MH+ Alive-C terminal update (v1.2)

terminal装置のアップデートを行いました。
対象は
●Alive-C terminal (無印版[adult]) → v1.2
●Alive-C terminal for MODERATE (M版) → v1.2
●Alive-C terminal Portable (P版) → v1.2

変更/修正内容は
・リージョンリスタートでのURL再設定において、ラグなどによりSIM側からURL払い出しが行われない場合の対策
・HTTPレスポンス部の使用関数の見直しによるコード圧縮

お近くのCasperVend re-delivery端末より受け取れます。
(近くにない場合はMH+ Labsの店内にあるre-delivery端末をご利用下さい。)


本体の置き換えによるアップデートなので現在の設定内容は消えてしまいます。
アップデート手順としては次のように行うと少しは設定が楽かも知れません。

①Alive-C terminalを「停止」(Offline状態にする)
②メニューより「設定内容確認」を選択(設定情報がチャットで流れます。10m以内で操作してください)
③メニューより「登録情報の抹消」を選択
④新しいバージョンのAlive-C terminalをREZする(事前にREZしても大丈夫)
⑤新しいバージョンのAlive-C terminalの各種設定を②で表示したチャット内容からコピペで移植
⑥新しいバージョンのAlive-C terminalを「開始」
⑦(ビュワーで設定内容どおり正しく動作しているか確認)
⑧古いAlive-C terminalを撤去

なお別区画の合算用リモートを併用している場合はチャンネル番号が変わってしまうので新たに設定し直す必要があります

◆追記
とりあえず旧バージョンでも継続使用はできますがURLデータが破損する状態が発生することが確認できた為、できるだけ速やかに最新バージョン v1.2 に移行してください。ビュワー側でも閲覧時に対処するよう小細工はしましたが破損データ発生元であるターミナルを正すことがいちばんです。(技術的な用語で説明すると、ストライド・リストを使用しているので1つ欠けるだけで後続のデータが全て不正になってしまう状態を誘発します)


0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month