new pod station in Ogilvie SIM. (YavaScript pod tour)

Mãebaleia/Satori大陸のOgilvie SIMに新しくPod Stationが出来たようです。
位置的にはSatori大陸の西側にあたり、既存のツアーコースの反対側になるのかな。

出ているコースはM2 (Maebaleia South)の北と南で2コースでした。


北コース乗り場


南コース乗り場

このSatori大陸というのは"Japanese Continent"と銘打っている事もあってか、他の大陸よりも日本人系が多いのかも知れませんね。街道沿いにチラホラとそれらしい感じのを見受けます。


まずは南回りから乗ってみました。
所要時間は:約40分



国道の番号で言うと8号線になります。

ひたすら直線!

このあたりは速度15Km/hで進むので
かなりのんびりです

 ほんとに、ほぼ直線なんですよね。
ツアーに乗るより自前の乗り物で
クルーズした方がいいかも知れません


途中で道が途切れるという
サプライズもお約束w

船形態に変形して進行します

陸に上がってからは
時速18Km/hに少しスピードアップしてた

ちなみにDavrosのSIMの人だかりは
Japan Hiroba
という日本語を話す人達への初心者支援施設の1つらしいです
すぐ近くをPodで通ります


さらに南を目指して進行


南コースは
目的地は最南端の部分で
公道の最南端まで行ったら
そこから折り返しというルートでした
何故だか往路と復路で速度が違う謎w

次に北回りのコースです。
所要時間は:約26分

北に向かって進行しますが、すぐにトンネルで行き止まり。というのを確認してUターンしてきます。律儀にこれ以上に道は無いというのを確認w


暫く公道を南下すると
このあたりから海に向かって
オフロード走行をします

それにしても結構広大な空き地・・・

ちょうど海岸線に出たあたりで気球モードにチェンジします。どうやら海路だけど空から進行の様子。

この付近「変質者に注意」です。無言で乗り込まれました。仕方ないので無言で降りて再度ツアーをやりなおしたんだけど、またもや同じ場所で近くに寄ってくる。そして無言・・・・。気持ち悪い。せめて「Hi !」ぐらい言えw なにも言わないのが日本人らしいというか。。。lol
ツアーPodに普通の乗り物のようなEject機能があればいいんですけどね
ま、そんなのは付いてないので乗り込まれると対処不可です
Podは一度でも座ってしまうと着座カウントを消費してしまうので
離席しても他の人がもう座れなくなってしまいます
知り合い等でない限りは相乗りはやめましょう

1人で進行する場合でも空きの座席があると希にPodから落ちてしまったときに再度別の席に座り直す事でツアーを継続できるので助かるんですよね。


あとは快適な空の旅

何処かで通ったコースだなぁと思っていたら
眼下にPodツアーの小舟が見えます
既存のM2コースの物らしい


じゃあ、一体何処に向かって居るんだろうと地図を広げてみたら、目的地はBasiliskのpod stationのようで、南の海上を気球で移動するというコース内容だというのが分かりました。

それにしても、かなり陸地から離れているので
描画距離が256m程度じゃ
何も見えませんよ~

このあたりはウォーターフロントな別荘みたいに各々が海上に浮島を作ってますね。
海部分がプロテクトでなければ海岸線などは無視して埋め尽くされるという典型です。
BayCityやNautilus市に住んでいる人からは信じられない光景でしょうが、これが普通のメインランドな姿。よい景観が欲しければ景観ごと買わなくてはなりません。

 自動で定位置を通すツアーライドだから
なんとか通れるって感じです。
手動で操縦して通行するなんてのは
無理でしょうねw



あっさりとBasiliskのPod Stationに到着

最後はちゃんとPod形状に戻って
定位置に
そうなんですよ。
これがBasiliskから出るM2コースに繋がっているという結果でした。
このことから、Ogilvie SIMから出る「M2 (Maebaleia South)」のツアーライドは、最初は南コースで乗って、 次に北コースに乗りBasiliskに向かい、そしてBasiliskからのM2コースと進行するのがよいようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts of the Month