MH+ Alive-C terminal update (v1.1)

terminalの不具合改修 : 自動開始がOFF状態の場合に手動での再接続が行えない場合がある
 →自動の場合は自動開始する際にエラーカウントを戻しているのですが、手動の時に戻らない場合があってずっとエラー状態のまま動かなかったようですw

serverの調整 : たまたまなのかSIMリスタートのイベントが拾えていないようでした。同じSIMに置いてある同種のスクリ プトも動きが変だったのでたまたまなのかなぁ・・・。頻発するようなら再考してみます。

とりま、まだまだ様子見なところが続きますが、よろしくです~。

MH+ Alive-C の接続経路

図で示す流れでSecondLifeクライアントがある場所(あなた)から直接的にWEB参照をする接続は一切ありません。また外部WEBへのアクセスはAlive-CサーバーのURLアドレスを得る為だけに使用し、全てSIM間の通信のみで稼働するようになっています。これにより各ターミナルより発信されるRating-AであるコンテンツはSecondLife内に閉じているので外部に露見すると色々と問題となりそうな部分をクリア出来ていると思います。
 しかし実際にはSecondLifeのセグメントというかクラスタでイントラネットやVPNのように完全に閉じている世界ではないので屁理屈を言われると確かに野ざらしではありますが、直接クエリー無しで応答する仕組みではないので、まぁ大丈夫ってところでしょうか。独立した世界のように見えて、実は外部から見える仕組みが色々あるので厄介ですねSecondLifeは。例えばテクスチャーとかUUIDにURLを付けるだけで外部から参照できるようになってたりしますからね。こんな感じで、 http://secondlife.com/app/image/テクスチャーのUUID/1 表示できます。なので看板画像などにあまりにも卑猥なモノやチャイルド物は使わないでくださいねw



私が使っているFirefoxのAddon 2014_10

前回、Firefoxの29への更新時に落胆してしまってそれでも火狐さんが好きだからESR版の24.x系に逃げたのですが、それでもとうとう次のバージョンに移行する状況となり現在はESR版のFirefox31.2を使っています。
アップデートした直後は29への更新時と同様に丸っこいタブとアドオンバーが消えたスタイルでしたが以前のスタイルを再現するアドオンが進化していて殆ど変わらない見た目とすることができたので31系で落ち着きました。使用しているアドオンが動作しないなどは特になかったのですが代わりにuserChrome.cssで格闘するはめになりましたw

若干、アドオンも以前と変わったかな。いわゆるお勧めアドオンとかじゃないです。
現時点で私が使っているFirefoxでのAddonの一覧です。以前に使っていたアレって何だっけーとかの備忘録代わりですが参考になればとの思いから公開しておきます。 

Adblock Plus
 解説不要な広告除去のアドオン
 メモリー食いなので購読するフィルタは1つが望ましい
Add to Search Bar
 非対応の検索サイトでもサーチバーに登録できるようにするもの
Biscuit 削除しないcookieとか指定できる。いろいろ似たのがあるコレが直感的でよかったかな
Calculator
 数式表示型の電卓。単位変換なども可能
chaika
 2ch形式Web用の専用アドオン。検索のFIXは各自でパッチを当てる模様
Classic Theme Restorer
 Firefox29より以前のUIを再現するもの。私にとっては必須かなー
Cleanest Addon Manager
 アドオン一覧の表示を一行表示にレイアウト変更するもの

DownThemAll!
 リンク抽出など+専用のダウンロードマネージャ。連番指定の展開も出来るので入れてみた
Echofon
 ツイッター用軽量クライアント
Expire history by days 
 指定期間で問答無用に履歴を消すタイプのもの。PlacesCleanerとの入れ替え
Flash Video Downloader - Full HD Download
 ページ内のFlashオブジェクトから動画をダウンロードするもの
Forecastfox
 AccuWeather.comの気象データで天気概況を表示。表示地域が細かいことと日本語にも対応していたので鞍替え
Form History Control
 フォームの入力や検索履歴の各種入力履歴を時限やパターンで自動消去するもの
FoxClocks
 ツールバーなどに指定した地域の日時を表示するもの
Gmail Checker
 マルチアカウント対応のGMAILチェッカー。簡易的にタイトルのみを取ってきてくれる
Greasemonkey
 指定のURLにてクライアントサイドのスクリプトを動作させるもの
Preferences Monitor
  アドオンの使用変数を一覧表示し選択除去するもの。使わなくなったアドオンの残骸を掃除するのに便利
 eCleanerよりも検索機能などが付いてるので使いやすい
proxylist
 所謂Proxyの切り換えaddon。機能のOn/Offがリストメニューからの起動なので入れたまま放置でも軽そうだった
PubPlugin
 ハンゲーム起動用のなにか
Quick Translator
 いわゆるWEB翻訳
QuickNote
 メモ帳ですね。ローカルのテキストファイルを編集閲覧
Saved Password Editor
 ブラウザに保存したパスワードデータを任意に編集できるもの
ScrapBook
 表示しているページをローカルファイルに保存。保存データにはマーカーとか色づけなどが出来る
Smart Referer
 基本動作は同一ドメイン内でのみrefererを送信するようにするもの。指定パターンやドメインでrefererの有無を指定も可
Tab Mix Plus
 一番人気のあるタブツール。以前は激重だったので使っていなかったけれど最近のは軽いのか気にならない
Tiny Menu
 メニューバー上の各種メニュー項目を1つの項目から呼び出せるようにするもの
Unshorten.It!
 圧縮URLを展開表示してくれるもの 
セッションマネージャ
 細かい間隔でセッションデータと表示しているタブの状態などのバックアップをとってくれる
 Tab-MIXと機能が重複するように見えるけれど、コレを導入するとTab-MIX側の機能は停止するようになっています



今回からは使わなくなってしまったaddonたちとその理由
■AniWeather
 →ツールバーなどに天気予報を表示。いろいろあるけどコレの見た目が好み
  しばしばサーバーが止まる事があったのでForecastfoxと入れ替え
■eCleaner
 →アドオンの使用変数を一覧表示し選択除去するもの。使わなくなったアドオンの残骸を掃除するのに便利
  Preferences Monitorと入れ替えのため削除
■Linky
 →表示ページ内の画像や画像のLINK抽出したり別ページに纏めて表示したりするもの
  これも殆ど使わなくなったけどOFF状態で置いてあります
■Organize Status Bar (Revived)
 →古いステータスバー上にアイコンを展開するアドオン向けの表示順を入れ替えるもの
 とりあえずコレが無くて表示順が不確定でもそんなに困らないかと考え直して削除w
■PDF Viewer
 →ア○ビ製ではないPDFビュワー。HTML5で直接PDFを開く
  Firefox31からは標準状態でPDF表示に対応したので不要になった
■Pearl Crescent Page Saver Basic
 →表示ページ全体をレンダリングして図像保存してくれるもの。滅多に使わないのでOFFってます


MH+ Alive-C terminal 限定公開

動作が安定しているように見えるものの、やはり実働台数が増えるとどのような挙動になるか怪しいところもあるので、まずは数量限定(限定数=20セット)で公開したいとおもいます。まだテスト的な段階にありますが賛同していただけるようなら設置してみてください、もちろん限定特価ですw。なお、限定数に満たなくとも来週のサーバーローリング・リスタートを経て限定公開終了とします。その後は通常価格になる予定ですが、もしかしたら大改修が必要で暫くは使えない状態になるかも知れません。リスタート後に手動でOn/Offすれば全然問題ないんですけどね~。全自動であったときに再接続に必要な時間的マージンが今ひとつ見切れてないところです。

運用に際しセキュリティ等不安になるかも知れませんが通信は全てセカンドライフ内から行いますので個人情報などが何処かにリークするような事はまったく発生しませんのでご安心下さい。 

Rating : A  のリージョンへ向けたアイテムであるので
利用には条件があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
■設置可能条件
++++++++++++++++++++++++++++++++++
●設置する土地のレーティング区分により次の条件があります

1)設置先がADULTリージョンの場合
 →特に制限はありません

2)設置先がModerateリージョンの場合
 →①設置先の区画が外部からアバター不可視に設定されていること
 →②設置先の区画がグループ専用またはアクセスリストで制限されていること
 →③設置先の区画が外部から見えないように覆われた閉鎖空間であること
 詳しくはLinden公式のFAQ参照
 http://wiki.secondlife.com/wiki/Linden_Lab_Official:Adult_Content_FAQ

2)設置先がGeneralリージョンの場合
 →利用できません


●設置する土地の状態に次の条件があります
・区画面積が128SQM以下の場合は利用できません
・区画のオーナーがLinden総督(Governor Linden)の場合は利用できません


●任意ですが、設置する施設は日本語を話すユーザーに理解を示すものとします
・施設オーナー(運営者)の国籍や居住地は不問です
・設置先区画のオーナー ≠ 施設のオーナー(運営者)でも構いません
・設置先SIMのオーナー ≠ 設置先区画のオーナーでも構いません
・硬い事は問わず日本語Welcomeな場所であればOKです


こまかな操作説明などはアイテムに添付してある説明書を熟読してください



 ちょっと分かりづらい場所にベンダーパネルを置いたので迷わないように貼っておきますねw
http://slurl.com/secondlife/Nautilus%20-%20Bomilcar/61/39/24
なお、遠隔地にあるMH+のマルチベンダーでは扱っていません。


ビュワーも同じ場所にあります。ビュワーの解説は下記の図を参照。



MH+ Alive-C viewer 配布開始

Viewerの方はこのままでリリースします。
操作説明書は添付してません。
代わりに下記の図解が一枚入れてあります。
あと、装着部位は初期規定がHUDのTop Rightですが、
4隅(Top Left / Right または Bottom Left / Right)の何れかであればOKです。
まだ全然Alive-C terminalの設置が進んでいないので表示データは全くありませんw
現段階での配布はターミナル設置者向けの意味合いです。

Popular Posts of the Month

Comments