OpenSim + Community + Marketplace = Hypergrid Business

Second Life以外の仮想空間サービスはこれまでにも、そして今も色々と存在しますがその中でもとりわけSecond Lifeに最も内容が近く利用者も多いのがOpenSIMを利用した環境でしょう。スタンドアロンの環境で個人SIMとして楽しむことも出来ますが、もっと大規模に商業目的で構築されたグリッドサービスはAvinationとかVirtual-paradiseinworldzなどチョっとしたブームを巻き起こすような物までありました。それらは本家Second Lifeに比べて格段に利用料金が安いこともあり魅力を感じていた人も少なくないと思います。けれども、その殆どはグリッドサービスのみ、あるいはグリッド+専用コミュニティという構成で、独自のマーケット、すなわち経済面での特化したシステムを持たない物でした。しかしながら2012,13年あたりから成長してきたKitelyというサービスは独自のマーケットを持つサービスとして稼働しています。
現時点での利用料金の詳細ですが、1人1SIMは当たり前みたいな激安(本家SecondLifeと比べて)です。内部通貨での従量払いもあるようです。
 ユーザー作成の各種地域への案内ページ。色々と作られているようです。
結構、作り込みも凄いように見えますね。

こちらが専用のマーケットのページで、さながらかつてのOnRezとかMETALifeとかApez.bizとかを思い起こしてしまいそう。現状では本家SecondLifeのマーケットとしてはSL-marketplaceの他にAvameetや、やや特殊ですがPrimBayもありますが、これらは単独のマーケットのみなので、グリッドサービス+マーケットという構成はOpenSIMでは他にもありますが、このKitely は割とすっきりしてるように見えます。

 単独のマーケットという構成ではOpenSIMの方がサイトの数としてはSecondLifeよりも多いかも知れませんね。複数のグリッドサービスをサポートするものや、特化したアイテムのみを取り扱うなど専門性の高いサイトなど色々とあるようです。各種リソースもOpenSIM系からSecondLifeに逆輸入することも起こりえるでしょう。リソースについてはHypergridBusinessサイトの記事で纏められているのがあるのでSecondLifeユーザーでも参考になるところがあると思います。


本家SecondLife住民としては良い意味でグリッドサービスの競争をし、より良くなる方向であって欲しいですね。

MH+ leather Blindfold

=======================================================
MH+ leather Blindfold readme
=======================================================

//Features//
** RLV function supported.(lock and more!)
** Lock Timer function.
** not require a separate HUD.
** Selectable body part color.(preset 11 color texture)
** Multi owner register supported.(up to 10 owners)
** One time key lock function.(by approval of the wearer)
** Little script resources. (1 scripts only)


++++++++++++++++
MENU FUNCTIONS
 (main menu)
++++++++++++++++
 [LOCK] / [UnLOCK] : lock / unlock items.
 [BLIND] / [UnBLIND] : blinds / unblinds the wearer.
 [RLV] : show RLV restrictions menu.
 [TIMER] : show timer menu.
 [OWNERS] : show owner-list menu.
 [COLOR] : show color change menu.



++++++++++++++++
 (RLV menu)
++++++++++++++++
 [BKScreen]   : toggle black screen function on / off
 [Blurriness] : toggle blurriness screen function on / off
 [names]      : toggle show names function on / off
 [hovertext]  : toggle show object-hovertext(on worlds) function on / off
 [worldmap]   : toggle show worldmap function on / off **
 [minimap]    : toggle show minimap function on / off **
 [location]   : toggle show location-information on / off
 [ownerCTRL]  : toggle wearer the operation of owner menu (allow/deny)
 [(BACK)] : return to main menu

**) If "location" is prohibited, they do not work.



++++++++++++++++
 (TIMER menu)
++++++++++++++++
 [+3min],[+5min],[+10min],[+30min],[+60min] : increase the time of the timer
 [-5min],[-10min],[-30min] : decrease the time of the timer
 [timerCLR]   : clear the time of the timer
 [timerStart] : start the timer function
 [timerStop]  : stop the timer function
 [(BACK)] : return to main menu

 Increase or decrease in time is possible even when you start the timer.
 (However, except for self bondage :p)



++++++++++++++++++
 (OWNER-List menu)
++++++++++++++++++
 [Add Owner] : (wearer only) added as an owner.
 [Remove Owner] : (wearer only) remove from owner-list.
 [List Owners] : Show the list of owners registered.
 [Remove Me] : (registered owner's only) remove from owner-list.
 [(BACK)] : return to main menu.

 If you remove the owner registration in the state where it is locked, the lock is released.
 (Wearer is must be allowed "ownerCTRL" function)



+++++++++++++++++++++
 (COLOR Change menu)
+++++++++++++++++++++
 [OUTER],[INNER],[BELT] : select the part you want to change.
 [black],[red]....the name of the color :  select a color
 [(BACK)] : return to main menu.



-----------------------------------------------------------------------------------
For inquiries, please send a notecard to Mayumi Hirano.
(c)2014 MH+


-----------------------------------------------------------------------------------


なんかアイテム作成なんて、1年以上ぶりですが、チョっとこういうアイテムが欲しくなって探してみたんだけど機能的に好みに合わなくて無い物は作れと言うことで作ってしまいました。はいw
 このためアイテムのサイズは私のアバターサイズになっております。(極端に標準から外れた体型じゃないので他の方でも、そのままでフィットすると思いますが適宜、ご自分でリサイズしてください)
 まずは何でアイテム作らなかったのかってのは、昨年と今年の直近まで、ずーっと他の場所で監禁生活していたので特にアイテム作成とかして過ごすとかやらなかったんです。逆に言い換えると、私がアイテムを作るとき=暇なときw もしくはロールプレイ中で必要なアイテムを作成する必要があったときなんですよね。 ずっと昔に銃器を作り始めたときも、ラグで弾が出ないからまともに動く物を作ろうというのがきっかけでした。
 ま、そういう与太話はさておき、目隠しアイテムはずっとDari'sの無料ジャンク品を改造して(HUDを付けなくても動作するように)使っていたのですが、やはりスクリプトが多くてラグの元になりそうなところや、せっかく色々とあるRLV機能などを活かしていないとか気になるところが多々あったので、今になって(現在は繋がれていなくて拘束もされてないのでw)作ろうかなーって気持ちになって(プレイ相手も居なくて暇だから)じゃ、自分仕様のモノを作っちゃえ!って相成りました。基本的な自分仕様での好みはRealRestraint製品のようなアイテムのLock(=着脱不可)とアイテムの機能(例えば腕を拘束するなど)が非連動で鍵を外さない限りはアイテムの機能の使用有無にかかわらず当該アイテムはLockされたまま、という感じ。(ちょっとややこしい表現かな)

で、自分仕様のこの目隠しですが、機能的にはRLVによりLOCKをしたまま上記画像のように目隠し状態を変えて使用することが可能です。また、邪魔になる別途のHUDなども使用しません。一応はセルフボンデージ派のためにロックタイマーも装備してあります。細かなところでは目隠し状態の時でも名前の表示をOnにしたりとかロケーション情報だけをOffにしたりとか各種抑止の変更も可能です。(ただしHUD上のホバーテキストだけは抑止せず常時表示としています) ほかには少しばかり外観の色を変える為の仕組みもありますがMOD可能なので各自で好みのテクスチャを貼ることもできます。なお、この目隠し状態の画面の「ぼやけ」状態はRLVにてデバッグ設定をセットします、また暗転の状態はWindLightの大気シェイダーを変更します。このことからWindLightが有効なクライアントで、かつ、RLVの環境変更コマンド(@SETENV系)が許可された状態でないと正常に動作しないのでご注意下さい。

MESHアバターが初期選択に登場!あなたも無料で美男美女

フォーラムでも告知されたとおりSecond Lifeのdefault avatarの選択技としてMESHでのアバターが公式に登場しました。とりあえず見るだけならWEBからでも新規アカウント作成ページで閲覧することも出来ます。以前のアバターが無くなったのではなく、それらはクラシックという扱いで継続されています。全身MESHなアバターとしてはこれまでにもユーザー側で作成された物が色々とありましたが公式に採用されることでこれは公認でありこの路線で行きますよという現れと思います。あたらしいものをどんどん取り入れて「やれば出来る子」っていうところでしょうか、SecondLifeらしいところが感じられますね。MESHアバターは今までも存在したけれどクオリティーが高い物となると、それなりに購入金額も必要になりアカウント作成直後のユーザーでは手が出しづらいものであったけれど、初期アバターとして採用されることで最初から精細なアバターを使うことが出来るようになったのは嬉しい限りですね。(その後に新規ユーザーは服の着替えなどクライアントの操作に苦労させられるかも知れませんが・・・lol)
  Second Lifeでのアカウント作成時のアバター選択は所謂MMORPG系などのアバター選択をイメージしていると困惑するかも知れませんね。要するに初期状態の「アバター作成」というステップは存在しません。好みの既製品を選択するのみなのです。ここで選択した物が最初にログインしたときに、その姿に仕上がっているというだけでアバターの詳細な設定はログインした後で行うことになります。(極希に最初に降り立つSIMのラグによって選択したアバターでない場合もあり得ますが笑って許す寛容さも必要ですw)



この初期デフォルトアバターへのMESH採用により先のマーケットプレイス系の告知にもあったとおりMESHアバターとクラシックアバターという区別が公的に用いられるようになりましたが、それだけではないのがSecondLifeの面白いところなのです。デフォアバからはハブられていますが、アバターのボーンを細工したタイニー系統のアバターや、1つの人気商品系列であるPetiteやYabusaka_Babyなどの所謂小さいサイズのアバターを楽しんでいる人達も居ます。もちろんその逆もしかりでオーバーサイズの物もあります。もっとも利用者が多いと感じるのは部分的なボディーパーツを付ける人達かなぁ。「付け乳」と「付け尻」の人気製品群でLolas TangoとPhatAzzの系列が台頭しています。というかほぼそればかりですねw

けれども本当にこれでよいのかと思わなくもありません。アバターを表現するにあたり色々と選択技が増えることは歓迎ですが最もSecondLifeらしいところであるダイナミックコンテンツという部分が薄れてきているようにも感じます。ダイナミック?なにそれ?? と思うかも知れませんが、クラシックアバターであれば、その場でアバターの設定を動的に変化させることが可能でした。手足を長くしたり部分的に大きくしたり形を即座に変えてその場で他のクライアントにも見せることが出来るというもの。静的なものだと綺麗ですが、こうはいきません。そして静的な物だと最初からクライアント側に用意されている巷のMMORPGなどで表現されるアバターの方がより精細で素晴らしいかも知れません。それでも新たにライティングとか影付けがダイナミックに行われるじゃないかと評価したくもなりますが影とかライティングとか普通のオンラインゲームでもあたりまえに行われていることなのでSLにしかない機能とは言えませんよね。なにか、こう、以前にWEB2.0とかの言葉に踊らされた人達なら、もっとSecondLifeらしいSecondLifeでしか出来ないことを今も望んで居るんじゃないかなぁ。

私が使っているFirefoxのAddon 2014_05

いわゆるお勧めアドオンとかじゃないです。
現時点で私が使っているFirefoxでのAddonの一覧です。以前に使っていたアレって何だっけーとかの備忘録代わりですが参考になればとの思いから公開しておきます。 なお現在は通常版のFirefoxではなく、ESR版のFirefox24.5を使っています。

Adblock Plus
 解説不要な広告除去のアドオン
 edge版も試してみたけれど気にするほどメモリー量が変わらなかったので本家でいいかなぁと
Add to Search Bar
 非対応の検索サイトでもサーチバーに登録できるようにするもの
AniWeather
 ツールバーなどに天気予報を表示。いろいろあるけどコレの見た目が好み
Biscuit
 削除しないcookieとか指定できる。いろいろ似たのがあるコレが直感的でよかったかな
Calculator
 数式表示型の電卓。単位変換なども可能
chaika
 2ch形式Web用の専用アドオン。検索のFIXは各自でパッチを当てる模様
Cleanest Addon Manager
 アドオン一覧の表示を一行表示にレイアウト変更するもの
DownThemAll!
 リンク抽出など+専用のダウンロードマネージャ。連番指定の展開も出来るので入れてみた
Echofon
 ツイッター用軽量クライアント
eCleaner
 アドオンの使用変数を一覧表示し選択除去するもの。使わなくなったアドオンの残骸を掃除するのに便利
Expire history by days
 指定期間で問答無用に履歴を消すタイプのもの。PlacesCleanerとの入れ替え
Flash Video Downloader - Full HD Download
 ページ内のFlashオブジェクトから動画をダウンロードするもの
Form History Control
 フォームの入力や検索履歴の各種入力履歴を時限やパターンで自動消去するもの
FoxClocks
 ツールバーなどに指定した地域の日時を表示するもの
Gmail Checker
 マルチアカウント対応のGMAILチェッカー。簡易的にタイトルのみを取ってきてくれる
Greasemonkey
 指定のURLにてクライアントサイドのスクリプトを動作させるもの。
Linky
 表示ページ内の画像や画像のLINK抽出したり別ページに纏めて表示したりするもの
Organize Status Bar (Revived)
 古いステータスバー上にアイコンを展開するアドオン向けの表示順を入れ替えるもの
PDF Viewer
 ア○ビ製ではないPDFビュワー。HTML5で直接PDFを開く
Quick Translator
 いわゆるWEB翻訳
QuickNote
 メモ帳ですね。ローカルのテキストファイルを編集閲覧
Saved Password Editor
 ブラウザに保存したパスワードデータを任意に編集できるもの
ScrapBook
 表示しているページをローカルファイルに保存。保存データにはマーカーとか色づけなどが出来る
Smart Referer
 基本動作は同一ドメイン内でのみrefererを送信するようにするもの。指定パターンやドメインでrefererの有無を指定も可
Tab Mix Plus
 一番人気のあるタブツール。以前は激重だったので使っていなかったけれど最近のは軽いのか気にならない
Tiny Menu
 メニューバー上の各種メニュー項目を1つの項目から呼び出せるようにするもの
セッションマネージャ
 細かい間隔でセッションデータと表示しているタブの状態などのバックアップをとってくれる
 Tab-MIXと機能が重複するように見えるけれど、コレを導入するとTab-MIX側の機能は停止するようになっています



今回からは使わなくなってしまったaddonたちとその理由
■Advanced Cookie Manager
 →あまりCookieを弄る場面が少なくなったのとブラウザ使い方として必要Cookie以外は全削除の方向に変えた為
■Clean Links
 →Greasemonkeyのスクリプトで同様のものが実現できる為
■Google/Yandex search link fix
 →Greasemonkeyのスクリプトで同様のものが実現できる為
■Hidden Menu Web Title
 →Tiny Menuを使うことでタイトルバーが復帰し必然的にタイトル表示がONとなる為
■I Dislike Amazon Affiliate!
 →アフィリエイトが沢山仕込んであるようなサイトを見なくなった為
■NO Google Analytics
 →フィルタの方で弾いているようだったから不要かなぁと
■One Click Proxy
 →一時期、串がないと見られないサイトがあったけれど今は平気なので串が不要になった

火狐さん29は好かん!

何気にいつものラピッドアップデートだろうと思ってポチってみたら、再起動後のブラウザ画面はタブやらなにやら画面UIが崩壊したFireFoxだった、私の使い方というか好みのレイアウトが少々古い感じであるけれどね。レイアウトを言葉で表すとタブがロケーションバーの下に並ぶ位置で一列ではなくて多段タブ。タブの1つ1つは最小60pxで、常に見たいサイトがタブ状態で待機している状態(8割方、ほぼ開かないんだけどねw)そして他のWindowsアプリと同様にタイトルバーが普通に付いていて左上部のコマンドボタン無し、Windowsアプリのメニューバーは無くしてメニューボタンをロケーションバーの近くに追加配置、最下部にはアドオンバー+ステータスバーでそこに収まるアドオンが色々とある状態。そして左側のサイドパネルが必要なときには開く感じです。
 FireFox29にアップグレードした直後はタブがやたらと大きくなってロケーションバーが小さくなって、下にあったステータスバー系のアドオンが上に移動していてアドオンバーも上に移動して、なんだかなぁ・・・と唖然としましたlol 以前のUIに似た状態にするアドオンが案内されていて、それを導入すれば以前のような四角いタブとかに変更できるのですが、それを入れてみてもサイドパネルの表示が一部欠けていたりポップアップメニュー系でレイアウトが一分崩れたりがあったのであたらしいUIの好き嫌い以前に「元通りに正常に機能しない」ことが私にとっては問題だと感じました。(アドオンバーの復活にはThe Addon Bar (restored)というアドオンがあるようです)
 あれほど毎回アップデートが楽しみだったのに今回のFirefox29は何故そうなのか?と問いたくなりますね。UI変更は良いと考えます、しかし過去との互換性を犠牲にしてまで手に入れるべき物なのでしょうか。それがFireFoxのオリジナルであったなら新しい事柄へのチャレンジとして映るでしょう。けれどもアップデート内容や変更されたUIが何処かで見たような気がしてならないのは気のせいでしょうか。もうね、Firefoxユーザーってのはチョット他とは違うというのを認めるべきだと思いますよ。メインストリームなブラウザになりたいのかも知れませんが、今もなお火狐を使うというのは何処かが特殊な人達ではないでしょうか、少なくともFirefoxらしさを欠くことだけはやってほしくないものです。そういえば先日Brendan Eich氏がMozillaのCEOを辞任したとか、そして新しくMozillaのCTOとしてChris Beard氏(暫定CEO)に任命されたそうです。このFirefox29正式リリースが着任後での最初の成果となるのでしょうか、Mozilla自体も今後どのように変わっていくのか気になるところです。
 それでも私はFirefoxを使い続けるでしょう。(単にIEとかM$が嫌いなだけかも知れませんが・・・)NCSA MosaicからNetscape Navigatorへと進化しFirefoxとしてオープンソースを掲げ登場しIEの牙城を切り崩した元祖WEBブラウザ直系の歴史あるものですからね。タブ型ブラウザの元祖はNetcaptorですがIEコンポーネントを使ったブラウザ時代ではその後にCuamとかDonutとか使っていました。その時にFirefox1.x系に出逢い以降はずっと火狐さんです。でも対応しないWEBサイトが多々あるのでIE併用は避けられないという問題が今でもありますね。

 結局の所addon類との兼ね合いもあってFirefox29への変更を断念して一度はFirefox28に戻したんだけど、それでは面白くないという天の邪鬼が発動して派生ビルドのFirefox系を使ってみることにしました。色々と見比べてみてPale Moonというのが違和感なく使えそうなので試しにインストール。環境移行ツールもあるので簡単に元のFirefoxからaddon類や設定全てを移植でき、さすがにWindows特化ということだけあってメモリー消費も少なくサクサク動作する感じ。でもやはりオリジナルではないという不安がつきまとうので純正のFirefoxである24.5ESR版にすることで落ち着きました
(*⌒∇⌒*)ノ

ついにMESHアバターへの遷移過渡期到来なのか?

SLM(Second Life Marketplace)にて一部の製品に左記のような「使用可能なアバタータイプ」が明示されるようになりました。いよいよMESHアバターが標準となるのでしょうか。とにかく過渡期到来と言えそうですが、私の周りはまだまだStandardなアバターばかりですw

 とりあえずはSLMの説明から辿ると、どうやら衣服製品にはアバタータイプを明示してね~みたいなアイコンみたいなのが貼ってありました。(本文を読んでないので詳細は各自で確認を)



MainLandの小さい売り地の減少

先日ベンダー用サーバーの置き場にしている小さい土地を譲って欲しい旨の連絡を受けた、どうも隣接する土地のオーナーらしく少しでも近くの土地を入手したい様子。特にその土地で何か特別なことをしている訳でもないので購入した当時と同じぐらいの価格で譲渡することにしました。

 もともとはSLMのmagic-box置き場に使っていたのですが現在ではマジックボックスは不要なので以前使っていたHippoのベンダーサーバーとUpdate用サーバー、そしてCasperベンダー用の箱置き場として使っていました。まぁサーバー置き場は通常は1つあれば充分だと思いますが過去に配送ミスや遅延、偶発的なSIMリスタートで購入できないなどの経験からベンダーサーバーは異なるSIMにも設置して2重化するほうが望ましいとの考えから別の場所にも置いていたのでした。もちろん何処でもいいやーって適当な場所ではなくて(景観は適当ですが)出来る限り軽い場所、すなわち走行スクリプト数が少なく、スクリプトイベントが出来るだけ少ない場所で安価なところ。という観点で選び出した場所でした。もっとも購入時点でそうだったというだけで、永劫的に動作が軽い場所であるとは限らないので目安であり気休めですけどね~。

そして今回、この小さな土地を譲渡して別の同面積の土地を探すことになったのですが、これが思ったよりも売りが少ない。売りがあっても殆どが隣接地に対する地上げ目的の高額設定の物ばかり。なんか以前より小さい土地って無いのかなぁとぽつぽつと現地を実際に見に行って、なんとなく真実が分かった気がします。そう、浮いている区画はあるけれどかなりの数が破棄(Abandon)された状態なのでした。かといってわざわざそんな小さい土地をLinden総督に売ってくれとお伺いをたてるのも無駄だしね(近隣や同一SIMに所有区画があるならまだしも)。もう、なんか何処でも適当な土地を買ってしまいました。広い土地だと1SQMあたり1L$以下の物もあったりして、現状ではほんとうに色々な物件が出てるなぁーって感じます。けれども小さい土地は高値なのが何故か多いw たぶんこれは少区画でもロードサイドでの看板用地だと宣伝効果がある(あった)という過去の慣習なのではないかなぁ。

人気の投稿

Comments