めという形態でもいい。いずれにしても、たとえ放置であっても、それを行った者が誰なのか、相手が居ないと成り立たない。相手にそのようにされた/相手をそのようにしている。お互いが存在してこそ感じ取れるものである。
相手という存在が必要でない世界もある。セルフボンデージ(自縛)や、相手があったとしても無関係なレイプ願望や性交渉を伴わない拘束場面への憧れ(DiD : Damsel in distress)においては、当人だけの陶酔した世界であることでしょう。以前にも少し書いたかも知れないけど「Mなんですぅ・・・」という場合、こういった独りよがりの世界の住人も含んでしまっていることにDOM役をする側は憤りを感じているのではないでしょうか。緊縛の世界の言葉で「縄酔い」というものがあります。確かに独りよがりに感じているとも言えなくはないですが、誰が縄をかけているのか。それが縄を受ける側にとっては重要な要素だと思います。全く恋愛感情を抜きにしても、信頼する相手から受ける戒めであることと、全く知らない誰かによって行われることとは違うはずです。その相手の存在が面倒だったり、互いが求めるものが異なっていたりでセルフボンデージで楽しむというのは分かります。しかし相手が居ないと出来ないことがあるのです。物理的に縛ったりとかそーいうことではなく、いわゆるトレーニング(調教)です。自分では考えもしないような事柄や、ちょっと嫌だなぁと思うようなことでも強要されることで受け入れ、慣れていく。そういった一晩の一過性のプレイではなしえないようなこと。単に鞭を振るうだけでなく、少しずつ鞭に慣らしていく。最初から好きだ嫌いだと言うのではなく、自分の好みとなるようにトレーニングし躾ていく。そういった互いのある種のコミュニケーションを含むようなプレイは自縛じゃ絶対にあり得ません。
そう、わたしはトレーナーを求めています。望まれるならポニーとか人外な類のプレイでもいいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month