M3A1のぐんにょりストック

チープな折りたたみ式ストックですが妙にグニャグニャと曲がっていて面倒なことこの上なし。イングラムやスコーピオンのストックの方が直線的でまだましかなぁ。なんでこんなに曲がっている設計なのだろうか・・・。よくよく観察するとM3とM3A1でストックの形が違うようでした。横から見た感じだとほぼ同じ形状ですが、後ろのストックエンドにあたる部分とマガジンローダーの有無などに相違があります。
作り直したチャンバー部というかバレルのキャップ部分。解説書などのイラスト書きでは直線に見えるのですが、溶接の都合でかどれを見てもやや広がりのある筒形状だと感じるので、それっぽくデフォルメしてあります。それにしてもチープなフロントサイトですね、しかも溶接で直付けだし。こんなに適当だと正確に標的を狙えないような気がするのですが・・・。
いまの悩みどころはボルトの部分です。
ボルト側面に凹みがあるという珍しい構造なのですが、凹ませた穴のエッジが潰れてしまって綺麗に表現出来てない。かといってテクスチャの書き割りにするつもりもないし・・・。

2 件のコメント:

  1. 少し大きめに穴を開けてそこに筒状のプリムを埋めてはどうでしょう?

    M3のコッッキングレバー版も欲しいわぁw

    返信削除
  2. ボルト部分はシリンダー形状で、その側面に垂直な横穴があるのです。穴とシリンダーの接続面は曲面になります。Primで断面が曲面になる物が無いからねぇ、Prim埋め込みは出来ないです。
    コッキングハンドル版のM3ですか?

    返信削除

Popular Posts of the Month