MH+ leather Blindfold update (v1.2)



"MH+ leather Blindfold" update:v1.2 20150921

v1.2 - 20150921
**ADD : Camera draw LIMIT function (with min - max draw range control)
       ++ REQUIRED RLV ver2.9 or higher spec!! ++

**ADD : Can be specified the default gamma of the initial value.
       (this is for cool VL viewer users. because this viewer will always initialize the setting of WindLight at logins)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
久々のアップデートですが、モデルチェンジ!とかではなくて中身のマイナーアップデートになります。変更点はショボぃのですけど中の処理方式を大幅に変えた部分もあり、もしかしたら不具合が潜んでいるかも知れません。(着用者と他のアバターで2系統の操作系統になっていたのを1つにスマートに統合しました)

そんな見えない事よりも変更点ですが、2点ほど追加になります。

1.カメラ描画制限の機能追加
上記の画像を参照すると分かりやすいと思いますが、描画範囲をシステム的に狭めてしまう機能です。また、制限を与えるとカメラが描画最短距離以上は移動できなくなります。カメラだけ、みょ~んと移動させたり無理な仰角で表示したりALTキー併用でZoomさせたりが制限を受けます。また、単に制限をするだけでは面白くないので、制限のMIN-MAX間にてグラデーション表示をするように描画のalpha値も変更するようにしています。グラデーションはグレー系固定にしています。
今までだと、単に暗いだけとか、全体的にぼやけるとか全画面対象でしたが「見える範囲を限定することが出来る」ということなのです。

なお、カメラ描画制限の機能を利用するためにはRLV ver2.9仕様以上に対応したビュワーでなければなりません
この記事の執筆時点では、Restrained Love Viewer (つまり本家RLV)、Cool VL Viewer 1.26.15以上だけが対応しています。残念ながら最新のRLVaを搭載したFireStorm ViewerでもRLV仕様は2.8なので使えないと思います。

2.ガンマ値の初期値を手動設定可能に
前バージョンでもREZ時点でガンマ値取得→BKScreen機能Onでガンマ0.0→BKScreen機能Offでガンマ値を取得した値に戻す。という動作をしていたのですが、この方法だと問題が発生するビュワーがあるので(CoolVL Viewer)、取得したガンマ値によらず、指定したガンマ値で元に戻すことが出来るように手動設定項目を設けました。どういう問題が起こるかは実のところRLVの仕様どおりである故に発生する事象なので割愛しますw また、細かなことですがガンマ値を自動取得する契機をREZ時点のみとしていたのをBlind機能を使う際にBKScreen機能が有効な場合、毎回取得するように変更しました。これにより自動取得が有効なビュワー(FireStormなど)で、途中でWindLightの設定が変わってしまってもその都度動的に変化させることが可能になりました。(ただしBlind機能を使用中にBKScreen機能をOn/Offした場合はガンマ値再取得は行われません。一度Blind機能をOffにして運用してください)

と、まぁ謎な文章を続けていますがBKScreen機能を使う場合のみガンマ値が関係してきます。
なのでBKScreen機能を全く使わない場合かつCoolVLビュワー以外の場合は全く気にしなくてOK。


アップデート版は購入履歴を元に自動配信で配布しますが配送ミス等で受け取れなかった場合は
お近くのCasperVend-Redelivery端末から受け取ってください。
(購入場所がマーケットプレイスであってもCasper側に全て移送しています)



0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month