MH+ Alive-C terminal update (v1.2)

terminal装置のアップデートを行いました。
対象は
●Alive-C terminal (無印版[adult]) → v1.2
●Alive-C terminal for MODERATE (M版) → v1.2
●Alive-C terminal Portable (P版) → v1.2

変更/修正内容は
・リージョンリスタートでのURL再設定において、ラグなどによりSIM側からURL払い出しが行われない場合の対策
・HTTPレスポンス部の使用関数の見直しによるコード圧縮

お近くのCasperVend re-delivery端末より受け取れます。
(近くにない場合はMH+ Labsの店内にあるre-delivery端末をご利用下さい。)


本体の置き換えによるアップデートなので現在の設定内容は消えてしまいます。
アップデート手順としては次のように行うと少しは設定が楽かも知れません。

①Alive-C terminalを「停止」(Offline状態にする)
②メニューより「設定内容確認」を選択(設定情報がチャットで流れます。10m以内で操作してください)
③メニューより「登録情報の抹消」を選択
④新しいバージョンのAlive-C terminalをREZする(事前にREZしても大丈夫)
⑤新しいバージョンのAlive-C terminalの各種設定を②で表示したチャット内容からコピペで移植
⑥新しいバージョンのAlive-C terminalを「開始」
⑦(ビュワーで設定内容どおり正しく動作しているか確認)
⑧古いAlive-C terminalを撤去

なお別区画の合算用リモートを併用している場合はチャンネル番号が変わってしまうので新たに設定し直す必要があります

◆追記
とりあえず旧バージョンでも継続使用はできますがURLデータが破損する状態が発生することが確認できた為、できるだけ速やかに最新バージョン v1.2 に移行してください。ビュワー側でも閲覧時に対処するよう小細工はしましたが破損データ発生元であるターミナルを正すことがいちばんです。(技術的な用語で説明すると、ストライド・リストを使用しているので1つ欠けるだけで後続のデータが全て不正になってしまう状態を誘発します)


MH+ Alive-C viewer update (v1.3)

MH+ Alive-C viewerがVersion 1.3となりました
主な変更は破損URLデータへの対応です。

変更点は
1.(追加) 施設の詳細情報を参照時に無効なURL情報であった場合、参照エラーが発生し動作停止してしまう可能性がある為、URL書式の簡易チェックを内部に追加



新バージョンは各地にあるCasperVendの再配送ターミナルから受け取ってください
(近くにない場合はMH+ Labsの店内にあるre-delivery端末をご利用下さい。)

D-Martにて直販の入手の場合はCasperVendに購入記録が無いので新たにベンダー(D-Mart以外の)から入手してください。

Viewerについては動作しなくなった場合、サクッとスクリプトをリセットしても全然OKなので、もしものときはリセットも試してみてください。


余談ですがViewerは編集可能なので各自でお好きなサイズにリサイズ、およびプリム配置の変更を行っても問題ありません。好みのレイアウトで使用してください。プリムのリンク番号は不問なので分解して再リンク、プリム追加しても動作します。ただし、既存プリムのプリム名称だけは維持してください。プリム名で判断して動作しています。

無料のSculpty Sorter でmap画像の整理

以前から整理しようと思っていたインベントリー内にあるスカルプトMAPの画像たち。普通のテクスチャは整理用のツールに殆ど入れ込んであるのでスッキリしてますがスカルプトMAP画像だけはそのまま放置していたのでした。画像として開くとなんだか虹色な変な模様とかに見えたり透明だったりで、どのような形のスカルプトなのかインベントリー上では分からないので手つかずなのでした。ま、今時になって整理しようと思ったのはもうそろそろ使うこともないだろうってことで即時に使える状態でも困らないものは片付けようってところなのです。使わないなら破棄してもいいんだけど、なんか折角集めた物だから、いや自然と積もり積もってしまったものだけど捨てるのもなんだかなーってw

そこで、こういった物の整理用のツールで各種オーガナイザーが販売されていますが、そうそう頻繁に使わないから安い物でも買おうかなぁと思ってみたりもしましたが使い勝手が良さそうな物だと高価で安価な物だと無料の物と大差ないような見た目の物も多く、それなら自分で機能追加とか出来無くないから無料の物でいいやーってところ。
ベースとして使ったのは「Scilpty Sorter 3.0」の据え置きタイプ。元々のままだとチョっとプリムが多いので不要なプリムを取り払ってスリム化とスクリプト内でテクスチャーの重複チェックが行えるように機能追加しました。HUD装着版も入っていたのですが、やっぱりHUD上だと平面でしか見えないのでスカルプトの形がどのようなものか判断しづらいので据置型がいいですね。 

しばらくはこのアバターで行こう~♪

 先週からゴリゴリとシェイプを弄って修正していました。気分転換でもあるけれど、MESHボディを常用していくことにしたので、それならばシェイプやスキンも見直しかなーってことで弄り始めるときりがないのが分かっているのに やってしまいましたw 手持ちのスキンが好きだったので、それを使って色々と売られているシェイプを試してみたもののスキンが特殊なのか、なかなか良い結果に結びつくような組合せは見つけられませんでした。なので諦めて手持ちの自作シェイプを弄ることに・・・。でもかけ離れた見た目のキャラを作るのには躊躇してしまうので微妙に鼻だけを弄る程度にとどめました。やや雰囲気が違って見えるのは同じ作者さんの別のスキンに載せ替えた為です(以前はこのスキンを使っていました)よくもわるくも2007,2008年あたりの顔がベースになっているので少し古めかしいアバターになってしまっている感じは否めないですねw
 顔を弄るのが主題ではなく、大幅に変更したのはボディ全体のバランスです。漫画のキャラとかなら6.5等身ぐらいでしょうけれど、子供っぽくなりすぎないように調整して7.1等身にしてみました。全体の身長も元が1.79mだったのを1.60mにまで身長を下げて股下というか足の長さと腕の長さも日本人らしい感じで日本人の平均値などを参考に調整しました。日本人サイズと大きく異なるのはバストサイズと骨盤の横幅ですね。特に骨盤や腰回りは日本人平均値ではなくSecondLifeのスタンダードサイズのXSサイズに近くなるようにしたので着物とかは似合わない体型ですね
身長をFootで表すと5フィート3インチなので、ややもするとチャイルド扱いを受けてしまうかも知れません lol

MH+ Alive-C P版にてトラッキングゲーム風に楽しむには

Alive-C terminal portable 版は他のM版、A版といったレーティング区分の違いによる使い分けではなく、個人向けであるという認識をしてもらっていると思います。本来は固定的な土地を持たないユーザー、例えばDJやダンサーなどが一時的に情報発信をする為に使用したり、既存の施設に特別のイベントなどの告知の為に追加で施設したりする用途で使う為にポータブル版はあるのですが、そういった固定位置で使う利用法だけでなく移動体として利用する方法も可能としています。

この移動体での発信機能を利用することで各種のトラッキングゲーム(Kidnap系ゲームによくあるもの)のように、移動するターゲットとして利用することもできなくはないのです。あくまで楽しみたい概要の紹介と現在位置の告知しかないのでシステム的に攻撃したりとかRLV機能を使ったりとか何らかのペナルティがあったりとかはなく、利用者任せではあるもののそういった趣向のユーザーが居ることを知らせることできっかけ作りにはなるんじゃないかとの考えです。



■トラッキング風にするには
1.ポータブル版をアバター装備として装着します
2.位置Trace機能をONにします
3.(任意)プロフ添加をON(またはOFF)にします
4.【開始】

これであなたの現在位置を通知する告知の完成!
プロフ添加をOFFにした場合は誰が掲載しているのか現地に移動しない限りは顔見知りでない限り知ることはできません。Kidnapゲームとして出会いのドキドキを楽しむならプロフ添加OFFも面白いでしょう。



■完全匿名で出逢い風にするには
1.ポータブル版を何処かの土地にREZ設置します
 (アバター装備として装着使用でもOKですがOFFラインでの発信ができなくなります)
2.位置Trace機能をOFFにします
3.どこか任意のSLURLをダミーで設定します(設定しない場合は現在位置になってしまうので匿名でなくなります)
4.プロフ添加をOFFにします
5.【開始】

これで発信者アバター名も位置情報もまったく匿名の告知の完成!
このままだと閲覧者とのコンタクト手段がないので何らかの連絡方法を明記した告知にしましょう。
匿名だからといって悪いことには使わないようにw



まぁ、あれをするな、これはイカンとかは言いません。
そんな自由でカオスな方が楽しいでしょw
完全匿名の掲載例をP版の実環境で追加してありますので
どのように見えるのか参考にしてください


★追記
常に100ユーザーぐらいが接続している某Kidnapトラッキングゲームでは日本人ユーザーは居たとしても1~2人程度です。これはSecondLife全体での日本語ユーザー人口比率に比例しています。その比率を以って日本語ユーザーだけの環境にしたらどうなるか分かりますよね。そう、0.01人であり1人すら存在しないことになります。そのため専用の日本語トラッキングゲームとはせずに汎用的に使える中に含める形なのです。

プレイヤーが居ないのは日本語のユーザーが少ないことに起因する問題なのは皆さん感じていることでしょう。メディアに露出しなくなった分、新規ユーザーの入りが悪くなる、当然のことです。ならば自分たちで少しでも露出して入り口を増やしていけばいい、そんな風に思っています。このBlogとかTwitterとかできっかけになればいいかなーって。でも露出しない所で展開しても無駄になってしまうのでそれは避けたいですね。匿名な掲示板とか、コンテンツアグリエータ(BOT等)が入れないHttpsなセキュアな場所やCloseされたSNSなどは内輪で盛り上がる分には外的妨害を受けませんから快適ですが情報を共有しないため未知なる第3者には全く伝わりません。そのことをLindenは狙っているのか(たぶん意図的に)公式フォーラムだけはセキュアプロトコルでなくても閲覧だけは出来るようになっています。閉ざされた場所に潜っている人達は浮上するようにw






Popular Posts of the Month