ベータテスター、ビーター、チーター(ソードアートオンラインより)

こういうゲームに詳しいお友達から、「(アインクラッドで)チート行為をしてるのは、ヒースクリフだけ。ベータテスターをチーター呼ばわりするのはおかしい」っていうお話を聞いて、なるほど~と思ってちょっと調べてみました~

まずは、「ビーター」って言葉から。はじめてこの言葉が出てくるのはラグーラビットのお話のときにですね。クラディールがキリトくんに言い放ちます。
そのときにWEB版では「<ビーター>とはベータテスターの蔑称である」としか説明してないですね~チートとは書いてないみたい。まあ、ジャパニーズをジャップって呼ぶようなものかしらね~

でも、電撃版では同じ場面で「ビーターとは、<ベータテスター>に、ズルする奴を指す<チーター>を掛け合わせた、SAO独自の蔑称である」って書いてありますね~

さらにプログレッシブ1巻の「星なき夜のアリア」で、アニメの2話と同じように、「そんなの・・・もうチートだろ、チーターだろそんなの!」って騒ぐ人がいて、言葉が交じり合ってビーターって言い方がでてきたみたいに書いてあります~

実際には「チート」ではなくっても、こういうときは声が大きい人の糾弾が通っちゃうことがあるのよね~理不尽だけどー

まあ、そんな感じでそこは一応あたしなりに納得しちゃったんだけど、それを調べるのに、WEB版と電撃版を1章ごとに交互に読んでいったの。

どっちかというとその「交互に読む」ってコト自体が楽しくなっちゃって~

ていうのはね~アスナが違うのよ~かなりw

微妙なセリフとか、言葉遣いとか、行動とかw

電撃版ではかなりツンデレ気味な感じだけど、WEB版はもう最初っからキリトくんに対しては、好き好きオーラがあふれ出てて~もうデレデレって感じ。
で、対するキリトくんは、ラノベ主人公にありがちな「にぶい男の子」が入ってる感じね~

だからびみょーに行動も違うのよね~二人で見つめ合っちゃったシーンで、どっちが先に目をそらしたかとか、アスナが「ギルドを辞める」って言うタイミングとか。

アニメは電撃版に忠実ね。セリフもほとんど同じだし。でも演出でしっかりキリトくんのサチに対する想いとか、トラウマを組み込んでいていい感じだと思うわ~74層のボス戦で、ボスを倒したあとにキリトくんが気を失っちゃうじゃん。それをアスナが「キリトくん、キリトくんってば」って呼びかけるときに、キリトくん目線で一瞬サチに呼びかけられてるように錯覚するのね。そんなところもあたし的にはいいな~と思いました。アニメでは何度もサチの回想が出てくるもんね・・・

今日もまた、オチなしです(^_^;)
しかも何を言いたいのかわからない、かなり支離滅裂な文章になっちゃったけど、きんよーびで疲れてるってコトで許してくださいw



2 件のコメント:

  1. まおまお2012/11/09 22:16

    ハルキちん楽しそう♪

    そうね、チートってのは(ほとんどの場合)ゲームシステムが許容していないプログラミングの不正改編する事を言うからね~
    ゲームによっては裏コマンド扱い(コナミコマンドみたいな)のもあるけど、基本は不正な手段を使っての行為だしね~

    私もweb版読んでみたくなっちゃった~

    返信削除
  2. うんうん^^ぜひ読んでみて~16章の途中に、例の16.5話を入れて読むとより楽しめるよw

    パソコンとかスマホで読むなら、縦書きにしてくれるビューアとかの方が読みやすいね^^

    テキスト文を横書きで読むのはかなり辛い(^_^;)

    返信削除

Popular Posts of the Month