MeshボディはZ-Orderが厄介かも

日常的にMeshなボディーを使っていますが、いつも面倒だなぁと感じるのが透明な物と重なったときのZオーダーの振る舞いです。いわゆる以前からあるアルファ・バグなのですが、Meshボディーではより頻発するようになったように思います。



一番よく発現するのがログイン直後でボディやら服やらスキンやらが一斉に読み込まれるとき、左の画像のように髪のテクスチャのアルファとボディのアルファ部分が作用してしまって髪が透けてしまうようになってしまうのです。こうなると一度、髪を付け直せば元に戻るんですが気が付かないでそのままなんてこともよくあります。特に自分自身をスクリーンショットの撮影時など以外では後ろから見てますからねぇ。

Meshボディー以前からでもスカルプトの衣服などでアルファチャンネルの重なりによる現象はありましたが衣服の部分的な現象だったので気にならなかったのですがMeshボディでは体全体でそれが起こってしまうことから、なんだかなーって気持ちです。


髪が重ならないような形だと気にならないことかも知れません。
もしくは、髪のテクスチャに透明の成分が少なくて重なってもアルファバグを誘発しにくい物とかも気が付きにくいことでしょう。髪のメーカーさんによってはテクスチャのアルファに頼らず造形だけで工夫されているものもあったりします。


また、画像のようにMeshボディにレイヤーな服を着せると(アプライヤー)クラシックアバターのシステムレイヤーな服と違って基本的にボディより少し大きな面での重ね着なのでスキン部分がある面よりも少し離れて(浮いて)見えてしまうのは仕方ないのかなぁ・・・。遠目に見てれば気にならないし、ま、いっかーw


以前から使っているクラシックアバター用に作られている貞操帯ですがリグ無しなので細かにサイズ調整すれば大体はフィットさせることが出来ました。でも体を動かすとめり込んでしまったりするのはご愛敬かなぁ。Kemonoさんボディとかだと専用のアイテムが作られていたりしますが普通の人間用Meshボディ向けのアイテムはまだまだ少ないと思います。

ブーツ部分も以前のクラシックアバター用のアイテムでMeshではなくてスカルプトプリムです。ハイヒールなどと違って足の形に合わせる必要がないから、こういったブーツ類は古い物でもまだまだ流用できます。
ログイン直後でなくてもアプライヤーを入れ替えたときにもZオーダーが変わってしまって髪などが透けてしまうのです。これはちょっといただけない事象かなぁ。服を脱いだり着替えたりといった操作に等しいことなので、こーいうのを気に掛けないといけなくなる。
それだけ厄介事があっても、やっぱりMeshボディは魅力ですね。特に滑らかなお尻のラインかな。
一度でもMeshボディを体験してしまうと、もうクラシックアバターは使いたくなくなること間違いなし。それだけ素晴らしいというのではなく、クラシックアバターがそれほど酷い出来なのですから・・・
 そんなに酷いクラシックアバターですが、やはり個性を出すには積年の資産が使えるクラシックアバターが有用なのでMesh全盛の今でも首から上はクラシックアバターという組合せが根強いです。しかし誰でも簡単に同じように好みの顔立ちとすることが難しい所もあり、またクラシックアバター特有の造形に引きずられてしまうことを断ち切るためにもMesh製のヘッドを使用する人も増えてきていますね。


MH+ Alive-C viewer update (v1.3a)

MH+ Alive-C viewerがVersion 1.3aとなりました
terminal側[A版]の緊急修正に合わせた内部的な変更のみです

変更点は
・ServerURL参照用の外部WebのURLの変更


新バージョンは各地にあるCasperVendの再配送ターミナルから受け取ってください
(近くにない場合はMH+ Labsの店内にあるre-delivery端末をご利用下さい。)

D-Martにて直販の入手の場合はCasperVendに購入記録が無いので新たにベンダー(D-Mart以外の)から入手してください。


追記:
現在、オフライン側に表示されるデータに旧ターミナルのものも残っていて選択するとデータ無し(404)として表示されるか、応答までに数分間要する状態が発生しています。旧ターミナルのデータは新バージョンに置き換えられるか、データ未更新での削除契機(約2週間)で抹消されるまでは残りますので、それまでは少し不便な状況が続きます。なおオンライン側に表示されるデータは現在の新版ターミナルによるものなので選択クリックしても問題ありません。 

追記2:
ご質問があったのですが「Alive-C Viewer vendor」はネットワークベンダーなので配信するアイテムは自動的に新しい物に変わります。このためベンダー自体はそのままで大丈夫です。





MH+ Alive-C terminal [A] update (v1.2a)

terminal装置のアップデートを行いました。
対象は
●Alive-C terminal (無印版[adult]) → v1.2a
○Alive-C terminal for MODERATE (M版) (変更無し v1.2)
○Alive-C terminal Portable (P版) (変更無し v1.2)

変更/修正内容は
・ServerURL参照用の外部WebのURLの変更

お近くのCasperVend re-delivery端末より受け取れます。
(近くにない場合はMH+ Labsの店内にあるre-delivery端末をご利用下さい。)


本体の置き換えによるアップデートなので現在の設定内容は消えてしまいます。
アップデート手順としては次のように行うと少しは設定が楽かも知れません。

①Alive-C terminalを「停止」(Offline状態にする)
②メニューより「設定内容確認」を選択(設定情報がチャットで流れます。10m以内で操作してください)
③メニューより「登録情報の抹消」を選択
④新しいバージョンのAlive-C terminalをREZする(事前にREZしても大丈夫)
⑤新しいバージョンのAlive-C terminalの各種設定を②で表示したチャット内容からコピペで移植
⑥新しいバージョンのAlive-C terminalを「開始」
⑦(ビュワーで設定内容どおり正しく動作しているか確認)
⑧古いAlive-C terminalを撤去

なお別区画の合算用リモートを併用している場合はチャンネル番号が変わってしまうので新たに設定し直す必要があります

//
半年以上利用していた[A]リージョン用外部Web(いわゆる無料鯖)が折れてしまいましたlol
転送過多なのかillegal判定なのか分かりませんが、おそらくはillegalの方かなと思います
とりいそぎ回復する必要のため[M]リージョン用の外部Webを[A]リージョン用と兼用とします

コミュニティ系ネットサービスにおけるSecondLifeのタグを見る

ウェブページやブログなどのようにコンテンツアグリエータ(いわゆる検索ロボット)にヒットするものは簡単に探すことが出来ますが、コミュニティ系ネットサービスのコンテンツは各種SNSのようなクローズした環境でなくオープンアクセスであるけれど検索ロボットに抽出・蓄積されないコンテンツとなりWeb検索(GoogleやBingなど)ではindexされず発見することは難しいです。けれども、それぞれのサービスにおいて検索機能が提供されているものであれば欲しい情報を探すことも可能ですから”SecondLife”のタグを抽出してみました。


■Twitter
https://twitter.com/search?q=#secondlife
日本語の投稿に限定するには言語指定で絞り込みます
https://twitter.com/search?q=#secondlife lang:ja
※他にも独自の識別タグを使っている人も居ます

■Google+
https://plus.google.com/u/0/s/#SecondLife
日本語の投稿に限定するには何れかの平仮名を含む投稿に限定することで絞り込めます
https://plus.google.com/u/0/s/#SecondLife あ|い|う|え|お|か|き|く|け|こ|さ|し|す|せ|そ|た|ち|つ|て|と|な|に|ぬ|ね|の|は|ひ|ふ|へ|ほ|ま|み|む|め|も|や|ゆ|よ|ら|り|る|れ|ろ|わ|を|ん
※他にも各コミュニティ単位で独自の識別タグを使っている所もあります

■Facebook
https://www.facebook.com/hashtag/secondlife
日本語の投稿に限定するにはキーワードを片仮名にするぐらいしか手段がありません
https://www.facebook.com/hashtag/セカンドライフ
※FBの場合は片仮名で検索すると老後の第2人生の方が結構出て来ます

■tumblr
https://www.tumblr.com/search/secondlife
日本語の投稿に限定するにはキーワードを片仮名にするぐらいしか手段がありません
https://www.tumblr.com/search/セカンドライフ

■Plurk
http://www.plurk.com/w/#SecondLife
日本語の投稿は残念ながら見つけることが出来ませんでした lol

個人的な意見になりますが片仮名表記のタグおよび表現だと老後の第2人生と被ってしまうので使わないことが望ましいと考えます。少なからずSecondLifeがそこらじゅうに露出したとき、現実世界の地名と仮想世界での地名の被りで誤解を生じるような出来事があったことを覚えている方なら片仮名表記での被りによる危険性があることを理解して貰えると思います。

Alive-Cの利用状況

運用開始から数ヶ月が経ち無事に安定稼働といえる状態になったと思われます。けれども各位の利用者側からどのような状態であるかは知るよしもないことではありますが気になるところではないかなぁと思われるので総計的な実データを公開します。

画像に写っているのはAlive-Cの中核にあたるサーバー側の装置です。3台あって、それぞれ無印版、Moderate版、ポータプル版を担っています。表示されている数値の意味合いは、いちばん登録データ数が多いのが無印版(Adult)を例に取ると登録数が合計で29件(16+13)です。下段の表示でサーバーへのアクセス数が14877件です(Webページでのヒットカウント相当)

まぁとりあえずは気休めというか不透明と思える実体を見て貰うことですっきり安心して貰えればとの考えです。全てはSecondLifeの中で稼働しています。

Popular Posts of the Month