MH+ Alive-C 動作テスト実施中♪

ようやくビュワーの方も仕上がりました。使い方もUIのレイアウトどおりになるよう、LSLでのダイアログは使わないという方向で作成したので見た目で使えると思います。操作体系もダブルクリックとかボタン長押しとか各種キーボード操作とのコンボなどの複雑なものは一切使わずにひたすらクリックのみですw

ほとんど目に見えている部分のボタンっぽいところは何かしか機能が割り当ててありますが見た目で分かりにくい機能としてはiPhone風のホームボタンが表示中の施設へのテレポートになっています。その左側のはMAP上での表示ボタン。そのまた左はG、M、Aのレーティング区分の表示です。あと意味合いが独自な部分としては上部のOnlineとOfflineの表示切り分けのボタンかなぁ。

このシステムでは各施設に設置した装置で状態がOnlineの場合とOfflineの2態により区別するという仕組みで、登録された施設はOnかOffのどちらか一方にのみ表示されます。ま、普通にOnline = 営業中とかOpen中とかの意味で使って貰おうという趣旨です。また、Online状態である施設にはアバターが居るという状態でもあります。アバターの有無については集計時間のズレで人数が実際と異なる場合や0人でもOnline側に表示される場合もあります。数については小窓のパネルの上に、それぞれ数字で表示されます。

そんなところでビュワーについては見れば分かるんじゃない?ってところかなー。

1つだけ気になっている事は仕様というかビュワーを通してAdultなコンテンツにアクセスしてしまえるという状態を生じてしまうと言う問題。もっとも看板画像と若干の危険な言葉だけしか要素がないので、そうそう問題視しなくていいかなーって考えてます。一応は探してみたのですがLSLで得られるアバター情報にAdultコンテンツに対する可不可の状態を得る方法が見つかりませんでした。RLV対応のクライアントなら得られるかも知れないけどRLVは標準的に搭載される傾向はあっても全員が機能をONにはしていないから使えないですからねぇ・・・。LSLでAdultフラグを得る方法があれば知りたいです。
予定していた部分は全て出来上がったので、あとはひたすら動作テストなのです。特にSIMローリングリスタートの場合の再接続が一週間に一度しか実機確認できないので何が起こるかまだ予断できないですねw 施設側装置をそれぞれ再操作(一度Offlineにして再度Onlineへ)ってすれば問題ないけれど手放しで全自動稼働が望ましいだろうし、この辺はまだ動作要確認ってところ。そんな動作確認作業よりもテスト中での機能変更が多い事w ちょっと使ってみて思いついては変更ってのばかりやってますw 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month